« 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) »

2021.09.02

豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺(佐久市)



佐久の「豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺」におじゃましました。

Img_9463

とんちき麺は、佐久IC近くのアミューズメント施設「アムアムビレッジ」の中にお店を構えるラーメン店です。店名にもあるように、豚と鶏を使ったスープが売りで、自家製麺にも力を入れています。映画館、ゲームセンター、パチンコ店などがある広い施設内にお店を構えているので、気軽に立ち寄れるのも魅力的です。

Img_9464

とんちき麺のメニューはこのようになっています。豚と鶏のとんちきスープを使った看板ラーメンから、二郎系、あっさり醤油、つけ麺など、様々なラーメンが取り揃えられています。こちらは食券制になっています。

この日は「雷電麺(特製)」(1100円)を、「手打ち式麺変更」(50円)でいただきました。

「雷電麺(特製)」(1100円)+「手打ち式麺変更」(50円)
Img_9466

個人的にこちらでは、看板のとんちき麺よりもこの雷電麺を食べている回数が多いと思います。そのくらい雷電麺が大好きなんですよね~ いつもはレギュラー麺でいただいていますが、この日は初めて手打ち式麺に変更していただきました。

スープは豚と鶏のWスープで、背脂が振られたおなじみのスープが使われています。スープを一口いただくと、動物系の旨みがしっかりの割にはあっさり目に感じるので、グイグイと飲み進めることができます。背脂の甘みが美味しいです。

トッピングはチャーシュー、モヤシやキャベツなどの野菜、味玉、海苔などです。特製にしたのでチャーシュー増量になって、とても豪華です。豚と鶏の2種類のチャーシュー、どちらも美味しいです。モヤシよりもキャベツの割合が多いのも特徴です。野菜増しで、ガッツリといただけました。

Img_9468

にんにくとしょうがは、壺に入れられラーメンと一緒に運ばれてきます。自分の好みの量を入れられるのが、うれしいですよね。もちろん両方ともたっぷりと投入しました(笑)

Img_9467

レギュラー麺と異なり、自家製の手打ち式麺は断面が四角い太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、独特のモチモチとした弾力がたまりません。レギュラー麺もいいですが、こちらもとても美味しいです。

大好きな雷電麺を手打ち式麺でいただきましたが、こちらの麺も相性が良くとても美味しかったです。次回は看板のとんちき麺でも、手打ち式麺でいただいてみたいです!

【お店データ】
 店名 : 豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺(ぶたととりすーぷとじかせいめんのおみせ とんちきめん)
住所 : 長野県佐久市長土呂125-1 アムアムビレッジ 1F
電話番号 : 0267-68-7247
定休日 : 不定休
営業時間 : 11:30~21:00(LO 20:30)
駐車場 : 1000台(共用)
アクセス : 上信越自動車道 佐久ICから約200m(地図
メニュー : とんちき麺 白 750円 とんちき麺 赤 770円 とんちき麺 黒 770円 とんちき麺 ソルト 750円 雷電麺 850円 醤油麺 720円 つけ麺 800円 安養寺みそ 820円 お子様麺 280円 他
キャッシュレス決済 : 対応
ホームページ : Twitter Facebook Instagram

| |

« 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵 総本店(佐久市) »