« 麺賊 夢我夢中 本店(小諸市) | トップページ | 豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺(佐久市) »

2021.06.16

麺屋 花の名(佐久市)



佐久の「麺屋 花の名」におじゃましました。

Img_8752

花の名は、佐久・猿久保にお店を構えるラーメン店です。いわゆる二郎系ラーメンをいただけるお店で、地元でも絶大な人気を誇っています。この日は開店の30分以上前にうかがいましたが、すでに行列ができていました。11時半の開店時には20人くらい並んでいて、帰る頃にも同じくらいのお客さんが行列していました。この混み方で足が遠のいていましたが、この日は久々に半年ぶりの訪店となりました。

花の名はカウンター8席のみのこぢんまりとしたお店で、お若い店主が一人で切り盛りされています。ワンオペながら手際が良く、丁寧な仕事ぶりが光ります。こちらは食券制になっています。

この日は「小ラーメン(平打ち麺)」(790円)に、「煮干し」(50円)をトッピングしていただきました。

「小ラーメン(平打ち麺)」(790円)+「煮干し」(50円)
Img_8753

久々の花の名でしたが、看板のラーメンに限定の追加チッピングで提供されている煮干し粉をトッピングしてみました。この日は「ニンニク・ネギ・アブラ」でお願いしました。

スープは超乳化している濃厚豚骨が使われています。ドロンドロンのスープを一口いただくと、豚骨がドカンとやって来ます。この辺りにも豚骨を出すお店もいろいろありますが、他とは一線を画すこの豚骨は絶品です。これだけ濃いのに臭みなどは無く、個人的に大好きなタイプです。

好みでトッピングした背脂は味付けのプルプル背脂で、これがまた美味しいです。ニンニクが合うのは言うまでもありません。追加トッピングした煮干し粉を溶くとさらにドロドロになり、煮干しにより和風な感じの豚骨に変化して面白いです。

トッピングは、チャーシュー、モヤシ、追加したネギなどです。チャーシューは超厚切りで、かぶりつくようにいただきます。とても柔らくて食べ応え十分です。連食予定だったので野菜増しにはしなかったおかげで、難なく簡単に食べ終わることができました。連食予定無しの一軒だけだったら、絶対野菜増しにしていました(笑)

Img_8754

麺は平打ち麺と極太麺の2種類から選べますが、この日は平打ち麺でお願いしました。茹で加減はやや硬めで、モチモチの弾力がたまりません。スープが濃厚なので、麺にスープがよく絡んできます。小ラーメンでも麺量は200gあるので、お腹いっぱいになります。

久々の花の名でしたが、相変わらず満足度の高い一杯でこの日もとても美味しかったです。あの混み方が無ければもっと通うのですが、なかなかうかがえないのがもどかしいです。近々新たにスタッフを入れテーブル席を用意する計画もあるようなので、楽しみに待ちましょう!

【お店データ】
店名 : 麺屋 花の名(めんや はなのな)
住所 : 長野県佐久市猿久保667-5 ナリタビル1階
電話番号 : 080-1382-5180
定休日 : 水曜日 第2第4木曜日
営業時間 : 11:30~14:00 18:00~20:00(スープ切れで終了)
駐車場 : 12台
アクセス : 国道141号線 三河田工業団地交差点より猿久保方面へ500m(地図
メニュー : 小ラーメン 790円 つけ麺(200g) 790円 油そば(200g) 790円 他
キャッシュレス決済 : 現金のみ
ホームページ : Twitter Instagram

| |

« 麺賊 夢我夢中 本店(小諸市) | トップページ | 豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺(佐久市) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

花の名さん、混んでますよね?(汗)

行列はまだいいのですが、駐車場がいっぱいで
諦めた事があります。
私も半年以上、行ってないです(苦笑)

もうちょっとお店が広ければ・・・


この前、開店した 麺賊 喜三郎 塩田店に行って来ました。
こちらはオープン直後に行ったので、45分待ちました(苦笑)
上田店とメニューは一緒でした。
上田店のポイントカードも使えました♪

投稿: がんじい | 2021.06.17 08:55

がんじいさん、こんにちは。
僕も並ばないで入店したことが無いので、いつでも混んでいます。
でも並んでも食べたい二郎系ラーメンです♪

記事にも書いたように、スタッフ入れたりテーブル席を導入したりするようなので、少しでも混雑緩和されればいいですね。

投稿: まちゃ | 2021.06.17 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麺賊 夢我夢中 本店(小諸市) | トップページ | 豚と鶏スープと自家製麺のお店 とんちき麺(佐久市) »