« ナワテ通り(松本市) | トップページ | 喧嘩上等 湯豆腐野郎 »

2005.11.26

家伝手打そば 水音(軽井沢町)


人気ブログランキングへGO!!

みなさん、こんばんは。今日も一日いい天気でお出かけ日和でした。明日も日中はまずまず晴れそうです。

最近はバックログが溜まってしまい、数日前の食べ歩きレポを書くことが多かったのですが、ようやくリアルタイムに書けるようになりました。ということで本日は軽井沢へ遊びに行ったので、軽井沢の人気蕎麦店「家伝手打そば 水音」の食べ歩きレポを書きたいと思います。

DSC06569

DSC06585

水音は国道18号線の軽井沢バイパス沿いにお店があります。お店には大きな水車が回っているのですぐに分かるかと思います。この水車でそば粉を石臼挽きしているそうです。古来からの伝統や技を重んじ、すべての仕込みに材料と時間を惜しまないというこだわりのお蕎麦をいただくことができます。

DSC06568

お店は古い作りになっていますが、結構広くお座敷がメインとなっています。今日は土曜日ということもあり、大勢のお客さんでにぎわっていました。やはり軽井沢ということもあり、県外ナンバーの車が多かったです。

DSC06583

数あるメニューの中から、本日は水音の一番の人気メニューの「冷やし天おろしそば」(1050円)をいただきました。

DSC06579
冷やし天おろしそば

いや~、ボリュームがありますねぇ!実に様々な具がのせられています。海老と舞茸の天ぷら、なめこ、山菜、ワカメ、カツオ節、大根おろし、刻みネギなど、本当にボリュームがあります。天ぷらは注文を受けてから揚げているそうで、サクサクした食感が美味しかったです。特に舞茸の天ぷらがうまかったです。

DSC06581

お蕎麦は説明書きによると、そば粉7、小麦粉3の割合となっており、小麦粉の割合が普通より多くなっています。ということで蕎麦の香りはそんなに強くはありませんが、細く切られていることもあり何と言っても喉越しが大変良かったです。コシもまずまずでした。

家族が、「ざるそば」(750円)と、「山かけそば」(900円)をいただきました。

DSC06577
ざるそば

こちらもおろしそばと同様に喉越しが大変良いお蕎麦でした。そばつゆはちょっと薄めでしたがカツオ節のダシが良く効いていて美味しかったです。おそばの量は標準的です。

DSC06578
山かけそば

たっぷりのとろろに生玉子がトッピングされています。山菜もトッピングされているのがうれしいですね。こちらもなかなか美味しかったです。

水音は軽井沢のお蕎麦屋ということでちょっと高めの価格設定ですが、これでも軽井沢の中ではリーズナブルな方だと思います。軽井沢の他店ではざるそばが1000円なんてところはザラにありますからね。素材や作り方にこだわっているお蕎麦が軽井沢でこれだけの価格で食べられるのはうれしいですね。「軽井沢にあるお蕎麦屋は高いのでちょっと…」という方でも、一度は訪れる価値のあるお店だと思いますよ~(^o^)/


【お店データ】
店名 : 家伝手打そば 水音
住所 : 長野県北佐久郡軽井沢町長倉1278-1
電話番号 : 0267-45-8866
定休日 : 水曜日(8月は無休)
営業時間 : 10:30~16:00
駐車場 : 20台
アクセス : 国道18号線 軽井沢バイパス沿い (地図
メニュー : ざるそば 750円、つけとろろそば 850円、冷やしなめこそば 900円、冷やしおろしそば 1050円、三昧そば 1400円、天ざるそば 1500円、天ぷらそば 900円、山かけそば 900円、山菜そば 900円、にしんそば 900円、天ぷら盛り合わせ 1000円、大盛り +100円 他
ホームページ : http://www.shinmai.co.jp/soba/datafile/57.html (「信州そば漫遊」より)


人気ブログランキングへGO!!

|

« ナワテ通り(松本市) | トップページ | 喧嘩上等 湯豆腐野郎 »

そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家伝手打そば 水音(軽井沢町):

» 軽井沢一泊二日の旅~2~ [ぴよこ草子]
今日の天気予報は曇りでしたが、正午前から 冷たい雨が降出しました。 ●保養所で朝食    健保組合の施設らしく、薄味のヘルシーなお粥の朝食。    piyo-Rもまぼも、お粥の食事にはまりそう……。 ↓ ●保養所内探検    昨日は部屋と大浴場しか見ていな...... [続きを読む]

受信: 2005.11.26 22:02

« ナワテ通り(松本市) | トップページ | 喧嘩上等 湯豆腐野郎 »