カテゴリー「イベント」の記事

2017.04.27

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 自家製手もみ中華そば 繁心 「手もみ中華そば」

Img_7248

僕の地元でもある佐久より「繁心」が参戦してきました。竹幸商店では系列の夢我夢中が信越麺戦記に出たことはありますが、繁心としては初めてです。繁心はお店で提供されているレギュラーメニューを出品しました。

「手もみ中華そば」
Img_7249

スープのベースは、鶏や魚介、貝など、何と15種類もの素材から抽出したスープが使われています。スープを一口いただくと、あっさりながら複雑な味わいが口いっぱいに広がります。醤油だれも控えめで、癒やされるように優しく身体に染みてくるスープです。

トッピングはチャーシューにメンマ、三つ葉などです。チャーシューはしっかりとした歯応えがあり、肉の旨みが十分感じられます。三つ葉がいい仕事しています。

Img_7250

麺は手もみされおり、不規則に縮れた中太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの口当たりと喉越しが最高です。いや~それにしても美味しい麺ですね!

佐久のお店には何度もうかがっている繁心ですが、イベントでもお店と変わらぬ一杯をいただけ大満足です!これで繁心にも多くのお客さんが来てくれればうれしいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り らぁ麺 しろがね 「とり浜らぁ麺」

Img_7245

松本市の人気ラーメン店「らぁ麺 しろがね」が出店してきました。鶏白湯をメインとしたお店で僕も訪店したことがありますが、こだわりのラーメンがいただけます。今回は信州麺友会 NEOブランド祭りの中で、唯一こってり系のラーメンになります。

「とり浜らぁ麺」
Img_7246

スープのベースは長時間丁寧に抽出した鶏白湯が使われており、雰囲気としては博多系豚骨ラーメンの鶏白湯版といったような感じです。クリーミーなスープを一口いただくと、鶏がガツンと襲ってきます。これだけ旨みがしっかりとありながら、臭みは無く美味しいです。

トッピングは2種類のチャーシュー、ネギなどです。チャーシューはノーマルの豚チャーシューに、サイコロ状の鶏コロチャーシューが使われており、鶏チャーシューが絶品です。好みでゴマと紅ショウガを乗せます。

Img_7247

麺はこれ以上の細麺は無いのではというくらい、超極細のストレート麺が使われています。これだけ細いのにしっかりとしたコシがあり、スープをよく持ち上げてきます。ツルツルと美味しくいただきました。

鶏白湯を得意としているしろがねですが、美味しい鶏白湯をいただくことができました。久々にお店の方にもうかがってみたいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 中華そばに恋い焦がれて 依々恋々 「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」

Img_7241

県内外に人気店を何店舗も展開する、塚田兼司さん率いる「ボンドオブハーツ」グループの系列店です。今年2月にオープンしたばかりの新店ですが、早くも人気店となっています。お店のレギュラーラーメンとは異なる、信越麺戦記限定のスペシャルラーメンを出品してきました。

「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」
Img_7243

スープは鶏ガラがベースで、鶏油多めで並々と盛られています。琥珀色のスープを一口いただくと、鶏の芳潤な旨みと甘みがしっかりと伝わってきます。鶏油が多めですが、しつこさはありません。

トッピングはチャーシューにワンタン、柚子などです。特に美味しかったのはワンタンで、ワンタン増し(150円)込みで3個もトッピングされています。プリプリの食感で、餡もぎっしりでとても美味しいです。

Img_7244

麺はイベントとしては太めのストレート麺が使われています。独特のねっとりしたようなモチモチ感が印象的で美味しいです。

依々恋々は未訪ですが、こちらの信越麺戦記限定のラーメンが素晴らしい一杯だったので、お店のレギュラーラーメンも期待できます。近いうちにお店の方にうかがいたいと思います!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 二代目 佐蔵 「煮干し中華蕎麦」

Img_7238

県内に「助屋」や「佐蔵」を展開するグループの、ネクストブランドとなるお店です。豚骨がメインだったのを、ガラッと変えて煮干しをメインとしたラーメンを出品してきました。最近個人的に煮干しが好きなので、いただいてみました。

「煮干し中華蕎麦」
Img_7239

スープは何種類もの煮干しを使ったスープとなっており、醤油だれが合わされています。煮干しがしっかりと効いてきますがやり過ぎ感が無く、バランス良く効いてきます。醤油だれの独特な甘さが印象的です。

トッピングはノーマルでも全部乗せのように豪華です。チャーシューにメンマ、味玉、海苔、ネギなどです。チャーシューは2種類のチャーシューが楽しめます。メンマが太くてコリコリで、食べ応えがあります。

Img_7240

麺は博多系豚骨ラーメンで使われるような、極細のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、スルスルと気持ち良く入っていきます。

バランスの良い煮干し、美味しかったです。こちらの煮干しですが、助屋や佐蔵のお店で食べられるようになれば、うれしいですね!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.24

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章

Mensenki2017
※画像は信越麺戦記実行委員会より提供

ゴールデンウィークに松本で毎年開催されている恒例のラーメンイベント「信越麺戦記」ですが、今年も開催が決定しました。今年で9回目になりますが、その名も「御当地ラーメン 南北争乱の章」ということで、全国各地の有名店が参戦します。

「信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章」

2017年4月21日(金)~5月7日(日)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

イオン南松本店 東側駐車場

前売券 750円(税込) 当日券 800円(税込)
(ラーメン一杯引き換えチケット)

出店する店舗は以下の通りです。最初のの3日間は信州麺友会によるラーメンが提供され、その後に前半戦と後半戦に分かれ、スペシャルラーメンが提供されます。

■信州麺友会 NEOブランド祭り(4月21日(金)~23日(日))

らぁ麺 しろがね
「とり浜らぁ麺」

自家製手もみ中華そば 繁心
「手もみ中華そば」

二代目 佐蔵
「煮干し中華蕎麦」

朧月夜
「中華そば」

らあめん 寸八
「とじスーラー」

中華そばに恋い焦がれて 依々恋々
「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」

■前半戦(4月24日(月)~30日(日))

元祖辛味噌ラーメン 札幌海老秀(北海道)
「元祖辛味噌ラーメン」

渋谷 我武者羅 TOKYO(東京)
「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」

麺匠 文蔵(長野)
「男の濃熟豚骨醤油」

らーめん潤(新潟)
「燕三条中華そば」

鯛塩そば 灯花(愛媛)
「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」

北九州 毘侍家(福岡)
「北九州 濃厚美白乳豚らぁめん」

■後半戦(5月1日(月)~7日(日))

東京スタイルみそらーめん ど・みそ(東京)
「濃厚東京スタイル味噌らーめん」

豚骨ラーメン じゃぐら×百麺(東京)
「濃厚炙りチャーシュー味噌豚骨」

極味噌らぅめん 吟屋(長野)
「信州極味噌 肉そば」

鶏と煮干しの中華そば 市松(新潟)
「佐渡前 あご出汁潮らーめん」

ラーメン麦ゅ(京都)
「名古屋コーチン黄金醤油そば」

麺や鳥の鶏次(大阪)
「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

第12回 ラーメン祭 秋の陣

この三連休に白樺リゾート池の平ファミリーランドで開催されているラーメンイベント「第12回 ラーメン祭 秋の陣」に行ってきました。

Photo

こちらのイベントですが、もう何年も開催されている秋の風物詩となっています。今年も中信と北信の人気店のコラボ、そして東京の有名店によるラーメンと、この日だけのスペシャルラーメンが食べられるイベントとして開催されています。

中信チーム「松本Black's」 漆黒の煮干し中華そば
Img_6038

こちらのラーメンですが、長野県中信方面の人気店がコラボしたラーメンとなっています。煮干しを効かせたあっさり醤油に、何と山賊焼がトッピングされています。真っ黒な色をしたスープですが、一口いただくと醤油のいい香りが口いっぱいに広がり、煮干しがじんわりと効いてきます。しょっぱそうに見えますが、とてもまろやかで飲みやすいです。メインの山賊焼は、柔らかくて美味しいです。

Img_6039

麺は加水高めの細麺が使われています。やや硬めに茹でられており、ツルツルの喉越しとプリプリの歯応えが美味しいです。

北信チーム 「NRC」 信州味噌らぅめん
Img_6040

こちらの一杯は、北信の有名店がコラボしたラーメンです。とても濃そうな色をしているスープをいただくと、濃いめの味噌がしっかりと効いてきます。とても甘みが強いので好みが分かれるかと思いますが、個人的には好きです。チャーシューとメンマ、ネギのみと、シンプルなトッピングとなっています。

Img_6041

麺は低加水の極細ストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、スルスルと気持ち良く入っていきます。

「吉祥寺 武蔵家」 極上塩豚骨らーめん
Img_6042

こちらのお店は、信越麺戦記や前回のラーメン祭 夏の陣でも参戦していたので、おなじみですよね。白濁したスープを一口いただくと、意外にもライトに感じますが、豚骨の臭みがして豚骨好きにはたまらないスープとなっています。塩だれも優しく効いてきます。トッピングはチャーシューに水菜、ネギ、海苔などです。

Img_6043

麺は太めのストレート麺が使われています。イベントでこのような太麺は珍しいですよね。モチモチの弾力がたまりません。

今回も三杯のラーメンをいただきましたが、どれも個性があって美味しかったです。来年の開催も楽しみです!ヘ(^o^)/

第12回 ラーメン祭 秋の陣 ホームページ (割引券あり)
http://familyland.ikenotaira-resort.co.jp/info/event/12.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.19

第11回 白樺リゾート ラーメン祭 夏の陣

この三連休に白樺リゾート 池の平ファミリーランドで開催された「第11回 白樺リゾート ラーメン祭 夏の陣」に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

Img_5633

ファミリーランドで夏と秋に開催されるラーメン祭ですが、早いものでもう11回目の開催となります。県内の有名ラーメン店がコラボする秋にはいつも訪れているのですが、東京のお店がやってくる夏には初めて訪れてみました。

吉祥寺武蔵家 「極上塩豚骨ラーメン」
Img_5636

まず一杯目は、東京・吉祥寺の武蔵家の豚骨ラーメンをいただきました。こちらのお店はGWに松本で開催された信越麺戦記でも出店していたので、ご存じの方も多いかと思います。

スープはもちろん豚骨でそこに塩だれが合わされています。豚骨はややライトな感じながら、独特な豚骨臭はしっかりと伝わってきます。トッピングはチャーシューに水菜、鶏つくね、海苔などです。

Img_5637

麺は中太のストレート麺が使われています。ツルツルの喉越しが良かったです。

浅草きび太郎 「浅草醤油らーめん」
Img_5640

二杯目は、東京・浅草の人気店きび太郎の醤油ラーメンをいただきました。長野市の「吟屋食堂」で、期間限定で出店したので、食べた方もいらっしゃるかと思います。

スープのベースは鶏ガラなどの動物系の他に様々な具材から採ったスープが使われ、醤油だれが合わされています。あっさりながら複雑な旨みが十分感じられる美味しいスープです。トッピングはチャーシューにメンマ、青菜、海苔などです。

Img_5641

麺は加水高めの細縮れ麺が使われています。すすった時の口当たりと喉越しが心地良いです。

NRC(長野らーめんCLUB) 「信州味噌らぅめん」
Img_5643

最後の三杯目は、長野市の有名店がコラボした味噌ラーメンをいただきました。こちらは、イベントなどでもよくコラボしているので、おなじみですよね。

こちらはあっさり豚骨に味噌だれが合わされています。スープを一口いただくと、味噌とも醤油とも感じられる不思議な味わいでした。独特の甘さが印象的です。トッピングはチャーシューにメンマ、ネギなどとシンプルです。

Img_5644

麺は博多系豚骨ラーメンなどでおなじみの、低加水極細麺です。しっかりとしたコシがあり、スルスルと気持ち良く入っていきます。

白樺湖ファミリーランドでおなじみになったラーメン祭、今回の3杯も美味しかったです。秋のコラボ祭りも楽しみです!ヘ(^o^)/

Img_5635

会場で受け取ったラーメンチケット、番号が何と「777」でした!何か良いことあるといいな!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.05

信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 後半戦

GWに南松本で開催されている「信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 後半戦」に行ってきましたのでご紹介します。

【静岡 「麺匠 うえ田」】

Img_5228

まず一杯目は、静岡から参戦した「麺匠 うえ田」の豚骨ラーメンをいただきました。有名店ののれん分け店になるそうです。

「極上"金華豚"骨ラーメン ~はみ出しチャーシューダブルのせ~」
Img_5229

金華豚という特別な豚を使った豚骨スープが使われています。白濁していますが意外にもさらりとしています。それでも豚の旨みがしっかりとやってきます。300円でチャーシュー増しにしたら、一面チャーシューになってしまいました(笑) まるで豚の生姜焼きのようですが、美味しかったです。

Img_5230

細めの加水高めの麺が使われています。パツパツの歯切れの良さが印象的です。

【大阪 「ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」】

Img_5231

二杯目は、大阪の「ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」の肉味噌ラーメンをいただきました。それにしても面白い店名ですね。

「濃厚ガチ味噌炙り肉ソバ」
Img_5232

濃厚な豚骨に味噌を合わせた豚骨味噌となっています。ドロドロしたスープは豚骨感がハンパなく、味噌も濃いめでしっかりと効いてきます。300円で肉増しにしましたが、豚バラ肉は柔らかくて美味しいです。辛味パウダーがよく合います。

Img_5233

麺はイベントとしては太めのストレート麺が使われています。モチモチの弾力がたまりません。濃度の高いスープがよく絡んできます。

【大阪 「麺や ぶたコング」】

Img_5234

三杯目は、大阪の「麺や ぶたコング」というお店の醤油ラーメンをいただきました。名前からは想像もつかぬあっさり醤油ラーメンです。

「二年熟成杉桶仕込み醤油らーめん 極み」
Img_5235

豚や鶏などの動物系に魚介を合わせ、特別に仕込んだ醤油を使ったかえしを合わせたあっさり醤油です。見た目は濃そうな醤油ですが、それ程しょっぱくは無く醤油の旨みだけが引き立っています。トッピングのレアな低温調理シャーシューが美味しいです。

Img_5236

麺は加水低めの極細麺が使われています。茹で加減は硬めで、スルスルと気持ち良く入っていきます。

【長野 「おおぼし」】

Img_5237

最後の四杯目は、地元・長野の有名店「おおぼし」の豚骨魚介ラーメンをいただきました。オーナーの三森さん自らが呼び込みをしていました。

「信州和風豚骨らーめん」
Img_5238

おおぼしの「ばりこて」よりはライトな感じの豚骨に魚介が合わせてあります。豚骨よりも魚介が前面にやってきます。そばつゆ由来のかえしのせいか、甘いスープは好き嫌いが分かれそうです。トッピングのチャーシューは柔らかくて美味しいです。

Img_5239

麺は全粒粉を使ったふすま入りの中太麺です。モチモチの弾力と小麦の香りが美味しいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.30

信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 前半戦

GWに南松本で開催されている「信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 前半戦」に行ってきましたのでご紹介します。

Img_5202

大阪や静岡、新潟、東京のお店に加えて、長野県内のお店など6店舗が出店していました。

【東京 「吉祥寺 武蔵家」】

Img_5192

まず一杯目は、東京の吉祥寺にある横浜家系の豚骨醤油ラーメンをいただきました。前半戦唯一の濃厚豚骨ということもあり、人気がありました。

「濃厚豚骨しょうゆ」
Img_5193

濃厚な豚骨は意外とさらりとしていますが、豚骨独特の臭みもあり旨みがガツンとやってきます。塩分濃度もそれ程高くなく美味しくいただきました。海苔が3枚もトッピングされているのは、うれしいですよね。

Img_5194

お店では太麺なのでしょうが、イベントということで細ストレート麺が使われていました。パツパツの歯応えが美味しいです。

【大阪 「ストライク軒 "feat. 金色不如帰"」】

Img_5195

2杯目は、大阪のストライク軒と不如帰という人気店がコラボした一杯をいただきました。鶏白湯にハマグリという珍しい組み合わせです。

「プレミアム濃厚蛤鶏白湯SOBA」
Img_5196

スープには鶏白湯が使われ、そこにハマグリから丁寧に採ったスープが合わされています。鶏白湯は優しく、ハマグリの貝系の旨みがじんわりと効いてきます。個人的にはもう少しハマグリを効かせてもいいかなと思います。チャーシュー代わりの鶏肉が美味しく、ジャガイモも意外とイケます。

Img_5197

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、濃度のあるスープによく絡んできます。

【大阪 「がちんこらーめん道 柊」】

Img_5199

三杯目は、大阪の人気店「柊(ひいらぎ)」の一杯をいただきました。チャーシュー串が目を引きますよね。

「飲み干してしまう炙り醤油らーめん」
Img_5200

スープは濃厚な醤油を使ったスープです。濃い色をしていますが、醤油だれの甘みが美味しいですね。焦がしネギがいい仕事をしています。チャーシュー串が美味しそうだったので、追加(300円)でもう一本トッピングしました。味付けも濃く、まるで角煮のような美味しいチャーシューです。

Img_5201

麺は博多麺のような極細のストレート麺が使われています。結構硬めに茹でられており、バリカタのようなコシと弾力が楽しめます。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.04.23

信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 信州麺友会 コラボ祭り

GWの風物詩である信越麺戦記が、今年も南松本で開催が開始されました。最初の3日間に開催される「信越麺戦記 Part8 御当地ラーメン 天下分け目の章 信州麺友会 コラボ祭り」に行ってきましたのでご紹介します。

Img_5155

最初の3日間は、信州麺友会によるコラボラーメンがいただけるスペシャルイベントになっています。6杯のラーメンの中から3杯をいただきました。

【らーめん力丸 文蔵】

Img_5145

まず1杯目は、佐久の「麺匠 文蔵」と「らーめん 力丸」がコラボした豚骨醤油ラーメンをいただきました。6店舗の中で、終始行列が一番長かったです。

「丸蔵とんこつ醤油」
Img_5146

両店が得意とするオーソドックスな豚骨醤油です。スープは意外にもさらりとした豚骨ですが、豚骨がどかんとやってきており、豚臭さが全開で食べ手を選ぶかもしれません。トッピングはチャーシューにキャベツ、海苔、ネギ、味玉などです。

Img_5147

麺はイベントとしては太めのストレート麺が使われています。もっちりとした弾力がいいですね。スープとの相性はバッチリです。

【晴家×火付盗賊 竹幸商店】

Img_5148

2杯目は、東信・東御より晴家の博多系豚骨ラーメンをいただきました。こちらはコラボではありませんが、得意のラーメンで勝負してきました。

「かさねこってり中華そば」
Img_5149

中華そばというネーミングが付きますが、いわゆる博多系豚骨ラーメンです。豚骨は濃度が結構あり、クリーミーで豚骨感がしっかりと感じられます。トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、かまぼこ、LINE公式アカウント特典の味玉などです。

Img_5150

麺はもちろん低加水の極細ストレート麺です。パツパツのコシと弾力がいいですね。やはり博多系にはこの極細麺がよく合います。

【NRC】

Img_5152

最後の3杯目は、NRC(長野ラーメンクラブ)の3店である、「助屋」「吟屋」「ゆいが」の3店によるコラボラーメンです。

「三種盛りチャーシュー煮干しソバ」
Img_5153

鶏ガラに煮干しを効かせた醤油のあっさりラーメンです。煮干しがじんわりと感じられ、美味しいです。醤油だれもまろやかです。トッピングは3種類のチャーシューにメンマ、ネギ、刻み玉ねぎ、岩海苔などです。

Img_5154

イベントとしてはやや太めのウェーブのかかった麺が使われています。ツルツルと入ってく心地良い喉越しが最高です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧