カテゴリー「イベント」の記事

2017.07.16

第13回 ラーメン祭 夏の陣

7月15日(土)~17日(月・祝)の3連休、白樺リゾート池の平ファミリーランドで開催されている「第13回 ラーメン祭 夏の陣」に行ってきました。

Img_7850

夏と秋に白樺湖ファミリーランドで毎年開催されているラーメンイベントですが、数えてもう13回目になります。この日は天気が良かったこともあり、多くのお客さんがラーメンを堪能していました。

NRC「肉盛り信州味噌らぅめん」

Img_7851

こちらは吟屋がメインとなって提供されている一杯で、吟屋の極味噌らぅめんがベースになっていると思われます。スープは牛骨と豚骨のWスープになっており、動物系の旨みとともに味噌が濃くてしっかりと効いてきます。辛味もあって、とても美味しいです。トッピングはバラ肉にコーン、ネギ、辛挽肉などです。

Img_7854

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、パツパツの弾力が楽しめます。

吉祥寺武蔵家「極上塩豚骨ラーメン」

Img_7855

ラーメン祭や信越麺戦記も出店したことのある武蔵家です。スープは長時間炊き出した豚骨が使われており、塩だれが合わされています。スープは魚粉が効いていることもあり、旨みがしっかりとありながらあっさり系で飲みやすいです。塩だれも優しいです。トッピングはチャーシューに水菜、海苔などです。

Img_7857

麺はイベントでは珍しい太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、独特のモチモチ感が個人的にはかなり好きなタイプです。長さが短いのも特徴です。

浅草きび太郎「浅草醤油らーめん」

Img_7858

醤油ラーメンの王道を行くようなフォルムのラーメンです。スープは鶏ガラをベースに魚介なども入っており、醤油だれが合わされています。琥珀色のスープを一口いただくと、醤油が濃いめでしっかりと効いてきます。椎茸だしのような独特の甘さのある旨みが美味しいです。トッピングはチャーシューにメンマ、青菜、海苔などです。

Img_7860

麺は細めの縮れ麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、スルスル入っていく喉越しと、ツルツルの口当たりが最高です。醤油との相性も良いです。

白樺リゾート池の平ファミリーランドで「ラーメン祭 夏の陣」 告知ページ(入園料割引クーポンあり)
http://familyland.ikenotaira-resort.co.jp/event/post-5.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.08

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 麺や鳥の鶏次(大阪) 「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」

Img_7363

大阪からやってきた鶏ラーメン専門店の一杯をいただきました。大阪は人口の割にはラーメン店はそれほど多くないようですが、そんな中でも人気のあるお店だそうです。後半戦の中でも気になる一杯です。

「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」
Img_7365

野菜や魚介を一切使わず、鶏100%だけを使った濃度のある鶏白湯スープです。真っ白なとろみのあるスープを一口いただくととてもクリーミーで、まるで洋風のポタージュスープのような感じです。鶏の上品な旨みと甘みがしっかりと効いてきます。焦がしネギがいい仕事をしています。

トッピングはチャーシューにネギ、かいわれ大根などです。チャーシューは大きくて細長い形をしていて、炙られておりカリカリの食感がたまりません。

Img_7366

麺は中太ストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、滑らかな喉越しと口当たりが印象的です。スープに濃度があるので、スープをよく持ち上げます。

鶏100%の濃厚鶏白湯スープですが、今まで食べた事の無いような鶏白湯、個人的にかなり好きなタイプです。チャーシューも美味しかったですし、今回の信越麺戦記の中でもお気に入りの一杯です!ヘ(^o^)/


信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 東京スタイルみそらーめん ど・みそ(東京) 「濃厚東京スタイル味噌らーめん」

Img_7360

東京で人気の味噌ラーメン専門店が出店してきました。東京方面に何店舗も展開している、割と規模の大きなお店だそうです。後半戦に出店している3杯の味噌の中でここが一番気になったので、いただいてみることにしました。

「濃厚東京スタイル味噌らーめん」
Img_7361

コーンが乗っているなど、王道の味噌ラーメンのようなフォルムをしています。スープ自体の濃度が高いかと思いきや割とあっさり目ですが、スープを一口いただくと味噌のコクと香りが口の中いっぱいに広がります。ピリとっした辛味もあって、とても美味しい味噌となっています。

トッピングはチャーシュー代わりのバラ肉にコーン、モヤシ、ネギ、海苔などです。お肉は柔らかくて美味しいです。肉増しにすればよかったと後悔しています(笑) コーンは味噌によく合いますよね。

Img_7362

麺は中太のウェーブのかかった麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がかなり好みです。やはり味噌には太麺ですよね。

濃いめの味噌がしっかりと感じられる美味しい一杯で、モチモチの太麺も最高でした。東京方面にも味噌ラーメンの美味しいお店が増えて、うれしい限りです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.06

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 鶏と煮干しの中華そば 市松(新潟) 「佐渡前 あご出汁潮らーめん」

Img_7356

新潟に今年3月にオープンしたばかりの新店ですが、早くもラーメンイベントに出店してきました。焼きあごや煮干しなどを使った魚介系のラーメンで、後半戦で一番あっさり系の一杯になります。

「佐渡前 あご出汁潮らーめん」
Img_7357

スープは焼きあごと煮干しを使った上品な魚介スープとなっています。澄んだスープを一口いただくと、あごと煮干しがじんわりと感じられます。塩味もあくまでも優しく効いてきます。柚子が入っていて、いい仕事をしています。

トッピングはチャーシューに青梗菜、キクラゲなどとシンプルです。チャーシューは箸で持つとホロホロと崩れるくらい柔らかいです。

Img_7358

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの喉越しが良いです。あっさりスープとの相性も良いです。

インパクトこそ無いものの、魚介が優しくて癒やされるような一杯でした!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 麺匠 文蔵(長野) 「男の濃熟豚骨醤油」

Img_7313

佐久の代表的な豚骨ラーメンのお店である、我が地元の文蔵が出店してきました。信州麺友会の枠での出店は過去にありますが、7日間のフル参戦は初めてになります。僕も好きな文蔵の出店は、本当にうれしい限りです。

「男の濃熟豚骨醤油」
Img_7315

こちらの豚骨ですが、文蔵の豚骨をさらにブラッシュアップしたスペシャルな豚骨が使われており、醤油だれが合わされています。とろみさえ感じるスープを一口いただくと、文蔵でおなじみの男臭い豚骨がどっしりとやってきます。この豚骨臭が何とも言えません。醤油だれも濃いめで、豚骨醤油の王道のようなスープに仕上がっています。

トッピングは、地元からの参戦といいうことで応援も兼ねて「得製盛」(300円)を追加トッピングしました。チャーシューにほうれん草、ネギ、海苔、味玉などです。チャーシューはホロホロと柔らかくて美味しいです。ほうれん草や海苔は、豚骨醤油によく合いますね。

Img_7316

麺はイベントということで太麺ではなく、中細ストレート麺が使われていました。茹で加減はちょうど良く、パツパツの弾力が美味しいです。中細麺なのでスープに濃度があることもあって、スープが麺に絡みまくってきます。

いつも通っている文蔵のスペシャルな一杯でしたが、文蔵本店のスープに近い印象受けました。文蔵本店の豚骨をさらに濃度を上げた本格的な豚骨、かなり好みです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.03

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 らーめん潤(新潟) 「燕三条中華そば」

Img_7310

新潟のご当地ラーメンである燕三条系ラーメンで有名な潤です。新潟県をはじめ東京などにも何店舗も展開している人気店です。信越麺戦記にも過去に何度も出店しているので、みなさんもおなじみだと思います。個人的にも燕三条系は好きで、信越麺戦記に潤がやって来たときには必ず食べているほどです。

「燕三条中華そば」
Img_7311

煮干しに背脂を効かせたおなじみのスープですが、煮干しがガツンと来るもののクセが無くて飲みやすいです。背脂の甘みが相まって、とても美味しいです。醤油だれが濃いめで、醤油のコクが効いてきます。

トッピングはチャーシューにメンマ、刻み玉ねぎ、岩海苔などと、おなじみの具材が乗せられています。チャーシューはトロトロに柔らかくて美味しいです。刻み玉ねぎと岩海苔は、無くてはならないアイテムですよね。

Img_7312

麺はイベント用としては太めの加水高めの麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力が味わえます。こういうタイプの麺、個人的にはかなり好きです。

イベントでもおなじみの潤ですが、相変わらず安定して美味しい燕三条系ラーメンをいただくことができました。またどこかのイベントで出店したら、必ずいただいてみようかと思います!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 渋谷 我武者羅 TOKYO(東京) 「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」

Img_7306

東京の有名人気店「我武者羅」が出店してきました。こちらは直前にもいただいた灯花と同じく鯛を使っているので、比べてみたくていただいてみることにしました。ちょっと強面のお兄さん達が切り盛りしていましたが(笑)、とても丁寧な仕事ぶりでした。

「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」
Img_7308

こちらの一杯ですが、スープは鶏白湯に鯛を合わせたWスープになっています。真っ白なスープを一口いただくと、鶏白湯よりは鯛が前面に出てきます。灯花とはまた違った鯛の旨みがしっかりと感じられます。こってりはしていますが、しつこさはなくとても飲みやすいです。

トッピングはチャーシューに三つ葉、ネギなどとシンプルです。チャーシューはバラ肉のようになっており、食べ応え十分です。三つ葉がいい仕事をしています。

Img_7309

麺はイベントとしては珍しく太ストレート麺で、丸い断面をしています。茹で加減はちょうど良く、太麺ながらツルツルの滑らかな口当たりがかなり気に入りました。

鶏白湯と鯛という珍しい組み合わせでしたが、鯛がしっかりと効いてきて美味しかったです。特に滑らかは太麺が個人的にはハマりました!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.01

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 鯛塩そば 灯花(愛媛) 「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」

Img_7303

真鯛100%を使ったラーメン店が出店してきました。愛媛となっていますが、使われている真鯛が愛媛産ということで、お店は東京にあります。食べた方の評判がすごく良かったので、期待が高まります。

「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」
Img_7304

真鯛を100%使った、この辺りでは食べることのできないような珍しいスープとなっています。透明感のあるスープを一口いただくと、鯛の上品な旨みがじんわりと伝わってきます。上品ながら鯛がこれでもかっていうくらい感じられ、かなり僕好みです。塩だれも癒やされるように優しく効いてきます。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、麩などです。チャーシューはとろけるように柔らかくて美味しいです。メンマは極太ながら柔らかくて食べやすいです。麩がモチモチでした。

Img_7305

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、しなやかなコシとスルスルと入っていく喉越しが最高です。スープとの相性も良いです。

今回の信越麺戦記で今までいただいたラーメンの中で、個人的にはずば抜けて断トツに好きなタイプです。これだけしっかりと鯛が感じられるスープはなかなか味わえないと思います。東京方面に行った際は、ぜひうかがってみたいお店です!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 自家製手もみ中華そば 繁心 「手もみ中華そば」

Img_7248

僕の地元でもある佐久より「繁心」が参戦してきました。竹幸商店では系列の夢我夢中が信越麺戦記に出たことはありますが、繁心としては初めてです。繁心はお店で提供されているレギュラーメニューを出品しました。

「手もみ中華そば」
Img_7249

スープのベースは、鶏や魚介、貝など、何と15種類もの素材から抽出したスープが使われています。スープを一口いただくと、あっさりながら複雑な味わいが口いっぱいに広がります。醤油だれも控えめで、癒やされるように優しく身体に染みてくるスープです。

トッピングはチャーシューにメンマ、三つ葉などです。チャーシューはしっかりとした歯応えがあり、肉の旨みが十分感じられます。三つ葉がいい仕事しています。

Img_7250

麺は手もみされおり、不規則に縮れた中太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの口当たりと喉越しが最高です。いや~それにしても美味しい麺ですね!

佐久のお店には何度もうかがっている繁心ですが、イベントでもお店と変わらぬ一杯をいただけ大満足です!これで繁心にも多くのお客さんが来てくれればうれしいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り らぁ麺 しろがね 「とり浜らぁ麺」

Img_7245

松本市の人気ラーメン店「らぁ麺 しろがね」が出店してきました。鶏白湯をメインとしたお店で僕も訪店したことがありますが、こだわりのラーメンがいただけます。今回は信州麺友会 NEOブランド祭りの中で、唯一こってり系のラーメンになります。

「とり浜らぁ麺」
Img_7246

スープのベースは長時間丁寧に抽出した鶏白湯が使われており、雰囲気としては博多系豚骨ラーメンの鶏白湯版といったような感じです。クリーミーなスープを一口いただくと、鶏がガツンと襲ってきます。これだけ旨みがしっかりとありながら、臭みは無く美味しいです。

トッピングは2種類のチャーシュー、ネギなどです。チャーシューはノーマルの豚チャーシューに、サイコロ状の鶏コロチャーシューが使われており、鶏チャーシューが絶品です。好みでゴマと紅ショウガを乗せます。

Img_7247

麺はこれ以上の細麺は無いのではというくらい、超極細のストレート麺が使われています。これだけ細いのにしっかりとしたコシがあり、スープをよく持ち上げてきます。ツルツルと美味しくいただきました。

鶏白湯を得意としているしろがねですが、美味しい鶏白湯をいただくことができました。久々にお店の方にもうかがってみたいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧