カテゴリー「イベント」の記事

2018.05.10

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 後半戦 本枯中華そば 魚雷(東京) 「10周年濃厚プレミアムつけ麺 信州小麦の詩」

Img_9990

ボンドオブハーツの人気店である魚雷が、つけ麺で参戦してきました。お店で出しているつけ麺とは異なり、信越麺戦記の特別バージョンのつけ麺を出品しました。

「10周年濃厚プレミアムつけ麺 信州小麦の詩」
Img_9991

見た目にも美しいつけ麺となっています。つけだれは豚骨に魚介を合わせた豚骨魚介のつけだれです。麺を付けていただくと、適度な濃度ながら旨みがしっかりとやって来ます。独特の甘みが印象的で、節粉を溶くと魚介感が増します。セルフで割りスープを入れて完飲です。

トッピングには二種類のチャーシューが乗せられています。豚と鶏のチャーシューで、どちらも美味しいです。

Img_9993

麺は信州産小麦100%の全粒粉を使った極太麺です。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力とツルっと入っていく喉越しが最高です。小麦の香りもプンプンして、つけだれを付けずに結構食べてしまったほどです。100円増しで大盛でいただきましたが、これでも足りないくらい美味しかったです。

今回の信越麺戦記の〆にふさわしいつけ麺をいただくことができました。特に信州産小麦を使った麺が美味し過ぎて、感動すら覚えました。次回の信越麺戦記も期待して待ちたいと思います!ヘ(^o^)/

本枯中華そば 魚雷 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.09

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 後半戦 中華蕎麦 とみ田(千葉) 「濃厚豚骨魚介中華そば」

Img_9987

信越麺戦記10周年ということで、千葉・松戸の超人気店のとみ田が参戦してきました。何年か前のながの東急で開催されたラーメンファンタジスタで、とみ田の豚骨魚介つけ麺を食べて「こんなに美味しいつけ麺があるなんて!」って感動したのを思い出します。

「濃厚豚骨魚介中華そば」
Img_9988

とみ田の看板はつけ麺なのですが、今回の麺戦記ではラーメンでの参戦です。スープは超濃厚な豚骨魚介で、ドロドロのスープを一口いただくと、豚骨がどっしりとやって来ます。魚介もガツンで、まさに超濃厚な豚骨魚介となっています。これは個人的にかなりハマるタイプのスープです。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、なると、海苔、柚子などです。チャーシューは脂が程よくのっていて、とても美味しいです。柚子をスープに投入すると、また違った味わいに変化します。

Img_9989

麺は太めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、もっちりの弾力が美味しいですね。スープがドロドロなので麺に絡みまくって、飲まなくても自然とスープが減っていくほどです。

これだけドロドロ超濃厚な豚骨魚介は、県内ではなかなか味わえないと思います。そんな貴重な一杯をいただけ、本当に良かったです!ヘ(^o^)/

中華蕎麦 とみ田 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.08

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 後半戦 すごい煮干ラーメン凪(東京) 「肉煮干ラーメン」

Img_9984

東京の煮干しラーメン専門店で有名な凪が、信越麺戦記に参戦です。以前の信州ラーメン博で初めて凪を食べた衝撃は今でも忘れられません。最近は県内でも煮干しラーメンが出始めてきて、個人的にもうれしい限りです。

「肉煮干ラーメン」
Img_9985

こちらはこってりとあっさりから選択できますが、こってりでお願いしました。思ったほど煮干しガツンではありませんが、じわじわと煮干しが効いてきて美味しいです。油が多めで、煮干しの相性も良いです。ラー油のタレにより、ピリッとした辛さがアクセントになっています。

トッピングは、チャーシューにネギ、一反木綿のような幅広麺などとなっています。チャーシューは大きなものが1枚トッピングされていて、食べ応えがあります。一反木綿のような超幅広麺、モチモチの弾力がたまりません。大ぶりのネギのザクザク感が美味しいです。

Img_9986

麺は手もみの中太縮れ麺です。茹で加減はちょうど良く、ピロピロの心地良い食感と喉越しが美味しいです。もっちりとした弾力も個人的にかなり好きです。

煮干しの凪をいただきましたが、意外にも食べやすく煮干しを十分堪能することができました。次回出店することがあれば、ぜひ超ニボニボで参戦して欲しいです!ヘ(^o^)/

すごい煮干ラーメン凪 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.07

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 後半戦 麺屋 一燈(東京) 「地鶏出汁塩ラーメン」

Img_9981

東京でもトップクラスの人気を誇り、カップラーメンなどでもおなじみの超人気店である一燈が信越麺戦記に登場とは、本当に夢のようです。

「地鶏出汁塩ラーメン」
Img_9982

鶏をベースに魚介などを合わせた、あっさり塩です。鶏も魚介も厳選された素材を使っているそうで、透明感のあるスープを一口いただくと、鶏の上品な旨みがふんわりとやって来ます。塩も癒されるように優しく効いて、本当に美味しいです。思わずスープを完飲しそうになりました。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギなどです。チャーシューは豚と鶏の二種類のチャーシューがトッピングされており、豚のレアっぽいチャーシューが激旨でした。メンマが極太で、食べ応えがあります。

Img_9983

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの滑らかな喉越しが最高です。スープとの相性もばっちりです。

さすがは超人気店の一燈、美味し過ぎる塩にすっかり魅了されました!これだけのレベルのラーメンがイベントでいただけるのは、本当にうれしい限りです!ヘ(^o^)/

麺屋 一燈 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 前半戦 初代 けいすけ(東京) 「炙り豚盛り黒味噌」

Img_9913

いろいろなタイプのラーメン店を展開するけいすけですが、今は無き「初代 けいすけ」が信越麺戦記で復活しました。以前ながの東急で開催された「ラーメンファンタジスタ」というイベントで、けいすけと塚田兼司さんのコラボラーメンに感銘を受けたので、今回食べてみることにしました。

「炙り豚盛り黒味噌」
Img_9914

真っ黒な色のスープですが、竹炭なども練り込んだ特別な味噌だれが使われているんだそうです。スープを一口いただくと、スパイスが結構効いていて思っている味噌のスープとは印象が違いました。今までに飲んだことのない不思議で独特な世界観を持つスープです。

トッピングは豚バラ肉に挽肉、ネギ、温泉玉子などです。豚バラ肉は量も多くてボリュームがあります。温泉玉子を割って絡めながら食べると美味しいです。

Img_9917

麺はちょうど中くらいの太さの縮れ麺です。茹で加減はちょうど良く、縮れているのですすった時の口当たりが良く、スープをよく運んでくれます。プリプリの歯ごたえも良いですね。

スパイスの効いた不思議な味噌で、好き嫌いが分かれるかもしれません。もう少しオーソドックスな味噌の方が、個人的には好みですヘ(^o^)/

初代 けいすけ 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.02

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 前半戦 らーめん 潤(新潟) 「背脂煮干し中華そば」

Img_9908

信越麺戦記の常連の潤ですが、今年もやって来てくれました。燕三条系は大好きなので、来ると必ずいただいています。

「背脂煮干し中華そば」
Img_9911

潤といったら、煮干しに背脂、平打ち太麺の組み合わせですよね。スープを一口いただくと煮干しがきっちりと効いて、醤油も濃い目で相変わらず美味しいです。背脂は粒の大きなものが使用されていて、プルプルの食感がいいですね。

トッピングはチャーシューにメンマ、岩海苔、刻み玉ねぎ、柚子皮などです。チャーシューは柔らかくて美味しいです。岩海苔と刻み玉ねぎは無くてはならないアイテムですよね。柚子皮をスープに沈めると、柚子の香りが口いっぱいに広がります。

Img_9912

麺は平打ちの太麺が使われています。茹で加減は少々硬めで、モチモチの弾力がたまりません。

燕三条系は個人的にかなり好きなので、潤がイベントに来ると必ず食べるくらい好きです。来年もぜひ来て欲しいです!ヘ(^o^)/

らーめん 潤 公式サイト

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 前半戦 G麺7(神奈川) 「モチ豚背アブラーメン醤油味」

Img_9905

横浜を中心に何店舗も展開している人気ラーメン店が参戦してきました。特にこだわりの自家製麺に定評があるようで、楽しみな一杯です。

「モチ豚背アブラーメン醤油味」
Img_9906

最近は動物系と魚介系のWスープが多くなってきましたが、あえて魚介レスの動物系100%のスープとなっています。褐色のスープを一口いただくと、豚と鶏の旨みがしっかりとやって来ます。醤油も濃い目で、意外とガツンと来るスープに仕上がっています。背脂と油の層も多めで、オイリーです。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギとシンプルです。チャーシューは柔らかく、ノーマルでもたっぷりのチャーシューで、ボリュームがあります。

Img_9907

麺はわずかに平打ちっぽい中細麺となっています。茹で加減はちょうど良く、もっちりとした食感が印象的です。スープの油が多いので、麺にスープがよく絡んできます。

あっさり醤油かと思いきや意外と油が多めで、こってり感がたまりません。もっちり麺も気に入りました!ヘ(^o^)/

G麺7 Twitter

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 前半戦 らあめん 元(東京) 「琥珀煮干塩麺」

Img_9901

僕はこのお店を知らなかったのですが、東京でも人気ランキング1位を取っている超人気店が信越麺戦記にやってきました。食べた方の評判もとても良いので、期待が高まります。

「琥珀煮干塩麺」
Img_9902

ビジュアル的にも美しいラーメンですよね。煮干しはじんわりと効いてくるタイプですが、旨みがどんどん押し寄せてきます。塩だれが優しく、背脂の甘みが印象的です。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、味玉などです。チャーシューは低温調理のレアチャーシューで、柔らかくて肉の旨みが十分感じられます。穂先メンマが美味しいです。

Img_9903

麺は全粒粉を使ったふすま入りの平打ち太麺です。茹で加減はちょうど良く、滑らかな口当たりがいいですね。小麦の香りもしっかりとして、とても美味しいです。

煮干しと塩、全粒粉の平打ち麺の組み合わせ、派手さはありませんが、個人的にかなり好きなタイプです。煮干しの効かせ方が絶妙で、滑らかな平打ち麺、かなり美味しかったです!ヘ(^o^)/

らあめん 元 Twitter

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.26

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 信州麺友会祭り 煮干しらあめん 燕黒(松本) 「肉キャベ背脂味噌らあめん」

Img_9834

地元・松本の燕三条系の人気ラーメン店が、出店してきました。信州麺友会の枠の中では、唯一の味噌になります。

「肉キャベ背脂味噌らあめん」
Img_9835

燕黒は豚骨に煮干し、背脂の燕三条系のお店としておなじみですが、今回の信越麺戦記では燕三条系の味噌バージョンで参戦してきました。スープを一口いただくと煮干しはそれほど感じられませんでしたが、味噌がしょっぱいくらいしっかりと効いてきます。

トッピングは豚バラ肉に、キャベツ、ネギなどです。豚バラ肉はしっかりと炒められていて、肉増しにしなくてもかなりのボリュームがあります。食べ応え十分でとても美味しいです。生キャベツがいいアクセントになっています。

Img_9836

麺は太めのウェーブのかかった麺が使われています。茹で加減は少々硬めで、モチモチの弾力がたまりません。味噌との相性も良いです。

煮干し感はあまりありませんでしたが、濃いめの味噌と豚バラ肉との相性が良くて、美味しかったです。限定でも良いので、ぜひお店でも提供して欲しいですね!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.25

信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 信州麺友会祭り 麺づくり 蒼空(南箕輪) 「磯潮らぁめん」

Img_9831

蒼空は、南信を代表する人気ラーメン店です。10年くらい前に、遠い小諸から車を飛ばしてよく通ったものです。そんな蒼空が信越麺戦記に初出店とは、うれしい限りです。

「磯潮らぁめん」
Img_9832

こちらの磯潮らぁめんは、蒼空の開店当初からある人気の看板メニューです。動物系やアゴやホタテなどの魚介など、本当にたくさんの素材を使ったスープです。透明感のあるスープを一口いただくと、複雑な味わいが口いっぱいに広がります。ホタテの香りが印象的です。塩も癒されるように優しく、身体に染み渡る美味しさです。添えられる柚子胡椒を溶くと、また一味違ったスープに変身します。

トッピングはチャーシューや水菜、ネギ、味玉などです。チャーシューは、柔らくて美味しいです。水菜とネギのシャキシャキ感が良いです。

Img_9833

麺は中細の麺が使われています。伊那産の「ハナマンテ」という希少小麦が使われているんだそうです。ツルツルの喉越しに歯切れの良い弾力が最高です。麺本来の小麦の香りもしっかりとします。

10年ほど前に南箕輪のお店でいただいた磯潮らぁめんとほぼ同じクオリティのラーメンがイベントで食べられるなんて、本当にうれしい限りです。久々にお店の方に行ってみたくなりました!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebookページ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧