« 信越麺戦記 Part11 新世代 ご当地ラーメン開戦の章 | トップページ | とんちき麺(佐久市) »

2019.04.02

麺匠 文蔵 本店(佐久市)

佐久の「麺匠 文蔵 本店」におじゃましました。

Img_2217

文蔵は、佐久・岩村田の住宅街にお店を構えるラーメン店です。開店して13年以上経ちますが、変わらぬ人気を誇っています。最近は臼田のぶんぶんが文蔵の支店となり、ますます文蔵の豚骨醤油が根付いてきたような気がします。この日は日曜日でしたが続々とお客さんがやって来て、待ちが出るほどの盛況ぶりでした。

この日は「つけそば」(780円)を「特盛」(200円)で、そして追加で「ホウレン草」(100円)をトッピングしていただきました。

「つけそば」(780円)+「特盛」(200円)+「ホウレン草」(100円)
Img_2219

陽気が暖かくなってきたので、今年初めてのつけ麺です。以前はかなりの頻度でいただいていた文蔵のつけそばですが、久々にオーダーしてみました。お腹が空いてガッツリ食べたかったので、特盛でお願いしました。

Img_2220

つけだれは、豚骨に魚介を合わせた豚骨魚介のつけだれになっています。相変わらず豚骨は濃厚ですが魚介とのバランスも良く、とても美味しいです。塩分濃度も、つけ麺のつけだれとしてはちょうど良いです。つけだれの中には角切りチャーシューがゴロゴロ入っていて、食べ応え十分です。最後には清湯スープで割ってゆず皮を投入してもらい、さっぱりとした割りスープをいただけます。

Img_2221

麺は極太のストレート麺が使われています。茹で時間は10分くらいはあろうかというくらい極太麺です。文蔵は昨年より自家製麺に切り替わりました。もっちりとした弾力が美味しく、麺量2倍の特盛(500g)でもペロリと平らげてしまいました。とても美味しいので、これでしたら麺3倍でもいけそうです(笑)

Img_2222

トッピングのホウレン草は、別皿で運ばれてきます。100円でこれだけの量のホウレン草がいただけれるのは、うれしいですよね。つけそばをいただきながら、箸休め的に食べるのが個人的に好きです。

久々に文蔵のつけそばをいただきましたが、豚骨と魚介のバランスが最高で極太もっちり麺も美味しく、満足のいくつけ麺をいただくことができました。これからの時期、ますます文蔵のつけそばの頻度が上がりそうです!


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 本店(めんしょう ぶんぞう ほんてん)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~21:00
駐車場 : 12台(店舗前4台 第2駐車場8台)
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ(地図
メニュー : らぁめん 730円 文蔵らぁめん 980円 つけそば 780円 味噌らぁめん 780円 真・らぁめん 780円 風魚らぁめん 780円 塩らぁめん 780円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ


|

« 信越麺戦記 Part11 新世代 ご当地ラーメン開戦の章 | トップページ | とんちき麺(佐久市) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しています、ありがとうございます。個人的につけ麺が大好きなのですが、この店では麺だけ追加料金で増やせますか?あとゆいがグループの中の安曇野市三郷にある特濃つけそば食べた事ありますか?節系の上田市のめんめんより濃く個人的に好きですが(笑)

投稿: 高山 | 2019.04.03 00:37

高山さん、こんにちは。

文蔵では、大盛(100円増し)や特盛(200円増し)の設定はありますが、麺だけ追加の設定は残念ながらありません。

安曇野にあるゆいがは未訪ですが、上田にゆいががあった時に「特濃つけそば」を食べた事があります。
確かにこちらの方が、濃いですね!

http://mkobayas.cocolog-nifty.com/gourmet/2009/12/post-8de5.html

投稿: まちゃ | 2019.04.03 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信越麺戦記 Part11 新世代 ご当地ラーメン開戦の章 | トップページ | とんちき麺(佐久市) »