« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の記事

2019.03.29

信越麺戦記 Part11 新世代 ご当地ラーメン開戦の章

Mensenki20191

Mensenki20192
※画像は信越麺戦記実行委員会より提供

「信越麺戦記 Part11 新世代 ご当地ラーメン開戦の章」

2019年4月25日(木)~5月12日(日)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

イオン南松本店 東側駐車場
前売券 750円(税込) 当日券 800円(税込)
(ラーメン一杯引き換えチケット)

信越麺戦記 オフィシャルサイト

信越麺戦記 Facebook


■前半戦(4月25日(木)~5月1日(水))

コクミンショクドウ(北海道)
「特濃酉(とり)味噌ラーメン」

ワンタンメンの満月(山形)
「山形酒田 ふわとろ しゃぶ肉ワンタンメン」

麺や来味(新潟)
「特製極み醤油らぁ麺」

ラーメンダイナーGOGO宝来軒×宝来軒総本店(新潟)
「新潟セアブラ生姜醤油 ~ジンジャージャンキーヌードル~」

モヒカンらーめん(福岡)
「元祖とんこつ モヒカンらーめん」

ラーメン凪×気むずかし家(東京・長野)
「濃厚鶏ニボ」

■後半戦(5月2日(木)~5月8日(水))

麺処 まるはBEYOND(北海道)
「札幌焦がしにんにく味噌らぁめん」

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏×我武者羅(東京)
「垂涎のしっとり豚ロースと潮の鯛だし鶏白湯」

誠屋×じゃぐじ(東京)
「濃厚はみだし炙りチャーシュー味噌豚骨」

ソラノイロ(東京)
「ソラの肉ソバ」

セアブラノ神(京都)
「炙り中落ちカルビ背脂醤油そば」

博多新風×気むずかし家(福岡・長野)
「焦がしニンニク香る 濃厚鶏豚骨」

■信州麺友会祭り(5月9日(木)~5月12日(日))

ぶしもりや めんめん×上田らあめん はち コラボ(上田)
「上田最強ストロング混合節つけ麺」

夢我ちき麺(小諸・佐久)
「夢我ちき豚骨BLACK 角煮チャーシュー×焦がし油」

七代目 助屋(佐久)
「安養寺ら~めん がっつり肉盛り濃厚魚介豚骨!」

寸八ハルピン(松本・諏訪)
「寸八ハルピン」

らぁ麺 しろがね (松本)
「鶏と煮干しの黄金中華そば」

GREY STARZ(松本)
「濃厚煮干しGREY」


| | コメント (2)

2019.03.24

麺匠 文蔵 本店(佐久市)

佐久の「麺匠 文蔵 本店」におじゃましました。

Img_2174

文蔵 本店は、佐久・岩村田の住宅街、岩村田駅や佐久長聖高校の近くにお店を構えるラーメン店です。佐久の豚骨ラーメン店を代表するお店として、長年愛されています。僕も好きなお店で、よく通っています。こぢんまりした店内で、カウンター席にテーブル席が用意されています。スタッフの接客も丁寧で、心地良いです。ここの岩村田の文蔵が本店ですが、佐久・臼田に文蔵の支店が3月7日にオープンしました。

文蔵 本店では、現在次のような限定ラーメンが提供されています。

Img_2175

この日は限定の「お肉たっぷりスタミナ餡掛け豚骨味噌らぁめん」(750円)をいただきました。

「お肉たっぷりスタミナ餡掛け豚骨味噌らぁめん」(750円)Img_2177

文蔵では毎年この時期に、新年度に新生活を始める人を応援するという意味合いの「応援ラーメン」を提供しています。今年はお肉がたっぷり乗った味噌豚骨が提供されています。

スープのベースは文蔵の豚骨スープで、そこに味噌が合わされています。あんかけになっているスープを一口いただくと熱々で、味噌も豚骨もしっかりとやってきます。ほのかな酸味と辛味が食欲をそそります。後半にはテーブル上に置いてある酢を追加してさらに酸味をプラスすると、また一味違った豚骨味噌を楽しめます。

トッピングは豚肉やネギ、温泉卵などが乗せられています。豚肉は玉ねぎなどとしっかりと炒められており、味付け濃い目でボリュームがあってとても美味しいです。温泉卵が、お肉の味付けをまろやかにしてくれいます。たっぷりのネギがいい仕事をしています。

Img_2178

麺は太めのストレート麺が使われています。レギュラーの豚骨醤油のらぁめんと同じ麺だと思われます。茹で加減はちょうど良く、もっちりとした歯応えと弾力がたまりません。スープとの相性も良いです。

今年の応援ラーメン、お肉たっぷりでボリュームがあってとても美味しく、個人的にはかなり好きなタイプの一杯です。こちらは一日の限定数や提供期間は決まていませんが、召し上がりたい方はお早めにどうぞ!


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 本店(めんしょう ぶんぞう ほんてん)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~21:00
駐車場 : 12台(店舗前4台 第2駐車場8台)
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ(地図
メニュー : らぁめん 730円 文蔵らぁめん 980円 つけそば 780円 味噌らぁめん 780円 真・らぁめん 780円 風魚らぁめん 780円 塩らぁめん 780円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ


| | コメント (0)

2019.03.21

麺賊 夢我夢中 本店(小諸市)

小諸の「麺賊 夢我夢中 本店」におじゃましました。

Img_2140

夢我夢中は、小諸・御影新田にお店を構えるラーメン店です。同じ小諸市内に居酒屋も展開する竹幸商店グループのお店になります。以前は小諸・本町で営業していましたが、昨年こちらに移転してきました。お店が広く使いやすいこともあり、いつも多くのお客さんでにぎわっています。

現在、夢我夢中ではこのような限定を提供しています。

Img_2143

この日は限定の「チャーハン&半豚骨中華セット」(864円→540円)をいただきました。

「チャーハン&半豚骨中華セット」(864円→540円)
Img_2144

新年度からの新生活を応援するという意味合いも込めて、毎年応援ラーメンを提供しています。今年は、チャーハンと半ラーメンがセットになった限定が提供されています。この日はLINEクーポンで、324円引きの540円でいただくことができました。

Img_2146

夢我夢中でも評判の良いチャーハンです。強火でしっかりと炒められており、パラパラの食感が最高です。具材もチャーシーはじめたっぷりと入っていて、物足りなさはありません。個人的にはかなり好みのチャーハンです。

Img_2147

ラーメンは豚骨をベースに醤油だれが合わされています。油浮きが一切なく豚骨100%なのが特徴で、通常の豚骨醤油とは異なります。スープを一口いただくと豚骨がしっかりとやってきますが、油浮きがないのでこってり過ぎず、飲みやすいスープに仕上がっています。

トッピングは、メンマに海苔、ネギ、なるとなどが乗せられています。

Img_2148

麺は中細のストレートに近い麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの口当たりが美味しいです。半ラーメンなので、麺量は少なめです。

夢我夢中のチャーハン&半ラーメンセットをいただきましたが、チャーハンはもちろんのこと豚骨中華のラーメンもとても美味しかったです。こちらの豚骨中華ラーメン、ぜひフルサイズで食べてみたいです!


【お店データ】
店名 : 麺賊 夢我夢中 本店(めんぞく むがむちゅう ほんてん)
住所 : 長野県小諸市御影新田2595-5
電話番号 : 0267-26-5120
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~21:00
駐車場 : 20台
アクセス : 国道141号線沿い セブンイレブン小諸御影店隣り(地図
メニュー : 豚基本 842円 和豚基本 939円 紅の豚基本 939円 とんこつ醤油 756円 昭和中華そば 756円 他


| | コメント (0)

2019.03.15

七代目 助屋(佐久市)

佐久の「七代目 助屋」におじゃましました。

Img_2092

助屋は、佐久市役所近くにお店を構えるラーメン店です。佐久のご当地ラーメンであるメインの安養寺らーめんをはじめ、博多系豚骨ラーメンからあっさり醤油ラーメンまで、様々なラーメンをいただけます。お店も広く、カウンター席にテーブル席、小上がり席まで、様々な客層に対応できます。

この日は3月9日の佐久の日ということで、看板の安養寺らーめんが390円で提供されていました。

Img_2095

この日は「安養寺らぅめん」(780円→390円)をいただきました。

「安養寺らぅめん」(780円→390円)
Img_2093

この日は佐久の日のイベントだったので、こちらのラーメンのみが提供されていました。通常は780円ですがこの日は390円という特別価格だったこともあり、お店も駐車場も満杯の盛況ぶりでした。混んでいたこともあり、席に着いてから運ばれてくるまで20分近くかかりました。

スープのベースは豚骨で、そこに佐久のご当地味噌である安養寺味噌を使った味噌だれが合わされています。とろみさえ感じるスープを一口いただくと、濃厚な豚骨とともに味噌がしっかりと効いてきます。安養寺味噌はクセが無く味噌の旨みがしっかりとしていて、とても美味しいです。

トッピングはチャーシューにメンマ、辛挽肉、ネギなどです。チャーシューはしっかりとした歯応えのチャーシューです。辛挽肉がいいアクセントになっています。メンマは穂先メンマで、柔らかくて美味しいです。

Img_2094

麺はちょうど中くらいの太さの麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルののど越しが心地よいです。スープが濃厚なので、麺にスープがよく絡んできます。

佐久の日のイベントということで久々に助屋の安養寺らーめんをいただきましたが、味噌が濃くてとても美味しかったです。さすがは安養寺らーめんで一番有名なお店の一杯だけのことはあります。またうかがいたいと思います。


【お店データ】
店名 : 七代目 助屋(ななだいめ すけや)
住所 : 長野県佐久市中込2991-1
電話番号 : 0267-63-7274
定休日 : 不定休
営業時間 : 11:30~14:30(土日祝 11:30~15:00) 17:30~22:30
駐車場 : 30台
アクセス : 県道138号線沿い 佐久市役所近く(地図
メニュー : 安養寺らぅめん 780円、安養寺BLACK 830円、安養寺野菜 730円、つけめん 780円、豚骨らぅめん 730円、助屋JUNK 730円、中華そば 680円、王様中華そば 730円 他


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.11

麺匠 文蔵 本店(佐久市)

佐久の「麺匠 文蔵 本店」におじゃましました。

Img_2091

文蔵 本店は、佐久・岩村田の住宅街にお店を構えるラーメン店です。佐久で豚骨といったらすぐに文蔵を思い浮かべると思いますが、その文蔵グループの本店になります。こぢんまりしたお店ですが、土日には常に行列になるほど人気のあるお店です。

3月9日は語呂合わせから「佐久の日」です。いろんなお店で佐久の日にちなんだイベントが開催され、佐久市内のラーメン店でも限定ラーメンなどが提供されました。文蔵では、この日だけの39食限定スペシャルラーメンが提供されました。

Img_2088

この日は佐久の日の限定である「矢島豆腐の餡掛け豚骨塩らぁめん」(390円)をいただきました。

「矢島豆腐の餡掛け豚骨塩らぁめん」(390円)
Img_2089

こちらの限定ですが、佐久産の食材を中心に12種類もの素材を使ったあんかけラーメンになっています。スープのベースは文蔵の豚骨ですが、熱々のスープを一口いただくと豚骨自体は塩ベースということもあり、割とあっさり目に感じます。野菜の甘み旨みが感じられ、とても美味しいです。

トッピングは挽肉や野菜などたっぷりで、メインの佐久の名産である矢島豆腐が乗っています。ボリュームがあって物足りなさはありません。矢島豆腐もすごく美味しいです。

Img_2090

麺は太めのストレート麺が使われています。文蔵は自家製麺になっています。茹で加減はちょうど良く、もっちりとした歯ごたえが良く、あんかけスープがよく絡んできます。

佐久の日一日限りのスペシャルラーメンをいただきましたが、食材の良さを十分に引き出したとても美味しいラーメンに仕上がっていました。こってり濃厚豚骨がウリの文蔵でも、こういったラーメンがいただけるのはうれしいですね。気が早いですが、来年の佐久の日の限定ラーメンも楽しみです!


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 本店(めんしょう ぶんぞう ほんてん)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~21:00
駐車場 : 12台(店舗前4台 第2駐車場8台)
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ(地図
メニュー : らぁめん 730円 文蔵らぁめん 980円 つけそば 780円 味噌らぁめん 780円 真・らぁめん 780円 風魚らぁめん 780円 塩らぁめん 780円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.07

麺匠 文蔵 臼田店(佐久市)

佐久の「麺匠 文蔵 臼田店」におじゃましました。

Img_2066

Img_2067

文蔵 臼田店は、佐久・臼田の国道141号線沿いに新規オープンしたラーメン店です。以前は同じ文蔵グループの「特製豚そば ぶんぶん」として営業していましたが、惜しまれつつ3月5日で営業を終了し、3月7日より新たに文蔵 臼田店としてリニューアルオープンしました。

文蔵 臼田店のメニューはこのようになっています。基本的には岩村田にある文蔵本店のメニューを踏襲していますが、ぶんぶん時代に人気のあった麻婆らぁめんや台湾まぜそばも継続して提供されています。またオリジナルメニューとしてあっさり系の昭和中華そばも用意されています。加えて濃厚豚骨が苦手なお客さんには「豚骨ライト」と言って、あっさりと豚骨のWスープのラーメンもいただくことができます。

Img_2071

Img_2072

Img_2073

文蔵 臼田店は引き続き食券制ですが、食券機の上に写真入りで説明されているので、初めてのお客さんでも迷うことなくラーメンを選ぶことができます。

Img_2069

Img_2070

この日は「真らぁめん」(780円)をいただきました。

「真らぁめん」(780円)
Img_2080

こちらの真らぁめんですが、文蔵本店でも個人的に大好きな一杯で、よくオーダーします。文蔵の濃厚豚骨に魚介を合わせ、マー油を効かせたパンチのあるスープです。スープを一口いただくと、豚骨とともにマー油がこれでもかっていうくらいガツンと効いてきます。苦味さえ感じるかなり濃いマー油ですが、飲み進めていくとマイルドに変化していきます。

トッピングはチャーシューにキャベツ、ほうれん草、海苔、ネギなどです。チャーシューはバラロールチャーシューで、炙られていてとても芳ばしいです。キャベツは生キャベツと茹でキャベツから選べ、個人的には生が好きなのでいつも生キャベツでお願いします。シャッキリとした歯応えが美味しく、スープを吸ってしんなりしたキャベツがまたいいです。

Img_2081

麺は太めのストレート麺が使われています。自家製麺になる前よりもやや細くなったような印象を受けます。茹で加減はちょうど良く、パッツリとした歯応えと弾力が素晴らしいです。

Img_2076

ぶんぶんの時にはあったショウガは無くなりましたが、刻みニンニクが継続で提供されているのはうれしいですね。すりおろしニンニクと比べて、ニンニクの食感も楽しめます。また豆板醤も用意されていて、辛味をプラスして一味違ったスープも味わえます。

ぶんぶんからリニューアルした文蔵 臼田店におじゃましましたが、文蔵本店と変わらぬド豚骨をいただくことができました。麻婆らぁめんや台湾まぜそばなど、他の文蔵グループのお店では味わえないメニューも楽しめるのがいいですね。席数も多く、小さいお子さん連れなど文蔵本店には行きづらいお客さんも気軽に行けるようになると思います。近いうちにまたうかがおうかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 臼田店(めんしょう ぶんぞう うすだてん)
住所 : 長野県佐久市臼田1389-1
電話番号 : 0267-82-1508
定休日 : 水曜日(祝日の場合翌日)
営業時間 : 11:30~14:30 17:30~21:30
駐車場 : 15台
アクセス : 国道141号線沿い 甲信マツダ佐久南店隣り(地図
メニュー : らぁめん 730円 文蔵らぁめん 980円 みそらぁめん 780円 風魚らぁめん 780円 真らぁめん 780円 塩らぁめん 780円 辛ド豚骨らぁめん 800円 麻婆らぁめん 850円 安養寺らぁめん 780円 台湾まぜそば 850円 つけそば 780円 昭和中華そば 730円 王様中華そば 730円 お子様らぁめん 50円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ



ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »