« とんちき麺(佐久市) | トップページ | 信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 »

2018.03.18

とんこつラーメン 博多屋台(長野市)

長野市の「とんこつラーメン 博多屋台」におじゃましました。

Img_9468

博多屋台は、長野・権堂アーケードにお店を構えるラーメン店です。ラーメン店でありながら深夜遅くまで営業していて、居酒屋としても利用できるのが特徴です。店内は広く、まるで博多の屋台を彷彿とさせるようなお店作りになっています。今回が初めての訪店になります。

博多屋台のメニューはこのようになっています。博多系豚骨ラーメンを看板メニューとして、限定ラーメンやおつまみメニューも充実しています。この日はお昼にうかがったので、ランチ時限定のセットや定食メニューもありました。

Img_9469

Img_9472

Img_9473

Img_9470

Img_9471

この日は「こってりとんこつラーメン」(745円)に、Bセットの「煮込みめし」(378円→216円)を付けていただきました。

「こってりとんこつラーメン」(745円)+「煮込みめし」(378円→216円)
Img_9474

看板の博多系豚骨ラーメンですが、あっさり豚骨とこってり豚骨が選べるので、この日はこってりでお願いしました。またセットの煮込みめしは通常378円ですが、ランチ時には216円でいただけます。

「こってりとんこつラーメン」(745円)
Img_9476

スープは長時間炊き出した濃度のある豚骨が使われています。ドロドロのスープを一口いただくと、豚骨がどっしりとやってきます。これだけ濃い豚骨ながら臭みは最小限に抑えられており、クセが無くて飲みやすいです。塩分濃度もちょうど良いです。

トッピングはチャーシューにキクラゲ、ネギなどとシンプルです。チャーシューは2枚トッピングされいて、大きくて美味しいです。キクラゲは博多豚骨には無くてはならないアイテムですよね。他にテーブル上に置いてある紅ショウガや辛子高菜、ゴマなどで味を変えながら楽しみます。

Img_9477

麺はもちろん低加水の超極細ストレート麺が使われています。この日は「かため」でお願いしました。スルスルと入っていく口当たりと喉越しが気持ち良いです。

博多系ではおなじみの替え玉も、もちろんいただきました。

「替玉」(108円)
Img_9478

替え玉は「ふつう」の茹で加減でお願いしました。2玉いただいて、お腹いっぱいになりました。個人的な希望としては、半玉の設定やテーブル上に追加のラーメンタレがあると、なお良かったです。

「煮込みめし」(378円→216円)
Img_9475

煮込みめしは豚軟骨をメインとして煮込んだ具材が乗せられた、ご飯物のサイドメニューです。豚軟骨がトロトロで柔らかく、ボリュームがあって美味しかったです。

権堂の居酒屋系博多豚骨ラーメンをいただきましたが、こってりがクセになる本格的な博多豚骨、美味しかったです。夜遅くまで居酒屋的に使えるのは、ありがたいですよね。いつかはぜひ飲みに行きたいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : とんこつラーメン 博多屋台(とんこつらーめん はかたやたい)
住所 : 長野県長野市東後町9-1 千川権堂第一ビル 1F
電話番号 : 026-219-2696
定休日 : 日曜日
営業時間 : 11:30~翌5:00(LO 翌4:30)
駐車場 : 無し
アクセス : 中央通り沿い 権堂アーケード入り口 (地図
メニュー : あっさりとんこつラーメン 637円、こってりとんこつラーメン 745円 他
ホームページ : Twitter Facebookページ



|

« とんちき麺(佐久市) | トップページ | 信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

蕪村さんの系列でした?開放的でいいですね!

投稿: 辣油は呑み物です! | 2018.03.23 01:10

辣油は呑み物です!さん、こんばんは。
はじめまして、どうぞよろしくお願いします。

博多屋台は、蕪村やいなせなどと同じ系列店になります。
お店も広く、確かに開放的でいかにも屋台を彷彿とさせますよね。

投稿: まちゃ | 2018.03.23 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33371/66511259

この記事へのトラックバック一覧です: とんこつラーメン 博多屋台(長野市):

« とんちき麺(佐久市) | トップページ | 信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 »