« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の記事

2018.02.20

麺匠 文蔵(佐久市)

佐久の「麺匠 文蔵」におじゃましました。

Img_9303

文蔵は、佐久・岩村田の住宅街にお店を構えるラーメン店です。佐久に3店舗の人気ラーメン店を展開する文蔵グループの本店になります。ここで開店してから12年以上が経ちますが、変わらぬ人気を誇っています。僕も人生の中で一番訪れた回数の多いラーメン店です。この日は平日でしたが、多くのお客さんでにぎわっていました。

文蔵のメニューはこのようになっています。もちろん豚骨を使ったラーメンが人気です。こちらは他の文蔵グループのお店と同じように、食券制になっています。

Img_9304

Img_9305

Img_9306

この日は「つけそば」(780円)を、「大盛」(100円)でいただきました。

「つけそば」(780円)+「大盛」(100円)
Img_9307

今は寒い陽気が続いていますが、それでもつけ麺は食べたくなりますよね。数あるつけ麺の中でも文蔵のつけそばは、一番食べているんじゃないかと思うくらい好きです。以前は暑い時期は月一近くの頻度で食べていたくらいです。この日は久々にいただきました。

Img_9308

つけだれは豚骨に魚介を合わせた豚骨魚介のつけだれになっています。以前は豚骨も魚介もバランスよく効いた感じのつけだれでしたが、久々だったこの日はいつもより豚骨が前面に出てくるようなつけだれになっていました。やはり豚骨の濃度が高いからなんでしょうか、豚骨がガツンと来て美味しいです。

つけだれの中には刻みチャーシューやネギ、刻み玉ねぎなどが投入されています。チャーシューがたっぷりで、食べ応え十分です。以前は量の多かった玉ねぎですが、現在は薬味程度に少量入っているだけです。こちらの方が辛くなくて、個人的に好みです。

Img_9309

麺はわずかに平打ちっぽい極太麺が使われています。茹で時間は10分もあるような太さです。茹で加減はちょうど良く、しっかりと〆られています。つややかで滑らかな極太麺、コシと弾力が素晴らしいですね。これだけの太さながら、すすった時の口当たりがとても良いです。並盛だと物足りないので大盛でいただきましたが、美味しいのでこれでも物足りなかったくらいです(笑)

文蔵のつけそば、もう何度もいただいていますが、相変わらず満足度が高いです。初期の頃のつけそばからどんどん進化して、さらに美味しくなってきているような気がします!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵(めんしょう ぶんぞう)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~21:00
駐車場 : 12台(店舗前4台、第二駐車場8台)
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ(地図
メニュー : らぁめん 730円、文蔵らぁめん 980円、つけそば 780円、味噌らぁめん 780円、真・らぁめん 780円、風魚らぁめん 780円、塩らぁめん 780円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.16

麺屋 蕪村 上田店(上田市)

上田の「麺屋 蕪村 上田店」におじゃましました。

Img_9272

蕪村は、上田・国分にお店を構えるラーメン店です。長野市などにも店舗を展開する蕪村の支店になります。上田店は昨年の4月にオープンしましたが、この日で2回目の訪店になります。カンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。

蕪村のメニューはこのようになっています。鶏白湯を使ったラーメンが看板メニューで、いろいろなバリエーションがあります。限定ラーメンもありました。

Img_9273

Img_9275

この日は「にぼしそば」(734円)をいただきました。

「にぼしそば」(734円)
Img_9276

別の蕪村ではあごそばや塩そば、あさりそばなど、蕪村そばのバリエーション系のラーメンをいただいたことがありますが、にぼしそばは初めていただきます。蕪村お得意の鶏白湯に煮干しが合わされています。スープを一口いただくとクリーミーな鶏白湯とともに、煮干しがじんわりとやってきます。煮干しガツンではないので、とてもバランスが良いです。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、糸唐辛子、海苔などです。チャーシューは炙られていて、カリカリの食感が美味しいです。

Img_9277

麺は中細のストレート麺が使われています。加水がやや低めの麺ですが茹で加減はちょうど良く、ツルツルの喉越しが美味しいです。スープもよく運んできてくれます。麺量は標準的です。

蕪村のにぼしそばを初めていただきましたが、濃厚な鶏白湯ながら煮干しがバランスよく効いていることもあり、飲みやすく美味しかったです。蕪村は同じ鶏白湯でも、いろいろ楽しめるのがいいですよね。次回の訪店も楽しみです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺屋 蕪村上田店(めんや ぶそん うえだてん)
住所 : 長野県上田市国分1-3-75
電話番号 : 0268-71-6202
定休日 : 水曜日
営業時間 : 11:00~14:30 17:30~21:00
駐車場 : 15台
アクセス : 国道18号線 国分西交差点より西へ200m 上堀交差点近く(地図
メニュー : 蕪村そば 734円、つけそば 842円、あごそば 734円、にぼしそば 734円、塩そば 810円、あさりそば 918円 他
ホームページ : Facebookページ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.02.12

あってりめん こうじ 中軽井沢店(軽井沢町)

軽井沢の「あってりめん こうじ 中軽井沢店」におじゃましました。

Img_9255

Img_9253

あってりめん こうじは、軽井沢町のしなの鉄道・中軽井沢駅前にお店を構えるラーメン店です。看板メニューの「あってり麺」が人気で、いつも多くのお客さんでにぎわっています。この日は金曜日の曜日限定が復活されたとのことで、訪店しました。

あってりめん こうじのメニューはこのようになっています。この日は金曜日限定の「チキチキめん」も提供されていました。

Img_9248

Img_9247

この日は‪「ちきちき麺」(860円)をいただきました。

‪「ちきちき麺」(860円)
Img_9249

何年か前に、金曜日限定で鶏白湯を使った「チキチキめん」という限定が提供されていましたが、その人気限定がこの度復活しました。僕も好きなあってりめんの鶏白湯だったので、復活はうれしい限りです。

スープはもちろん丁寧に炊いた鶏白湯が使われており、そこに塩だれが合わされています。クリーミーなスープを一口いただくと、鶏の旨みと甘みがしっかりと効いてきます。それでいてクセは無くてとても飲みやすいです。最近はあまりスープを完飲しないのですが、美味しいので思わず飲み干してしまいました。

トッピングはチャーシュー2種類にエリンギ、青菜、ネギ、味玉などです。チャーシューは豚を使った低温調理シャーシューに、ローストした鶏を使ったチャーシューの2種類がトッピングされています。どちらもチャーシューとしては珍しいですが、超美味しいです。エリンギがいいアクセントになっています。

Img_9250

麺は中太のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの滑らかな口当たりが最高です。弾力もあってとても美味しい麺です。

久々にチキチキめんをいただきましたが、相変わらずの美味しさに感動しました。クリーミーで濃度がありながら飲みやすい鶏白湯、個人的にかなりおすすめです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : あってりめん こうじ 中軽井沢店(あってりめん こうじ なかかるいざわてん)
住所 : 長野県北佐久郡軽井沢町長倉3062-1 キャピタル中軽井沢1F
電話番号 : 0267-45-7922
定休日 : 第2、第4水曜日
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~20:00
駐車場 : 無し(中軽井沢駅前駐車場が1時間無料で利用可)
アクセス : しなの鉄道 中軽井沢駅前(地図
メニュー : あってり麺(しょうゆ味) 800円、あってり麺(しお味) 800円、あってり麺(みそ味) 800円 他
ホームページ : 店主ブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.08

特製豚そば ぶんぶん(佐久市)

佐久の「特製豚そば ぶんぶん」におじゃましました。

Img_9222

ぶんぶんは、佐久・臼田の国道141号線沿いにお店を構えるラーメン店です。佐久に人気ラーメン店を展開する文蔵グループの系列店として、4年半前からこちらで営業しています。豚骨に太麺、野菜がどっさりのいわゆる「二郎系インスパイア」のラーメンを看板ラーメンとして、こってり系からあっさり系まで様々なラーメンをいただけます。

ぶんぶんのメニューはこのようになっています。他の文蔵グループのお店と同じように、こちらも食券制になっています。

Img_9223

この日は‪「豚まぜ」(750円)‬をいただきました。

‪「豚まぜ」(750円)
Img_9225

こちらは、スープの無いまぜそば(油そば)タイプのラーメンです。確かぶんぶんがオープンした当初に食べて以来になると思います。まぜそばには野菜増しが無いと勝手に思っていたら、店員さんから「野菜の量はどうされますか?」と聞かれたので、慌てて思わず野菜多めでオーダーしてしまいました。これだけ野菜がトッピングされたまぜそば、珍しいと思います。

これだけの野菜の量なのでよく混ぜるのは断念して(笑)、たれを麺と野菜に絡ませながら、まるでラーメンのようにいただきました。ちょっと濃い目の味付けですが、野菜が多いのでちょうど良いです。チャーシューはフレーク状になっていて、とても食べやすいです。マヨネーズがマヨラーにはたまらないですよね。これだけの野菜の量でも美味しいので、ペロリと完食しました。

Img_9226

麺は豚醤油などにも使われている極太麺です。少々硬めの茹で加減で、モチモチの弾力がたまりません。適度に縮れているので、食べ応え十分です。麺量も多めで、ガッツリいただけます。

超久々にぶんぶんの豚まぜをいただきましたが、野菜増しにしたこともありボリューム満点で美味しかったです。まぜそば(油そば)好きの方は、ぜひどうぞ!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 特製豚そば ぶんぶん(とくせいぶたそば ぶんぶん)
住所 : 長野県佐久市臼田1389-1
電話番号 : 0267-82-1508
定休日 : 水曜日(祝日の場合翌日)
営業時間 : 11:30~14:30 17:30~21:30
駐車場 : 15台
アクセス : 国道141号線沿い 臼田自動車教習所向かい 甲信マツダ佐久南店隣り(地図
メニュー : 豚醤油 750円、豚味噌 790円、豚塩 790円、豚こがし 790円、豚まぜ 750円、豚つけ 790円、王様中華そば 700円、お子様らーめん 50円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.06

まちゃの信州麺活日記 SNSサイトのご紹介

Bnner2016

いつも「まちゃの信州麺活日記」をご覧いただきありがとうございます。ブログの更新情報をお知らせるため、TwitterとFacebookページを開設しています。たまに新店・閉店・移転情報や、ラーメン関連の情報も投稿していきます。お気軽にフォローやいいねをしていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

Twitter   Facebook



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.05

らーめん専門店 繁心(小諸市)

小諸の「らーめん専門店 繁心」におじゃましました。

Img_9207

繁心は、小諸・御影新田の国道141号線沿いにお店を構えるラーメン店です。小諸や上田に4店舗の居酒屋とラーメン店を展開する竹幸商店グループの系列店になります。小諸の「麺賊 夢我夢中」と上田の「麺賊 喜三郎」は豚基本などのボリューム系の豚骨ラーメンがメインですが、こちらは博多系豚骨ラーメンをメインとして、様々なタイプのラーメンがいただけます。お店も広く小上がり席が多いので、大人数の家族連れなどでも利用しやすいお店となっています。

繁心のメニューはこのようになっています。月替わりの限定ラーメンも用意されています。

Img_9208

Img_9209

この日は限定の「黒こがし角煮麺」(918円)をいただきました。

「黒こがし角煮麺」(918円)
Img_9210

竹幸商店の3店舗のラーメン店では、2月の月替わり限定ラーメンとしてご当地ラーメンのインスパイアラーメンを提供しています。繁心では、熊本のご当地ラーメンである熊本ラーメンをインスパイアした一杯が提供されています。

スープは長時間炊いた濃度のある豚骨が使われており、熊本ラーメンでおなじみのニンニク焦がし油のマー油が合わされています。スープを一口いただくと、豚骨とともにマー油がしっかりとやってきます。どちらもクセが無いので、飲みやすいです。

トッピングは角煮に、キクラゲ、ネギ、生キャベツ、ゆで卵などが乗せられています。角煮はすごく柔らかく、トロトロで美味しいです。キクラゲのコリコリ感がたまりません。生キャベツが豚骨とマー油によく合います。

Img_9211

麺は中太のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの滑らかな口当たりと喉越しが美味しいです。麺量は標準的です。

熊本ラーメンをインスパイアした一杯ですが、熊本ラーメンといえばこの辺りでは青木村にある「熊本ラーメン 桃太郎」が有名ですよね。繁心の限定は桃太郎とは印象が違いますが、食べやすくてとても美味しかったです。特にトロトロ角煮が気に入りました!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : らーめん専門店 繁心(らーめんせんもんてん しげしん)
住所 : 長野県小諸市御影新田2595-5
電話番号 : 0267-26-5120
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~22:30
駐車場 : 20台
アクセス : 国道141号線沿い セブンイレブン小諸御影店隣り(地図
メニュー : 豚骨醤油 756円、和風醤油らーめん 756円、豚骨つけ麺 810円、博多長浜らーめん 702円、鶏醤油 734円、王様中華そば 756円、タンタン麺 777円、富士味噌らーめん 810円、お子様らーめん 432円 他
ホームページ : 公式サイト Facebookページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

麺's BLAND 文蔵BLACK(佐久市)

佐久の「麺's BLAND 文蔵BLACK」におじゃましました。

Img_9171

文蔵BLACKは、佐久・小田井の県道沿い、佐久インターウェーブにほど近いところにお店を構えるラーメン店です。佐久に3店舗のラーメン店を展開する文蔵グループの系列店になります。こちらも他の文蔵グループのお店と同じく、豚骨をメインとしたラインナップになっています。他の2店舗よりもメニュー数は多めで、いろんな客層に対応できます。

この日は「豚骨醤油らーめん」(730円)に、「半炒飯」(250円)を付けていただきました。

「豚骨醤油らーめん」(730円)+「半炒飯」(250円)
Img_9172

文蔵ブラックの一番人気で看板メニューの豚骨醤油に、新しいサイドメニューの半チャーハンも付けてみました。チャーハンは登場時は夜限定でしたが、最近になってすべての時間帯でいただけるようになりました。

Img_9173

スープは長時間炊き出した濃度のある豚骨が使われており、そこに醤油だれが合わされた豚骨醤油の王道のスープとなっています。この日は味濃いめ、油多めでオーダーしてみました。スープを一口いただくと、超濃い豚骨がガツンとやってきます。味濃いめオーダーですが薄口醤油を使っているそうで、しょっぱいという感じではなくじわじわと醤油が効いてきます。

トッピングはチャーシューにメンマ、生キャベツ、海苔などです。チャーシューは大きなバラロールチャーシューが1枚トッピングされています。こういった感じの豚骨醤油にメンマが乗るのは珍しいですが、色が濃い目のメンマに変更されていました。生キャベツが豚骨によく合います。

Img_9175

麺は太めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの滑らかな喉越しがたまりません。スープとの相性もバッチリです。麺量は普通でも200gと多めです。

Img_9174

新登場した文蔵BLACKのチャーハンを、初めていただきました。あっさり系のチャーハンで、サイドメニューとしてちょうど良い量です。

看板メニューの豚骨醤油に半チャーハンをいただきましたが、どちらも美味しかったです。両方オーダーしても1000円でお釣りがくるのは、うれしいですよね。文蔵グループはスープを工場で作るようになって、さらに安定感が増したと思います。文蔵のこれからのさらなる進化が楽しみです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺's BLAND 文蔵BLACK(めんずぶらんど ぶんぞうぶらっく)
住所 : 長野県佐久市小田井703-1
電話番号 : 0267-68-8123
定休日 : 水曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 : 11:30~14:30 17:30~21:30
駐車場 : 15台
アクセス : 佐久ICより車で3分 県道9号線沿い(地図
メニュー : 黒マー油豚骨らーめん 730円、安養寺みそらーめん 780円、豚骨醤油らーめん 730円、中華そば 680円、つけめん 780円、二郎系らーめん 830円 他
ホームページ : 公式サイト 公式ブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »