« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の記事

2017.05.21

中村屋@上田

上田の「中村屋」におじゃましました。

Img_7473

中村屋は、上田駅近くにお店を構える食堂です。食堂といってもほとんどのお客さんがうどんを注文するので、うどんのお店と言っていいかもしれません。上田市民なら誰でも知っているくらい有名なお店で、昨年の真田の大河ドラマブームで、観光客も多く訪れていました。

中村屋のメニューはこのようになっています。

Img_7474

この日は「馬肉うどん」(580円)をいただきました。

「馬肉うどん」(580円)
Img_7475

中村屋に訪店するほとんどのお客さんが注文するのが、こちらの看板メニューの馬肉うどんです。昔は単に「肉うどん」という表記でしたが、初訪の観光客も多くなってきたので、分かりやすく「馬肉うどん」という表記になりました。

うどんの上には馬肉を甘しょっぱく煮付けた物が乗せられている、シンプルなうどんです。馬肉は臭みは一切無く、とても美味しいです。うどんのつゆも濃いめになっています。うどんは柔らかめなのですが、煮込んだかのようにつゆも染みていて、美味しいんですよね。うどんの量もたっぷりで、お腹いっぱいになります。

たまに無性に食べたくなる中村屋の馬肉うどんですが、何度食べても美味しいです!もはや上田市民のソウルフードという感じです。ぜひみなさんも中村屋の馬肉うどん、いただいてみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 中村屋 (なかむらや)
住所 : 長野県上田市天神1-6-6
電話番号 : 0268-22-2014
定休日 : 水曜日
営業時間 : 11:00~21:00(LO 20:30)
駐車場 : 17台
アクセス : JR上田駅より徒歩2分 (地図
メニュー : 馬肉うどん 580円、天ぷらうどん 600円、月見うどん 600円、セット(馬肉うどん+ミニ天丼) 1000円、さくら丼 800円、馬刺定食 1300円 他



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.20

麺心 風見鶏@佐久

佐久の「麺心 風見鶏」におじゃましました。

Img_7463

風見鶏は、佐久インターウェーブ近くのパチンコ店敷地内にお店を構えるラーメン店です。以前は軽井沢で営業していましたが、店名も新たに昨年こちらに移転してきました。こだわりの鶏白湯がいただけると評判です。店内はカフェのようなオシャレな作りになっており、女性一人やカップルのお客さんにもうけそうな感じです。カウンター席にテーブル席が用意されています。

風見鶏のメニューはこのようになっています。すべてのラーメンが鶏白湯を使ったラーメンです。こちらは食券制になっています。

Img_7468

この日は「鶏甲」(1050円)をいただきました。

「鶏甲」(1050円)
Img_7464

お値段が張る一杯なのでいただくのを躊躇していましたが、どうしても食べたかったのでオーダーしてみることにしました。スープのベースは、丁寧に抽出した極上の鶏白湯で、そこに味噌と海老を合わせた一杯になります。スープを一口いただくと、鶏白湯は超濃度というわけではありませんが鶏の旨みがしっかりと感じられ、クセが無く飲みやすいです。味噌と海老がバランス良く効いてきます。

トッピングは海老に挽肉、ネギ、海苔などです。海老は炙られており、芳ばしい香りがたまりません。挽肉がスープによく合います。

Img_7467

麺は中太のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの喉越しとパッツリとした歯応えが美味しいです。麺量は標準的に感じました。

海老を使った味噌鶏白湯をいただきましたが、インパクトは無いもののバランスが良く美味しかったです。お値段は少々高めなのですが、もう少し価格を抑えてくれたらうれしいですね。何やら新メニューも登場予定とのことで、次回の訪店が楽しみです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺心 風見鶏 (めんしん かざみどり)
住所 : 長野県佐久市岩村田北1-5-2
電話番号 : 0267-77-7589
定休日 : 不定休
営業時間 : 11:30~15:00(LO) 18:00~23:30(LO)(土曜日 17:30~23:30(LO) 日曜日 17:330~21:00(LO))
駐車場 : 400台(共用)
アクセス : 県道9号食肉センター入口交差点近く パチンコ店敷地内 (地図
メニュー : 鶏白 900円、鶏赤 900円、鶏魚 900円、鶏黒 950円、鶏甲 1050円 他
ホームページ : http://www.eight-nine.flowers/kazamidori(公式サイト) https://www.facebook.com/eight89nine(Facebookページ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.18

食材工房 光志亭@佐久

佐久の「食材工房 光志亭」におじゃましました。

Img_7452

光志亭は、佐久・望月の国道沿いに新規オープンしたレストランです。佐久一萬里温泉内のレストラン「お食事処 ととろ亭」のご主人が独立してオープンさせました。ととろ亭でも評判だったラーメンをはじめ、かつ丼や定食が提供されています。お店は広々しており、天井が高く木を多用した落ち着いた雰囲気となってます。

光志亭のメニューはこのようになっています。メインのラーメンは様々なラーメンが取り揃えられています。

Img_7454

この日は「安養寺らーめん」(800円)をいただきました。

「安養寺らーめん」(800円)
Img_7455

佐久のご当地ラーメンとしておなじみの安養寺らーめんですが、光志亭でもいただくことができます。スープのベースはあっさり動物系で、そこに安養寺味噌を使った味噌だれが合わされています。スープを一口いただくと、あっさりながら動物系の旨みがしっかりと感じられ、味噌のコクが伝わってきます。辛味はありませんが、一緒に運ばれてくる八幡屋礒五郎の七味唐辛子で辛さをプラスできます。

トッピングはチャーシューにメンマ、モヤシ、コーンなどです。チャーシューは大きなバラロールチャーシューで、柔らかくて美味しいです。モヤシやコーンが、味噌のスープによく合いますね。

Img_7457

麺は細めの縮れ麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの喉越しと口当たりが美味しいです。縮れているので、スープがよく絡んできます。麺量は標準的に感じました。

安養寺味噌を使った佐久のご当地ラーメンをいただきましたが、味噌の旨みとコクがしっかりと感じられる美味しい一杯でした。米粉麺を使った塩ラーメンもおすすめとのことなので、ぜひまたうかがってみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 食材工房 光志亭 (しょくざいこうぼう こうしてい)
住所 : 長野県佐久市協和2359-5
電話番号 : 不明
定休日 : 不定休
営業時間 : 11:00~14:30(LO 14:00) 17:00~22:00(LO 21:00)
駐車場 : 15台
アクセス : 国道142号線 協和交差点近く (地図
メニュー : 醤油らーめん 600円、チャーシューめん 800円、王様中華そば 800円、安養寺らーめん 800円、佐久しおらーめん 800円、かつ丼 980円、みそかつ丼 980円、鳥から定食 850円、煮込みハンバーグ定食 1200円 他



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.05.16

おおぼし 上田本店@上田

上田の「おおぼし 上田本店」におじゃましました。

Img_7449

おおぼしは、上田・住吉にお店を構えるラーメン店です。上田や松本、安曇野に3店舗を展開するおおぼしグループの本店になります。看板メニューのばりこてをはじめとして、様々なラーメンが取り揃えられています。上田本店はお店も広く、カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。接客がとても丁寧で、気持ち良くラーメンをいただけます。

おおぼしの5月の限定メニューはこちらです。

Img_7445

この日は限定の「岩のり麺」(853円)をいただきました。

「岩のり麺」(853円)
Img_7446

長野県内のケーブルテレビで「塚田けんぢのみんなのラーメン」というラーメン番組が放映されていますが、番組の人気コーナー「ラーメン巌流島」で出品されたラーメンが、長野Komachiの企画で商品化されました。信州麺友会の各店で出品ラーメンが提供されていますが、おおぼしでは岩海苔を使ったインパクトのあるラーメンが提供されています。

それにしても、見た目のインパクトがすごいですね!岩海苔がこれでもかっていうくらいどっさりと盛られており、岩海苔しか見えません(笑) スープはあっさり系で魚介と背脂が効かせてあります。岩海苔を押しのけてスープをいただくと、魚介と背脂は控えめで、あっさりながら動物系がメインとなっています。

トッピングは、もちろん岩海苔に、見ませんがチャーシューやメンマがトッピングされています。岩海苔は磯の香りがプンプンで、とても美味しいです。スープを吸いまくって、食べ進めるとスープの量が半分になってしまうくらいです(笑)

Img_7448

麺はちょうど中くらいの太さの縮れ麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルモチの喉越しと弾力が美味しいです。縮れていることもあり、岩海苔もよく絡んできて美味しいです。

見た目がかなりインパクトのある一杯ですが、岩海苔が十分楽しめる美味しいラーメンでした。岩海苔好きの方は、ぜひ挑戦してみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : おおぼし 上田本店 (おおぼし うえだほんてん)
住所 : 長野県上田市住吉102-3
電話番号 : 0268-26-2690
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~22:00(LO)
駐車場 : 14台
アクセス : 国道18号線上田バイパス 住吉南交差点を西へ150m 染屋台グラウンド向かい (地図
メニュー : ばりこて 白 756円、ばりこて 赤 820円、ばりこて 魚介 820円、昭和中華そば 756円、信州みそらーめん 831円、つけめん 864円 他
ホームページ : http://www.ooboshi.net/(公式サイト)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

特製豚そば ぶんぶん@佐久

佐久の「特製豚そば ぶんぶん」におじゃましました。

Img_7432

ぶんぶんは、佐久・臼田の国道141号線沿いにお店を構えるラーメン店です。佐久に3店舗のラーメン店を展開する文蔵グループの3店舗目のお店となります。こちらのぶんぶんも他の文蔵グループと同じく豚骨をメインとしており、ぶんぶんは野菜がたっぷりと乗った二郎インスパイア系のラーメンが看板メニューとなっています。お店も広く小上がり席もあるので、小さなお子さん連れでも安心して利用できます。

この日は「豚醤油」(750円)をいただきました。

「豚醤油」(750円)
Img_7433

こちらの看板メニューとなる基本のラーメンが、豚醤油になります。野菜の量は多め、太麺と細麺から選べますがデフォルトの太麺でお願いしました。

スープは長時間丁寧に炊き出した豚骨で、そこに醤油だれが合わされています。スープを一口いただくと豚骨がガツンとやってきます。文蔵本店や文蔵BLACKとは少々異なりますが、それでも濃度の高い豚骨を味わうことができます。醤油だれは濃いめで、多めの野菜にも負けていません。途中でテーブル上のニンニクを投入すると、さらに美味しくなります。

トッピングはチャーシューにモヤシやキャベツなどの野菜です。チャーシューは大きなバラロールチャーシューで、食べ応え十分です。野菜増しでお願いしましたが、こんもりと山盛りで盛られています。しっかりと茹でられているので、これだけの野菜の量でもすんなりと食べられます。濃いめのスープと絡めていただくと、美味しいです。

Img_7434

麺は不規則にねじれているというか縮れている太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がたまりません。縮れているので、すすった時の口当たりも面白いです。麺量も多めで、ガッツリいただけます。

ぶんぶんはよく訪れるのですが、基本の豚醤油をいただくのは久々でした。濃いめの豚骨にたっぷりの野菜、モチモチ太麺の組み合わせ、最高です。ぜひまたうかがってみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 特製豚そば ぶんぶん (とくせいぶたそば ぶんぶん)
住所 : 長野県佐久市臼田1389-1
電話番号 : 0267-82-1508
定休日 : 水曜日(祝日の場合翌日)
営業時間 : 11:30~14:30 17:30~21:30
駐車場 : 15台
アクセス : 国道141号線沿い 臼田自動車教習所向かい (地図
メニュー : 豚醤油 750円、豚味噌 790円、豚塩 790円、豚こがし 790円、豚まぜ 750円、豚つけ 790円、王様中華そば 700円、お子様らーめん 50円 他
ホームページ : http://bunzoh.com/(公式サイト) http://ameblo.jp/bunzoh/(公式ブログ)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.14

麺賊 夢我夢中@小諸

小諸の「麺賊 夢我夢中」におじゃましました。

Img_7402

夢我夢中は、小諸・本町にお店を構えるラーメン店です。小諸や佐久、上田に居酒屋やラーメン店を展開する竹幸商店グループのラーメン部門の本店になります。ボリュームのある豚基本を看板メニューとして、様々なラーメンをいただけます。お店はこぢんまりしており、カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。

夢我夢中のメニューはこのようになっています。曜日限定メニューもあります。

Img_7403

Img_7404

この日は「29式豚骨醤油らーめん」(918円)に、「肉増し」(378円→0円)をトッピングしていただきました。

「29式豚骨醤油らーめん」(918円)+「肉増し」(378円→0円)
Img_7407

こちらの限定ですが、水曜日限定のラーメンになります。この日は火曜日でしたが、水曜日が臨時休業ということで、特別に提供されました。なおLINEクーポンで、肉増し(チャーシュー増し)をサービスでトッピングしました。こちらには半ライスが無料で付いてきます。

こちらは炒めた豚バラ肉が乗せられた肉そばのジャンルのラーメンになります。アリオ上田にあった「ブタドラゴン」が無くなった今、貴重な肉そばになります。スープのベースは豚骨で、そこに醤油だれが合わされています。スープを一口いただくと、超濃度というわけではありませんが豚骨がしっかりとやってきます。醤油だれも濃いめで、美味しいです。

トッピングは豚バラ肉に、ネギ、なると、海苔、卵黄、そして追加でトッピングしたチャーシューなどです。豚バラ肉はニラや玉ねぎなどと一緒にしっかりと炒められており、ボリュームがあって柔らかく美味しいです。ブラックペッパーの味付けが絶妙です。チャーシューも乗せて肉祭り状態になりましたが(笑)、チャーシューもトロトロに柔らかくて、美味しいです。卵黄を溶いて肉に付けて食べると、味付けがマイルドになります。

Img_7408

麺は少々平打ちっぽい太めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、独特のモチモチ感がたまりません。すすった時の口当たりも良く、かなり好きなタイプです。

ブタドラゴンが残念ながら食べられくなったので、東信方面では夢我夢中と喜三郎の29式が、貴重な肉そばとなりました。900円以上しますが、半ライスも付いてこのボリュームでしたら納得です。ぜひみなさんもいただいてみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺賊 夢我夢中 (めんぞく むがむちゅう)
住所 : 長野県小諸市本町2-3-3
電話番号 : 0267-22-0042
定休日 : 木曜日(祝日は営業)
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~21:00
駐車場 : 15台(火付盗賊と共用)
アクセス : 国道141号線 本町交差点近く (地図
メニュー : 豚基本 842円、和豚基本 939円、紅の豚基本 918円、豚骨醤油 810円、 まぜ基本 842円 他
ホームページ : http://hituketouzoku.com/(公式サイト) https://www.facebook.com/mugamuchu.komoro(Facebookページ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.13

信州そば処 ふるさとの草笛@東御

東御の「信州そば処 ふるさとの草笛」におじゃましました。

Img_7395

Img_7390

ふるさとの草笛は、東御の郊外にお店を構えるおそば屋さんです。草笛という名前が付きますが、東御の草笛は小諸や佐久、上田、長野に何店舗もそば店を展開する草笛と経営が異なり、のれん分け店になります。のれん分け店といってもほぼ同じおそばが同じようにリーズナブルにいただけます。こちらの草笛はお店がかなり広いので、大人数のお客さんにも対応できます。

ふるさとの草笛のメニューはこのようになっています。他にオリジナルの「為右ェ門そば」なども用意されています。

Img_7391

この日は「もり蕎麦」(660円)をいただきました。

「もり蕎麦」(660円)
Img_7393

Img_7394

フォルムはオリジナルの草笛とまったく一緒で、桶のような器で運ばれてきます。そば粉が7、つなぎが3の割合で打たれていて、通常の二八そばよりもつなぎの割合が多いです。細めに打たれたおそばはおそばの香りはそれほど強くはありませんが、ツルツルの喉越しが最高です。ちょっと甘めのつゆが特徴ですが、個人的には好きです。おそばの量は普通のお店の大盛くらいあるので、お腹いっぱいになります。

他にサイドメニューとして「かき揚げ」(280円)をいただきました。

「かき揚げ」(280円)
Img_7392

東御の草笛のかき揚げは結構好きで、訪店するとだいたいオーダーするほどです。カラッと丁寧に揚げられており、大きな海老がプリッとして美味しいです。2つに切られているので、食べやすいです。

久々に東御の草笛にうかがいましたが、美味しいおそばとかき揚げをリーズナブルにお腹いっぱいいただくことができました。これから暑くなってくると、さらい訪店頻度が上がりそうです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 信州そば処 ふるさとの草笛 (しんしゅうそばどころ ふるさとのくさぶえ)
住所 : 長野県東御市加沢435-1
電話番号 : 0268-63-1888
定休日 : 年中無休 (ただし月に1日程度の休業あり)
営業時間 : 11:00~15:00 (土日祝のみ17:30~20:00も営業)
駐車場 : 30台
アクセス : 国道18号線牧家西交差点を曲がり、T字路の交差点を左に曲がりすぐ (地図
メニュー : もり蕎麦 660円、くるみ蕎麦 930円、とろろ蕎麦 900円、野菜天ざる蕎麦 1200円、海老天ざる蕎麦 1500円、豚角煮づけ蕎麦 1300円、かけ蕎麦 660円、山菜蕎麦 800円、たぬき蕎麦 700円、かき揚げ天ぷら蕎麦 900円 他
ホームページ : http://kusabue.jp/(公式サイト)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.12

麺匠 文蔵@佐久

佐久の「麺匠 文蔵」におじゃましました。

Img_7383

文蔵は、佐久・岩村田の住宅街にお店を構えるラーメン店です。佐久の豚骨の名店として、人気があります。先日南松本で開催されていた「信越麺戦記」にも出店して、人気を博しました。僕も好きなお店の一つで、ちょくちょく通っています。ラーメンの味もさることながら、丁寧な接客が印象的です。

この日は「らぁめん」(730円)をいただきました。

「らぁめん」(730円)
Img_7384

こちらが文蔵で一番基本となる豚骨ですが、信越麺戦記にも出品していた一杯との違いを確認してみたくてオーダーしました。スープはもちろん超濃度の豚骨が使われています。とろみさえ感じるスープを一口いただくと、麺戦記と同じように、力強い豚骨がどっしりとやってきます。ただ麺戦記よりも豚骨臭が抑えられているような印象を受けました。醤油だれも濃いめですが、これが美味しいんですよね。

トッピングはチャーシューにほうれん草、ネギ、海苔などです。チャーシューは大ぶりなバラロールチャーシューが1枚乗っており、炙られているので芳ばしくて美味しいです。ほうれん草が濃厚な豚骨によく合います。

Img_7385

麺は太めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルモチの喉越しと食感がいいですね。かなり好きなタイプの太麺です。

文蔵の基本のらぁめん、相変わらず安定した豚骨をいただくことができました。この安定感は本当に抜群だと思います。ぜひみなさんも文蔵の豚骨をいただいてみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 (めんしょう ぶんぞう)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~21:00
駐車場 : 10台(お店の前に4台、少し離れた場所に6台)
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ (地図
メニュー : らぁめん 730円、文蔵らぁめん 980円、つけそば 780円、味噌らぁめん 780円、真・らぁめん 780円、風魚らぁめん 780円、塩らぁめん 780円 他
ホームページ : http://bunzoh.com/(公式サイト) http://ameblo.jp/bunzoh/(公式ブログ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.11

らーめん 月の兎影@松本

松本の「らーめん 月の兎影」におじゃましました。

Img_7375

月の兎影は、松本・南松本にお店を構えるラーメン店です。あさりとしじみを100%使ったこの辺りでは珍しいラーメンを看板メニューとして、様々なタイプのラーメンをいただけると評判のお店です。店内はカウンター席にテーブル席が用意されています。カフェのようなオシャレな店内が印象的です。

月の兎影のメニューはこのようになっています。レギュラーメニューの他に、月替わりの限定メニューなども用意されています。

Img_7370

Img_7371

Img_7372

この日は限定の「えび塩白湯ラーメン」(880円)をいただきました。

「えび塩白湯ラーメン」(880円)
Img_7373

こちらは5月の月替わりの限定ラーメンになります。月の兎影の限定は毎月評判が良いので、期待が高まります。スープのベースは豚骨で、そこに海老を合わせてあります。味は塩味になります。スープを一口いただくと、豚骨はややマイルドですが、海老がガツンと効いてきます。この海老感、ハンパないですね!海老好きにはたまらないスープに仕上がっています。

トッピングはチャーシューにメンマ、水菜、ネギ、味玉などです。チャーシューはトロトロで、箸で持つと崩れてしまうくらいすごく柔らかくて美味しいです。メンマは太めですが、こちらも柔らかくて食べやすいです。月の兎影は全ラーメンとつけ麺に味玉が丸々1個トッピングされていますが、これはうれしいですよね。

Img_7374

麺は中太の縮れ麺が使われています。加水高めの麺は茹で加減はちょうど良く、プリプリの口当たりと、ツルモチの喉越しと弾力がかなり好きなタイプです。縮れているので、スープがよく絡んできます。

限定の海老と豚骨のラーメンをいただきましたが、海老がこれでもかっていうくらい効いてきて、かなり美味しかったです。値段は少々高めですが、この内容でしたら納得です。小諸からは遠いのでなかなかうかがえませんが、ぜひまた訪店してみたいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : らーめん 月の兎影 (らーめん つきのとかげ)
住所 : 長野県松本市双葉7-23
電話番号 : 0263-31-3015
定休日 : 月曜日
営業時間 : 11:30~14:30(LO) 17:30~材料終了まで(22:30(LO))
駐車場 : 27台(共用)
アクセス : JR南松本駅から徒歩3分 (地図
メニュー : あさり ~潮(うしお)~ 880円、中濃とんこつ 750円、特濃魚介とんこつ 850円、白みそとんこつ 850円、節と白湯の中華そば 730円 他
ホームページ : https://www.facebook.com/786231241436674/(Facebookページ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

いなか蕎麦 なごみや@小諸

小諸の「いなか蕎麦 なごみや」におじゃましました。

Img_7339

なごみやは、小諸・平原の平原交差点近くにお店を構えるおそば屋さんです。製粉から自家で行うこだわりのそば店ですが、セルフサービスにしてリーズナブルに美味しいおそばをいただけます。最近は口コミも広まり、週末などはかなり混むようになってきました。僕も好きなお店で、よくうかがっています。

なごみやのメニューはこのようになっています。

Img_7342

この日は「ざるそば(並)」(590円)をいただきました。

「ざるそば(並)」(590円)
Img_7340

Img_7341

なごみやのさるそばには、きんぴらごぼうが付いてきます(天ざるそばには無し)。すごく細めに打たれていますがしっかりとしたコシがあり、ツルツルの口当たりと喉越しがとても良いです。おそばの香りもしっかりとして、とても美味しいです。量もお値段の割には多めです。

これだけ美味しいおそばをリーズナブルにいただけ、本当にうれしい限りです。ぜひみなさんも、出かけてみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : いなか蕎麦 なごみや (いなかそば なごみや)
住所 : 長野県小諸市平原1062-2
電話番号 : 0267-25-7701
定休日 : 月曜日
営業時間 : 11:00~16:00(そば売り切れで終了)
駐車場 : 10台
アクセス : 国道18号線 平原交差点近く (地図
メニュー : ざるそば(並) 590円、ざるそば(大) 700円、天ざるそば(並) 910円 他



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

よし味食堂@上田

上田の「よし味食堂」におじゃましました。

Img_7326

よし味食堂は、上田市街の信州上田医療センター近くにお店を構える食堂です。かつ丼などの丼物にラーメンなど地元の老舗の食堂として、とても人気があります。上田の方が絶賛するのでいつかは行きたいと思っていたのですが、ようやく訪店する事ができました。お店はアットホームな感じで、カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。

よし味食堂のメニューはこのようになっています。丼物やラーメン類など、豊富に取り揃えられています。

Img_7327

数あるメニューの中から、この日は「五目そば」(800円)をいただきました。

「五目そば」(800円)
Img_7330

こちらのラーメンですが、よし味食堂ではあんかけ焼きそばと並んで人気のあるラーメンです。スープは動物系に魚介を効かせたあっさり塩味スープになっています。スープを一口いただくと、魚介が前面にじんわりと出てきて、野菜の甘みがしっかりと効いてきます。インパクトは無いものの、優しいスープに仕上がっています。

トッピングはチャーシューにゆで玉子、たっぷりの野菜や魚介などがこれでもかっていうくらい、どっさりとトッピングされています。とてもボリュームがあって、美味しいです。

Img_7331

麺はかなり細い縮れ麺が使われています。おそらくこちらでも提供されている上田ソウルフードのあんかけ焼きそばにも使われている麺だと思います。ツルツルの口当たりと喉越しが最高です。麺量も多めで、ガッツリいただけます。

初めてよし味食堂にうかがいましたが、老舗のアットホームな食堂、かなり気に入りました。他のメニューも気になるので、またうかがいたいと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : よし味食堂 (よしみしょくどう)
住所 : 長野県上田市緑が丘1-2-4
電話番号 : 0268-22-3338
定休日 : 水曜日(月一回連休あり)
営業時間 : 11:00~13:40 17:00~21:00
駐車場 : 10台
アクセス : 信州上田医療センター近く (地図
メニュー : かつ丼 800円、ミックス丼 800円、とり唐揚カレー 950円、チャーシューメン 750円、五目そば 800円、五目焼きそば 800円 他
ホームページ : https://twitter.com/yoshimishokudou(Twitter)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.05.08

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 麺や鳥の鶏次(大阪) 「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」

Img_7363

大阪からやってきた鶏ラーメン専門店の一杯をいただきました。大阪は人口の割にはラーメン店はそれほど多くないようですが、そんな中でも人気のあるお店だそうです。後半戦の中でも気になる一杯です。

「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」
Img_7365

野菜や魚介を一切使わず、鶏100%だけを使った濃度のある鶏白湯スープです。真っ白なとろみのあるスープを一口いただくととてもクリーミーで、まるで洋風のポタージュスープのような感じです。鶏の上品な旨みと甘みがしっかりと効いてきます。焦がしネギがいい仕事をしています。

トッピングはチャーシューにネギ、かいわれ大根などです。チャーシューは大きくて細長い形をしていて、炙られておりカリカリの食感がたまりません。

Img_7366

麺は中太ストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、滑らかな喉越しと口当たりが印象的です。スープに濃度があるので、スープをよく持ち上げます。

鶏100%の濃厚鶏白湯スープですが、今まで食べた事の無いような鶏白湯、個人的にかなり好きなタイプです。チャーシューも美味しかったですし、今回の信越麺戦記の中でもお気に入りの一杯です!ヘ(^o^)/


信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 東京スタイルみそらーめん ど・みそ(東京) 「濃厚東京スタイル味噌らーめん」

Img_7360

東京で人気の味噌ラーメン専門店が出店してきました。東京方面に何店舗も展開している、割と規模の大きなお店だそうです。後半戦に出店している3杯の味噌の中でここが一番気になったので、いただいてみることにしました。

「濃厚東京スタイル味噌らーめん」
Img_7361

コーンが乗っているなど、王道の味噌ラーメンのようなフォルムをしています。スープ自体の濃度が高いかと思いきや割とあっさり目ですが、スープを一口いただくと味噌のコクと香りが口の中いっぱいに広がります。ピリとっした辛味もあって、とても美味しい味噌となっています。

トッピングはチャーシュー代わりのバラ肉にコーン、モヤシ、ネギ、海苔などです。お肉は柔らかくて美味しいです。肉増しにすればよかったと後悔しています(笑) コーンは味噌によく合いますよね。

Img_7362

麺は中太のウェーブのかかった麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がかなり好みです。やはり味噌には太麺ですよね。

濃いめの味噌がしっかりと感じられる美味しい一杯で、モチモチの太麺も最高でした。東京方面にも味噌ラーメンの美味しいお店が増えて、うれしい限りです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.06

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 後半戦 鶏と煮干しの中華そば 市松(新潟) 「佐渡前 あご出汁潮らーめん」

Img_7356

新潟に今年3月にオープンしたばかりの新店ですが、早くもラーメンイベントに出店してきました。焼きあごや煮干しなどを使った魚介系のラーメンで、後半戦で一番あっさり系の一杯になります。

「佐渡前 あご出汁潮らーめん」
Img_7357

スープは焼きあごと煮干しを使った上品な魚介スープとなっています。澄んだスープを一口いただくと、あごと煮干しがじんわりと感じられます。塩味もあくまでも優しく効いてきます。柚子が入っていて、いい仕事をしています。

トッピングはチャーシューに青梗菜、キクラゲなどとシンプルです。チャーシューは箸で持つとホロホロと崩れるくらい柔らかいです。

Img_7358

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの喉越しが良いです。あっさりスープとの相性も良いです。

インパクトこそ無いものの、魚介が優しくて癒やされるような一杯でした!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 麺匠 文蔵(長野) 「男の濃熟豚骨醤油」

Img_7313

佐久の代表的な豚骨ラーメンのお店である、我が地元の文蔵が出店してきました。信州麺友会の枠での出店は過去にありますが、7日間のフル参戦は初めてになります。僕も好きな文蔵の出店は、本当にうれしい限りです。

「男の濃熟豚骨醤油」
Img_7315

こちらの豚骨ですが、文蔵の豚骨をさらにブラッシュアップしたスペシャルな豚骨が使われており、醤油だれが合わされています。とろみさえ感じるスープを一口いただくと、文蔵でおなじみの男臭い豚骨がどっしりとやってきます。この豚骨臭が何とも言えません。醤油だれも濃いめで、豚骨醤油の王道のようなスープに仕上がっています。

トッピングは、地元からの参戦といいうことで応援も兼ねて「得製盛」(300円)を追加トッピングしました。チャーシューにほうれん草、ネギ、海苔、味玉などです。チャーシューはホロホロと柔らかくて美味しいです。ほうれん草や海苔は、豚骨醤油によく合いますね。

Img_7316

麺はイベントということで太麺ではなく、中細ストレート麺が使われていました。茹で加減はちょうど良く、パツパツの弾力が美味しいです。中細麺なのでスープに濃度があることもあって、スープが麺に絡みまくってきます。

いつも通っている文蔵のスペシャルな一杯でしたが、文蔵本店のスープに近い印象受けました。文蔵本店の豚骨をさらに濃度を上げた本格的な豚骨、かなり好みです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.03

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 らーめん潤(新潟) 「燕三条中華そば」

Img_7310

新潟のご当地ラーメンである燕三条系ラーメンで有名な潤です。新潟県をはじめ東京などにも何店舗も展開している人気店です。信越麺戦記にも過去に何度も出店しているので、みなさんもおなじみだと思います。個人的にも燕三条系は好きで、信越麺戦記に潤がやって来たときには必ず食べているほどです。

「燕三条中華そば」
Img_7311

煮干しに背脂を効かせたおなじみのスープですが、煮干しがガツンと来るもののクセが無くて飲みやすいです。背脂の甘みが相まって、とても美味しいです。醤油だれが濃いめで、醤油のコクが効いてきます。

トッピングはチャーシューにメンマ、刻み玉ねぎ、岩海苔などと、おなじみの具材が乗せられています。チャーシューはトロトロに柔らかくて美味しいです。刻み玉ねぎと岩海苔は、無くてはならないアイテムですよね。

Img_7312

麺はイベント用としては太めの加水高めの麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力が味わえます。こういうタイプの麺、個人的にはかなり好きです。

イベントでもおなじみの潤ですが、相変わらず安定して美味しい燕三条系ラーメンをいただくことができました。またどこかのイベントで出店したら、必ずいただいてみようかと思います!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 渋谷 我武者羅 TOKYO(東京) 「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」

Img_7306

東京の有名人気店「我武者羅」が出店してきました。こちらは直前にもいただいた灯花と同じく鯛を使っているので、比べてみたくていただいてみることにしました。ちょっと強面のお兄さん達が切り盛りしていましたが(笑)、とても丁寧な仕事ぶりでした。

「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」
Img_7308

こちらの一杯ですが、スープは鶏白湯に鯛を合わせたWスープになっています。真っ白なスープを一口いただくと、鶏白湯よりは鯛が前面に出てきます。灯花とはまた違った鯛の旨みがしっかりと感じられます。こってりはしていますが、しつこさはなくとても飲みやすいです。

トッピングはチャーシューに三つ葉、ネギなどとシンプルです。チャーシューはバラ肉のようになっており、食べ応え十分です。三つ葉がいい仕事をしています。

Img_7309

麺はイベントとしては珍しく太ストレート麺で、丸い断面をしています。茹で加減はちょうど良く、太麺ながらツルツルの滑らかな口当たりがかなり気に入りました。

鶏白湯と鯛という珍しい組み合わせでしたが、鯛がしっかりと効いてきて美味しかったです。特に滑らかは太麺が個人的にはハマりました!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.01

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 前半戦 鯛塩そば 灯花(愛媛) 「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」

Img_7303

真鯛100%を使ったラーメン店が出店してきました。愛媛となっていますが、使われている真鯛が愛媛産ということで、お店は東京にあります。食べた方の評判がすごく良かったので、期待が高まります。

「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」
Img_7304

真鯛を100%使った、この辺りでは食べることのできないような珍しいスープとなっています。透明感のあるスープを一口いただくと、鯛の上品な旨みがじんわりと伝わってきます。上品ながら鯛がこれでもかっていうくらい感じられ、かなり僕好みです。塩だれも癒やされるように優しく効いてきます。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、麩などです。チャーシューはとろけるように柔らかくて美味しいです。メンマは極太ながら柔らかくて食べやすいです。麩がモチモチでした。

Img_7305

麺は細めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、しなやかなコシとスルスルと入っていく喉越しが最高です。スープとの相性も良いです。

今回の信越麺戦記で今までいただいたラーメンの中で、個人的にはずば抜けて断トツに好きなタイプです。これだけしっかりと鯛が感じられるスープはなかなか味わえないと思います。東京方面に行った際は、ぜひうかがってみたいお店です!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ