« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014.05.31

自家製麺 らあめん 寸八@千曲

千曲の「自家製麺 らあめん 寸八」におじゃましました。

Dsc04204

Dsc04203

Dsc04193

寸八は、千曲・戸倉の国道18号線沿いに新規オープンしたラーメン店です。松本の超人気店「らあめん 寸八」の支店として、5/29にオープンしたばかりです。寸八グループは何店舗かあるのですが、今まではブランドが異なるラーメンを展開していました。今回は、堂々と寸八ブランドで出店してきました。人気店の支店ということで、期待が高まります。

お店は以前くるまやラーメンがあったところを改装してオープンしました。カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。お店の奥には自家製麺のための製麺室が完備されています。

寸八のメニューはこのようになっています。基本的に松本の寸八のメニューを踏襲しています。

Dsc04195

Dsc04197

この日は「豚骨醤油らあめん(並)」(756円)に、「ご飯(中)」(216円)を付けていただきました。

「豚骨醤油らあめん(並)」(756円)+「ご飯(中)」(216円)
Dsc04199

寸八といったら、やっぱりこの豚骨醤油らあめんですよね。創業当時からの看板メニューとなっています。寸八の豚骨醤油にはライスがよく合うのでオーダーしました。なおライスは、どのサイズでも同価格です。

Dsc04201

スープのベースは長時間炊き出した濃厚な豚骨で、そこに醤油だれが合わされています。スープを一口いただくと、豚骨の旨みがしっかりとやってきます。とてもクリーミーで嫌みが無いスープに仕上がっています。醤油だれも角が無くまろやかです。適度な油の層で、こってり感を演出しています。味の濃さや油の量は普通でお願いしましたが、もちろん増減もできます。

トッピングはチャーシューにキャベツ、ほうれん草、海苔などです。それにしてもチャーシューは食べ応えがありますね~ この厚さにビックリで、かぶりつくようにしていただきます。キャベツやほうれん草は豚骨醤油によく合いますよね。海苔が3枚もトッピングされているのはうれしいですよね。海苔をスープに浸してライスに巻いて食べるのがマイブームです。

Dsc04202

麺は太めのストレート麺が使われています。店名にもあるように、自家製麺となっています。丸い断面の麺ですが茹で加減はちょうど良く、パツパツとした心地良い弾力が素晴らしいですね。すすった時の口当たりも最高です。さすがは自家製麺ですね~ もちろん麺の硬さも指定できます。

あの人気の寸八の支店ということですが、本店と変わらず美味しい豚骨醤油をいただくことができました。クリーミーで濃厚な豚骨に歯切れの良い太麺、そして隙の無いトッピング、本当にいいですよね~ 千曲市での出店で、松本まで行かずに済むのはうれしい限りです。バラエティーに富んだメニューも魅力的なので、ぜひまたうかがってみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 自家製麺 らあめん 寸八 (じかせいめん らあめん ずんぱち)
住所 : 長野県千曲市戸倉603-1
電話番号 : 026-214-3708
定休日 : 水曜日
営業時間 : 11:30~15:30 17:00~22:00
駐車場 : 20台
アクセス : 国道18号線 柏王交差点近く (地図
メニュー : 豚骨醤油らあめん(並) 756円、あっさり支那そば(並) 702円、みそらあめん(並) 810円、油そば(並) 648円、つけ麺 918円、肉胡椒ごはん 324円 他

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014.05.29

夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 佐久岩村田店@佐久

佐久の「夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 佐久岩村田店」におじゃましました。

Dsc04182

喜三郎 佐久岩村田店は、佐久・岩村田の岩村田商店街にできた飲食店施設「つどいの館 中山道 岩村田宿 こてさんね」内に新規オープンしたラーメン店です。こてさんねは、飲食店が何店舗か入っていますが、その一つとして営業開始しました。火付盗賊グループとして上田・古里に同名のラーメン店がオープンしましたが、その支店となります。夢我夢中、喜三郎 上田店に次いで、3店舗目のラーメン店です。

Dsc04186

上田のお店は広いですが、こちらの喜三郎はカウンター席が6席だけとこじんまりしています。スタッフとの距離が近いので、ラーメンを作る工程がつぶさに見られるのはいいですよね。

喜三郎 佐久岩村田店のメニューはこのようになっています。二郎系のラーメンがメインですが、上田店よりもメニューが絞られています。夢我夢中でもおなじみの基本系に、あっさり中華そばのラインナップになっています。

Dsc04187

この日は「豚基本」(780円)をいただきました。

「豚基本」(780円)
Dsc04190

こちらが喜三郎で一番基本となる看板メニューです。野菜増し、脂増しでお願いしました。スープは長時間炊き出した豚骨が使われており、そこに醤油だれが合わされています。スープを一口いただくと、豚骨の旨みがガツンとやってきます。脂増しにした背脂の甘みがしっかりと伝わってきます。ニンニクを混ぜることにより、さらにパンチの効いたスープに変化していきます。

トッピングはチャーシューにモヤシやキャベツなどの野菜、糸唐辛子などです。チャーシューは通常よくあるようなチャーシューではなく、ほぐし肉が使われているのが面白いですよね。とても柔らかく多めに乗っており、食べ応え十分です。野菜増しにしましたが、丼からこぼれてしまうくらいの迫力がありますね。モヤシだけでなくキャベツが多めなどもうれしい限りで、ガッツリ野菜をいただけました。

麺は喜三郎の上田店で自家製麺した平打ち麺が使われています。パツっとした弾力が心地良いですね。麺量は標準でも200gあって食べ応え十分です。なお、麺大盛りは無料で応じてくれます。

二郎インスパイアのラーメンが食べられるお店も多くなりましたが、そんな中でも喜三郎は個人的にかなり好きなタイプです。豚骨スープも麺も美味しくて、つい箸が進んじゃいます。野菜増しはもちろんのこと、麺大盛りまで無料なのはうれしい限りですよね。ぜひみなさんもうかがってみて下さいね~!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 佐久岩村田店 (むがむちゅうぶらんど めんぞく きさぶろう さくいわむらだてん)
住所 : 長野県佐久市岩村田741 「つどいの館 中山道 岩村田宿 こてさんね」内
電話番号 : 無し
定休日 : 木曜日(祝日は営業)
営業時間 : 11:30~14:00 18:00~23:00
駐車場 : 15台(共用)
アクセス : 岩村田本町交差点近く (地図
メニュー : 豚基本 780円、和豚基本 870円、紅の豚基本 850円、焦し豚基本 850円、中華そば 700円 他
jホームページ : http://hituketouzoku.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.27

スシロー@佐久

佐久の「スシロー」におじゃましました。

Dsc04172

スシローは一皿108円均一の回転寿司チェーンとしておなじみですよね。最近はかっぱ寿司を抜くような勢いがあります。県内にもお店が増えてきましたが、東信地方にあるスシローは佐久だけです。

この日は10皿のお寿司をいただきました。

まぐろ
Dsc04156

回転寿司に来たら絶対食べたくなるのがまぐろですよね。しっとりとした舌触りが美味しいです。

たらこのいくらのせ
Dsc04158

こちらは期間限定の一貫物のお寿司です。たらこの上にいくらを乗せた豪華なお寿司ですね~

漁師風鯵なめろう
Dsc04160

こちらは期間限定のお寿司になります。鯵を細かく叩いて味噌だれで和えたなめろうの軍艦です。

シーサラダ
Dsc04161

シーフードを使った軍艦巻きです。海鮮の旨みがギュッと凝縮されていて、美味しいです。

さんま香味にぎり
Dsc04162

さんまを炙ったお寿司です。たれの芳ばしい香りが食欲をそそります。

はまち
Dsc04164

それにしても食べ応えがありますね~ プリッとした身が美味しいです。

えび天にぎり
Dsc04165

オーダーしてから揚げるので、揚げ立てでサクサクのえび天がいただけます。

焼豚ねぎまみれ
Dsc04167

チャーシューの上にたっぷりの九条ネギとたれがかけられた創作寿司ですが、結構好きなんですよね~

あじ
Dsc04169

光り物も好きなネタの一つです。あじ独特の風味がいいですね。

炙りサーモンバジルチーズ
Dsc04171

サーモンにバジルとチーズを乗せ炙った創作寿司です。チーズの香りとサーモンがよく合います。

この日もバラエティーに富んだ美味しいお寿司をいただくことができました。定番のネタだけではなく、常に新しいネタを続々と投入しているので、飽きずにいただけるのがうれしいですよね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : スシロー 佐久平店 (すしろー さくだいらてん)
住所 : 長野県佐久市佐久平駅東10-1
電話番号 : 0267-66-7670
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~23:00(LO 22:30) (土日祝は10:30~)
駐車場 : 90台
アクセス : JR佐久平駅より徒歩5分 国道141号線沿い メンズプラザアオキ隣り (地図
メニュー : 全品108円 (一部194円のお寿司あり/メニューの詳細は下記サイトをご覧下さい)
ホームページ : http://www.akindo-sushiro.co.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.25

麺爆 怒門 東御浅間サンライン店@東御

東御の「麺爆 怒門 東御浅間サンライン店」におじゃましました。

Dsc04148

Dsc04149

怒門は、東御の浅間サンライン沿いに新規オープンしたラーメン店です。以前ここには「梅の家」というラーメン店がありましたが閉店し、そこに居抜きとしてオープンしました。怒門は新潟県上越に本店があり、その他に新潟市や中野市などに支店があります。その支店としてこの度東御に新規オープンしました。店内の雰囲気は以前と同じようで、カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。

怒門のメニューはこのようになっています。こちらは食券制ですので、まず食券を購入してお店の方に渡します。

Dsc04150

この日は「豚骨醤油」(750円)をいただきました。

「豚骨醤油」(750円)
Dsc04153

初訪なのでまずは看板メニューの「らーめん基本」をいただくところですが、先日の信越麺戦記で同メニューをいただたのであえて外してこちらをオーダーしてみました。見た目は横浜家系のラーメンにそっくりですよね。スープは豚骨でそこに醤油だれが合わされています。スープの味の濃さや油の量は調整してもらえますが、まずはデフォルトでいただきました。乳化したスープを一口いただくと、豚骨がどっしりとやってきますね~ 油層も多めでこってり感を演出しています。醤油だれの濃さは個人的にはちょうど良い感じでしたが、ちょっと濃いめに感じる方もいるかもしれません。美味しいので、思わずスープを完飲してしまいました。

トッピングはチャーシューにほうれん草、生キャベツ、海苔、刻みネギなどです。チャーシューは柔らかく濃いめの味付けが印象的です。ほうれん草や生キャベツが家系らしいですが、どちらも濃厚な豚骨醤油によく合います。

Dsc04154

麺は太めのウェーブのかかった麺が使われています。茹で加減は指定できますがノーマルでお願いしました。モチモチの弾力とツルッと入っていく喉越しがいいですね~ 濃厚なスープにも負けていません。麺量は少なめに感じたので、ガッツリ食べたい方は大盛でオーダーすると良いでしょう。

あえて看板メニューを外して豚骨醤油をいただきましたが、スタンダードな家系ラーメンで満足度は高いです。スープは超濃厚というわけではありませんが、しっかりと乳化していて豚骨の旨みが味わえ美味しかったです。他にはつけ麺なども用意されているようなので、ぜひまた出かけてみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺爆 怒門 東御浅間サンライン店 (めんばく どもん とうみあさまさんらいんてん)
住所 : 長野県東御市滋野乙4750-1
電話番号 : 0268-63-2455
定休日 : 月曜日
営業時間 : 11:30~14:30 18:00~21:00
駐車場 : 20台
アクセス : 浅間サンライン沿い 別府交差点近く (地図
メニュー : らーめん基本 700円、豚骨魚介つけ麺 800円、豚骨醤油 750円、らーめん対極 650円、中華そば 600円 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.23

いなか蕎麦 なごみや@小諸

小諸の「いなか蕎麦 なごみや」におじゃましました。

Dsc04085

なごみやは、小諸・平原の国道18号線近くにお店を構えるおそば屋さんです。オープンしてそれ程経っていませんが、美味しいおそばをリーズナブルにいただけるので、ちょくちょく利用させてもらっています。清潔感あふれる店内が印象的で、こちらはセルフサービスとなっています。

なごみやのメニューはこのようになっています。表示は税抜価格rとなっており、以前と比べて消費増税で少々値上げされていました。

Dsc04083

この日は基本の「ざるそば(並)」(570円)をいただきました。

「ざるそば(並)」(570円)
Dsc04080

こちらは前金のセルフ式になっています。おそばは店員さんが運んでくれますが、水やお茶、つけ汁などは自分で用意するようになっています。

Dsc04081

おそばは製粉から自家製粉したおそばが使われています。細めに打たれたおそばは、殻まで一緒に入っている挽きぐるみとなっています。ツルツルの喉越しがいいですね~ おそばの香りもまずまずてとても美味しいです。並でも多めの量がいただけます。

Dsc04082

こちらにはきんぴらが付いてきます。味付けも良く、柔らかくて美味しいです。このちょっとした心遣いがうれしいですよね。

これだけ美味しいおそばがこのお値段でいただけるのはうれしいですよね。地味な感じのするお店ですが、みなさんにオススメできます。ぜひ出かけてみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : いなか蕎麦 なごみや (いなかそば なごみや)
住所 : 長野県小諸市平原1062-2
電話番号 : 0267-25-7701
定休日 : 月曜日
営業時間 : 11:00~15:30(そば売り切れで終了)
駐車場 : 10台
アクセス : 国道18号線 平原交差点近く (地図
メニュー : ざるそば(並) 570円、ざるそば(大) 675円、天ざるそば(並) 880円 他

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.05.20

夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 上田店@上田

上田の「夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 上田店」におじゃましました。

Dsc04104

Dsc04103

喜三郎は、上田・古里の住宅街に新規オープンしたラーメン店です。小諸に二店舗を展開する火付盗賊グループのお店「麺賊 尽者」として営業していましたが、この度メニューも新たにリニューアルオープンしました。お店の雰囲気は以前と同じで、カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。丁寧で気持ち良い接客が印象的です。

喜三郎のメニューはこのようになっています。小諸の「夢我夢中」に似たラインナップとなっています。

Dsc04106

Dsc04107

この日は「豚基本」(780円)をいただきました。

「豚基本」(780円)
Dsc04112

豚基本は、小諸の夢我夢中でもおなじみのいわゆる「二郎インスパイア」と呼ばれているジャンルのラーメンとなります。豚骨スープに太麺、野菜たっぷりのおなじみのフォルムです。スープは長時間炊き出した豚骨スープで、そこに醤油だれが合わされています。スープを一口いただくと、豚骨の旨みがしっかりと伝わってきます。背脂が振られていますが、背脂の甘みが豚骨スープによく合います。ニンニクを溶くことにより、さらにパンチが増します。もちろんニンニク無しにも対応してくれます。

トッピングはチャーシューに、モヤシやキャベツなどの野菜、糸唐辛子などです。チャーシューはほぐし肉になっていますが、柔らかくてしっかりとした味付けが美味しいです。野菜はもちろんボリュームがありますが、キャベツが多めなのがうれしい限りです。今回はしませんでしが、もちろん無料で野菜増しにも対応してくれます。

Dsc04114

夢我夢中と異なるのがこちらの平打ち太麺で、喜三郎ではお店の製麺室で製麺する自家製麺となっています。夢我夢中と比べて太さなどは似た感じですが、小麦の香りがしっかりとしておりモチモチの弾力が素晴らしいです。麺量も200gあってボリュームがありますが、さらに大盛無料でガッツリいただくこともできます。

夢我夢中の二郎系を引っさげて新規オープンしましたが、ボリュームのあるラーメンに大満足です!特に自家製麺の出来が素晴らしいですね~ 野菜も麺も大盛無料なのもうれしい限りです。なお佐久・岩村田にも喜三郎を展開する予定があるとのことで、楽しみですね。他にも気になるメニューが勢揃いしているので、ぜひまた出かけてみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 夢我夢中BLAND 麺賊 喜三郎 上田店 (むがむちゅうぶらんど めんぞく きさぶろう うえだてん)
住所 : 長野県上田市古里1540-3
電話番号 : 0268-71-0839
定休日 : 木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~22:30
駐車場 : 15台
アクセス : 県道79号線沿い セブンイレブン上田岩門店隣り (地図
メニュー : 豚基本 780円、和豚基本 870円、紅の豚基本 850円、焦がし基本 800円、味噌基本 780円、中華そば 650円、味噌ラーメン 700円、豚骨醤油 750円、汁なしまぜ基本 780円、つけそば(魚介醤油) 800円 他
ホームページ : http://hituketouzoku.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.18

ぶしもりや めんめん@上田

上田の「ぶしもりや めんめん」におじゃましました。

Dsc04065

めんめんは、上田・中之条にお店を構えるつけ麺専門店です。長野市の人気店「麺工房 いなせ」の人気メニューである「ぶしもり」をのれん分けとして提供している他に、オリジナルメニューにも力を入れています。スタッフが全員女性なので、女性客でも気兼ねなく入店することができます。

めんめんのメニューはこのようになっています。4月の消費増税で少々値上げされたようです。

Dsc04066

Dsc04067

Dsc04069

この日は「ぶしもり」(830円)をいただきました。

「ぶしもり」(830円)
Dsc04071

店名にもなっているこちらのメニューが、めんめんの基本のつけ麺となります。麺量は300g~600gまで無料で選べますが、この日は中盛の500gでお願いしました。また麺は冷や盛りのオーダーです。

Dsc04072

つけだれは豚骨に魚介を合わせた豚骨魚介のつけだれとなっています。濃厚な豚骨に鰹を中心とした魚介ですが、麺を付けていただくと豚骨の後に魚介がしっかりとやってきます。どちらもやり過ぎ感は無くとてもバランスが良いです。なお豚骨が苦手な方にはあっさりの「ぶしもりライト」も選べます。

つけだれの中には、角切りのチャーシューにメンマが投入されています。チャーシューも結構な量が入れられており、食べ応え十分です。麺の上には九条ネギがトッピングされていますが、ネギの香りとシャキシャキ感がたまらないです。

Dsc04073

麺は極太のストレート麺が使われています。冷水でしっかりと〆られているので、モチモチの弾力が素晴らしいです。すすり込みも心地良いですね。麺量は500gでしたが、個人的には600gでもいけそうなくらい美味しい麺です。

Dsc04075

麺を食べ終わったら、スープ割りをお願いします。つけだれに直接スープを注いでもらうのではなく、徳利に入れられて運ばれてきます。清湯スープですが、美味しいです。

久々のぶしもりでしたが、魚介の効いたつけだれにモチモチの極太麺、本当に美味しいです。麺量を増やしても同料金というのはうれしい限りです。他のメニューも気になるので、ぜひまた出かけてみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : ぶしもりや めんめん (ぶしもりや めんめん)
住所 : 長野県上田市中之条65-1
電話番号 : 0268-75-8923
定休日 : 年中無休
営業時間 : 平日 11:30~14:30(LO 14:00) 17:30~21:30(LO 21:00) 土日祝 11:30~21:30(LO 21:00)
駐車場 : 15台
アクセス : 県道77号線沿い 赤坂交差点近く (地図
メニュー : ぶしもり 830円、たまぶし 930円、ネギぶし 980円、めんめんスペシャル 1210円、イタリアン 900円、印度 900円、辛ぶし(2辛) 900円 他
ホームページ : http://bushimoriya.naganoblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.16

上田からあげセンター@上田

上田の「上田からあげセンター」におじゃましました。

Dsc03585

上田からあげセンターは、上田駅ビル内にお店を構える鶏から揚げ専門店です。オープンして2年ほどが経ちますが、こだわりの美味しいから揚げが評判を呼び人気のあるお店です。定食をいただける他、宴会などもできるようになっています。

この日は「秘伝水炊きコース」(3218円)で宴会を行いました。お料理の他に90分の飲み放題付きとなっています。

前菜
Dsc04059

まずは前菜が運ばれてきます。こちらにも鶏肉が使われていますが、お酒が進みますよね。

サラダ
Dsc04060

キャベツが主体のサラダですが、鶏から揚げによく合います。ボリュームがあって美味しいです。

鶏から揚げ・山賊焼き
Dsc04061

上田からあげセンターの看板メニューでもある鶏から揚げと山賊焼きです。衣には片栗粉が使われているので、サクサクの歯応えが美味しいです。

水炊き
Dsc04062

そしてメインの水炊きです。水炊きというネーミングなのですが、スープはどちらかというと鶏白湯に近いです。鶏肉と野菜がたっぷり投入されており、食べ応え十分です。

ラーメン
Dsc04063

水炊きの〆にラーメンをいただきました。鶏白湯スープにぴったりです。ツルツルの喉越しが美味しいですよね。

デザート
Dsc04064

最後にはシャーベットのデザートです。口の中がさっぱりとしました。

3000円ちょっとで飲み放題付きの宴会コースがいただけるのはうれしい限りです。飲み放題は90分でセルフサービスとなっていますが、プレミアムモルツやハイボールその他各種アルコール類がいただけます。水炊きもかなり美味しく、満足のいく宴会コースをいただくことができました!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 上田からあげセンター (うえだからあげせんたー)
住所 : 長野県上田市天神1-1887-17
電話番号 : 0268-75-0229
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00~24:00
駐車場 : 無し
アクセス : JR上田駅ビルテナント内 (地図
メニュー : からあげ定食 819円、美味だれからあげ定食 872円、ジャンボからあげ定食 1260円、山賊焼定食 1029円、からあげカレー 819円、鶏ラーメン 714円 他
ホームページ : http://karacen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.14

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 信州麺友会 コラボ祭り 「七代目 助屋×ぶしもりや めんめん」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の信州麺友会 コラボ祭りにおじゃましました。最後の四杯目は「七代目 助屋×ぶしもりや めんめん」です。

Dsc04143

こちらのコラボですが、佐久の「七代目 助屋」と上田の「ぶしもりや めんめん」の両人気店によるコラボラーメンとなります。両店では通常扱っていない鶏白湯ラーメンで勝負してきました。

「鶏づくし」
Dsc04144

スープのベースは鶏白湯で、そこに味噌だれが合わされたスープとなっています。鶏白湯はマイルドですが、安養寺味噌を使った味噌だれが前面に出てきます。味噌のコクと旨みが美味しいですね~

トッピングは、300円プラスのデラックス(全部増し)でお願いしました。鶏手羽先に鶏なんこつ、チャーシュー、味玉、海苔、水菜などと豊富です。鶏手羽先はジューシーで柔らかくて美味しいですが、少々食べにくいですね。メンマ代わりの鶏なんこつのコリコリ感が最高です。

Dsc04147

麺は中くらいの太さのストレート麺が使われています。モチっとした歯応えとツルツルと入っていく喉越しがいいですね~ スープもよく絡んできます。

鶏にこだわった味噌ラーメンでしたが、とても食べやすく美味しかったです。特にトッピングの鶏手羽先や鶏なんこつが良かったです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.13

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 信州麺友会 コラボ祭り 「夢我蔵(むがぞう)(麺匠 文蔵×麺賊 夢我夢中)」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の信州麺友会 コラボ祭りにおじゃましました。続いて三杯目は「夢我蔵(むがぞう)(麺匠 文蔵×麺賊 夢我夢中)」です。

Dsc04138

こちらのコラボですが、佐久の「麺匠 文蔵」と小諸の「麺賊 夢我夢中」の両人気店がタッグを組みました。両方とも豚骨をメインとしたこってりラーメンが看板メニューですので、期待が高まります。

「ド煮豚(どにとん)」
Dsc04139

こちらのラーメンですが、豚骨に煮干しを合わせたこってりスープとなっています。長時間炊き出した濃厚な豚骨に、煮干しから採ったスープが合わされているのですが、それにしても濃厚ですね~ ドロドロしたスープを一口いただくと、豚骨の旨みの後にガツンと煮干しがやってきます。煮干しの苦みや酸味も感じられ、このやり過ぎ感がたまらないですよね。唇にまとわりつくようなこの強烈スープ、かなり気に入りました。

トッピングはチャーシューに岩海苔、味玉などです、チャーシューは大きなバラロールチャーシューで、食べ応え十分です。岩海苔がよく合いますよね。

Dsc04141

麺は幅広の太平打ち麺が使われています。長野県産の地粉を使用した自家製麺なんだそうです。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がたまりません。スープが超濃厚なので、スープを持ち上げまくります。

豚骨に煮干しをガッツリと効かせた一杯ですが、食べ手を選ぶくらいのやり過ぎ感が素晴らしいですね~ やはりこういったインパクとなるラーメン、個人的には本当に好きです。情報によると両店でも限定として販売されるようなので、今から楽しみです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.12

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 信州麺友会 コラボ祭り 「麺爆 怒門」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の信州麺友会 コラボ祭りにおじゃましました。続いて二杯目は「麺爆 怒門」です。

Dsc04132

コラボ祭りということですが、こちらのお店だけは単独で出店してきました。長野県内では聞き慣れないお店ですが、新潟・上越や中野にお店を構える人気ラーメン店です。5./18には、東御市の浅間サンライン沿いにも新規出店するそうです。

「80's 環七 背脂チャッチャ系」
Dsc04134

ラーメンのネーミングからも分かるように、昔一世を風靡した背脂チャッチャ系の環七ラーメンとなっています。スープは豚骨と鶏の動物系が使われており、そこに大量の背脂が振られています。スープを一口いただくと、動物系の旨みがしっかりとやってきます。背脂がびっしりでこってり感はありますが、意外にも飲みやすく仕上がっています。塩分濃度が高めなのですが、これも環七系の特徴でしょうか。

トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ、ゆで卵などです。チャーシューは大きめで柔らかくとても美味しいです。輪切りにされたゆで卵が、昔ながらで懐かしいですよね。スープとの相性も良いです。

Dsc04137

麺は太めのストレート麺が使われていますが、イベント用でこれだけの太麺は珍しいですよね。モチモチ・プリプリの弾力と歯ごたえがすごく美味しいです。やっぱりこってりスープには太麺がよく合いますよ。

背脂びっしりの懐かしいラーメンをいただきましたが、現代風にしっかりとアレンジされており、とても食べやすく感じました。東御のお店のオープンも楽しみです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.11

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 信州麺友会 コラボ祭り 「扶桑丸山軍団(らあめん 扶桑×らあめん 寸八×煮干しらあめん 燕黒×めんごころ なつ)」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の信州麺友会 コラボ祭りにおじゃましました。まず一杯目は「扶桑丸山軍団(らあめん 扶桑×らあめん 寸八×煮干しらあめん 燕黒×めんごころ なつ)」です。

Dsc04127

こちらですが、松本の人気店「らあめん 寸八」と、寸八出身の店主が勢揃いしたコラボラーメンです。メインは諏訪の「らあめん 扶桑」の店主だそうです。人気店だけあって、期待が高まります。

「宗田鰹のエビワンタン麺」
Dsc04129

こちらのラーメンですが、コラボ祭りの6種類のラーメンの中では一番あっさりのラーメンとなります。動物系に宗田鰹から採った魚介スープが合わされています。スープを一口いただくと、鰹の風味が優しくふわっと感じられます。少々甘めの醤油だれも抑えめで、あっさりでとても飲みやすいスープに仕上がっています。

トッピングはチャーシューにメンマ、海老ワンタン、ネギ、海苔などです。チャーシューはロースで、厚みがあって食べ応え十分です。プリプリの海老ワンタンが3つも投入されているのがうれしいですよね。ネギはささがきになっており、食感が良いです。

Dsc04130

麺は中細のウェーブのかかった麺が使われています。茹で加減は少々柔らかめでしたが、ツルツルと気落ち良く入っていく喉越しが良いですね。スープとの相性もバッチリです。

上品な鰹がふわっと感じられる優しいスープに癒やされました。諏訪のお店でも出している同系のラーメンも評判とのことで、ぜひお店に行って食べてみたいものです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章

※イベントは終了しました

Image0067
クリックすると拡大します

ゴールデンウィークに松本で毎年開催されている恒例のラーメンイベント「信越麺戦記」ですが、今年も開催が決定しました。今年で6回目になりますが、その名も「御当地決戦の章」ということで、日本各地の有名店が参戦します。

「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」

4月25日(金)~5月11日(日)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

イオン南松本店 東側駐車場

前売券 700円(税込) 当日券 750円(税込)
(ラーメン一杯引き換えチケット)

出店する店舗は以下の通りです。前半戦と後半戦に分かれ、最後の3日間は信州麺友会によるコラボラーメンが提供されます。

Image0068
クリックすると拡大します

■前半戦 (4/25(金)~5/1(木))

北海道・札幌 「札幌みその」
味噌らーめん

新潟・新発田 「麺作 赤シャモジ」
濃熟しょうゆ

東京・池袋 「東池袋大勝軒」
中華そば

京都 「京都祇園 らぁ~めん京(みやこ)」
ぎをん鶏しおそば

長野・東御 「とんちき麺」
とんちき麺<白>

長野 「信州鶏白湯 気むずかし家」
信州鶏白湯らーめん

■後半戦 (5/2(金)~8(木))

東京・新宿 「ラーメン凪 新宿煮干」
煮干ラーメン

東京・小金井 「鶏湯ラーメン ばふ。」
熟成 淡麗麺

福岡・久留米 「モヒカンらーめん」
モヒカンらーめん

沖縄・那覇 「SAKURA」
ちゅら塩らーめん

長野 「麺匠 佐蔵 NAGANO」
春の信州味噌らぅめん

石川・金沢 「傾奇家本舗 前田慶次朗」
慶次朗

■信州麺友会 (5/9(金)~11(日))

「信州らーめん ドラキュラーズ北信総本部(麺屋 蕪村×極味噌 吟屋×ゆいが 総本店)」
味噌らーめん(煮干し白湯)

「ナガ☆ぼし(ナガブロ×おおぼし)」
ナガブロ女子がガチで考えた「アタイのとんこつ担々」

「夢我蔵(むがぞう)(麺匠 文蔵×麺賊 夢我夢中)」
ド煮豚(どにとん)

「麺爆 怒門」
80's 環七 背脂チャッチャ系

「七代目 助屋×ぶしもりや めんめん」
鶏づくし

「扶桑丸山軍団(らあめん 扶桑×らあめん 寸八×煮干しらあめん 燕黒×めんごころ なつ)」
宗田鰹のエビワンタン麺

今回は県内のお店に加えて、北は北海道、南は沖縄から有名店がやってきて、日本全国のご当地ラーメンをいただけるイベントとなっています。本当に魅力的なラインナップですよね。新種麺友会のコラボも楽しみです。

「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」テレビCMはこちらです。

新しい情報が入り次第、随時こちらでもご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.08

信州そば処 ふるさとの草笛@東御

東御の「信州そば処 ふるさとの草笛」におじゃましました。

Dsc04057

ふるさとの草笛は、東御の郊外にお店を構えるおそば屋さんです。草笛という店名が入っていますが、小諸や上田にある「草笛」とは別経営となり、のれん分けのお店となっています。こちらのお店はかなり広く、大きなお座敷席も用意されています。この日は土曜日ということもあり多くのお客さんでにぎわっていました。

ふるさとの草笛のメニューはこのようになっています。消費増税で少々値上がりしたようです。

Dsc04049

Dsc04050

この日は基本の「もり蕎麦」(660円)をいただきました。

「もり蕎麦」(660円)
Dsc04053

草笛のおそばは通常の二八蕎麦よりもつなぎが多めなんですよね。ですのでおそばの香りはそれ程強くありませんが、ツルツルの喉越しが心地良いです。おそばの量も多めでお腹が一杯になります。

他にサイドメニューとして「かき揚げ」(280円)をいただきました。

「かき揚げ」(280円)
Dsc04052

それにしても大きくて食べ応えのあるかき揚げですよね~ 海老も大きくてとても美味しいです。二つに切られているので、食べやすいのも良いです。

久々に草笛におじゃやましましたが、お腹いっぱいに美味しいおそばをいただくことができました。東御のこちらのお店は広いので、多人数でも気兼ねなく利用できると思います。ぜひみなさんもうかがってみて下さいね!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 信州そば処 ふるさとの草笛 (しんしゅうそばどころ ふるさとのくさぶえ)
住所 : 長野県東御市加沢435-1
電話番号 : 0268-63-1888
定休日 : 年中無休 (ただし月に1日程度の休業あり)
営業時間 : 11:00~15:00 (土日祝のみ17:30~20:00も営業)
駐車場 : 30台
アクセス : 国道18号線牧家西交差点を曲がり、T字路の交差点を左に曲がりすぐ (地図
メニュー : もり蕎麦 660円、くるみ蕎麦 930円、とろろ蕎麦 900円、野菜天ざる蕎麦 1200円、海老天ざる蕎麦 15000円、豚角煮づけ蕎麦 1300円、かけ蕎麦 660円、山菜蕎麦 800円、たぬき蕎麦 700円、かき揚げ天ぷら蕎麦 900円、くるみおはぎ 650円 他
ホームページ : http://kusabue.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 沖縄・那覇 「SAKURA」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の後半戦におじゃましました。そして三杯目は沖縄・那覇 「SAKURA」です。

Dsc04123

沖縄といったらソーキそば(沖縄そば)が有名ですが、意外にもラーメン激戦区なんですよね。こちらのお店は初耳でしたが、そんな激戦区よりやってきました。ソーキそばとの違いも楽しみです。

「ちゅら塩らーめん」
Dsc04124

スープですが、動物系に昆布などから採ったスープが合わされた、あっさりスープとなっています。透明感のあるスープを一口いただくと、体にじんわりと染み渡るような優しい味わいが口いっぱいに広がります。昆布がよく効いていて、とても美味しいスープに仕上がっています。

トッピングはチャーシューに味玉、昆布、刻みネギなどです。チャーシューはオーソドックスでありながら、柔らかくて美味しいです。スープにも使われていますが、昆布がいい仕事をしていますね~ 味玉は春ウコンに漬け込まれているんだそうで、独特の味付けが美味しいです。

Dsc04126

麺は中くらいの太さのストレート麺が使われています。白い色をしている麺ですが、プリプリの弾力と食感がいいですね~ スープとの相性もなかなか良いです。

ソーキそばとは異なりしっかりとしたラーメンですが、優しい塩にすっかりと癒やされました。今回の信越麺戦記では一番あっさりしたスープではないかと思います!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.05

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 福岡・久留米 「モヒカンらーめん」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の後半戦におじゃましました。続いて二杯目は福岡・久留米 「モヒカンらーめん」です。

Dsc04119

福岡県といったら、博多系豚骨ラーメンの本場ですよね。数多くの豚骨ラーメン店がある中で、人気のお店がやってきました。ラーメンの味もさることながら、店名にもあるようにモヒカンの髪型の店主がとても気さくで面白い方です。この日も大きな鼻歌を歌いながらラーメンを作っていました。

「モヒカンらーめん」
Dsc04121

スープはもちろん長時間炊き出した豚骨スープです。白濁したスープを一口いただくと、見た目とは裏腹に意外にもライト目な臭みの無い豚骨です。といっても物足りなさは無く、しっかりと豚骨感を感じられます。あっさり目の豚骨なので、グイグイ飲み進めることができますね。

トッピングjはチャーシューにキクラゲ、刻みネギ、唐辛子などです。チャーシューは薄めのものが1枚トッピングされています。キクラゲのコリコリした食感がいいですね~ 唐辛子はペースト状になっており、これをスープに溶くと辛味がプラスされ一味違ったスープに変身します。

Dsc04122

麺はもちろん低加水の極細ストレート麺です。スルスルとした喉越しや心地良い口当たりが美味しいですね。後半には少々だれ気味になってしまうのは致し方ないところでしょうか。

本場の博多系豚骨ラーメンをいただきましたが、ライト目ながら豚骨を十分堪能できる一杯に仕上がっていました。気さくな店主の魅力も素晴らしいですよね。九州に行った際にはぜひ訪店してみたいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.04

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 東京・新宿 「ラーメン凪 新宿煮干」

GWにイオン南松本店で開催されている「信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章」の後半戦におじゃましました。まず一杯目は東京・新宿 「ラーメン凪 新宿煮干」です。

Dsc04115

凪といえば、煮干しを使ったインパクトのあるラーメンでおなじみですよね。都内に数店舗を展開しています。以前、信州ラーメン博で食べて衝撃を受け、それ以来機会があれば食べたいと思っていたので早速いただいてみることにしました。

「煮干ラーメン」
Dsc04116

スープですが、20種類もの煮干しが一杯当たり50gも使われているんだそうです。茶色い色をしたスープですが一口いただくと煮干しがガツーンとやってきます。ただしこれだけ煮干しがしっかり効いていてもえぐみなどは無く、とても飲みやすいです。油の層が厚いので、スープが最後まで熱々でいただけます。美味しいので思わずスープを完飲してしまいました。

トッピングはチャーシューに海苔、刻みネギなどです。チャーシューは脂がのっており、厚くて食べ応え十分です。刻みネギのシャキシャキ感がたまらず、煮干しスープとの相性もバッチリです。

Dsc04118

麺は極太の縮れ麺が使われています。茹で加減はちょうど良く加水が高めなので、モチモチの弾力とすすった時の独特の口当たりがたまりません。一反木綿のような超幅広麺も入っていたりと、食べていてとても楽しくなるような麺に仕上がっており、かなり気に入りました。

煮干しがガッツリと効いたスープ、煮干し好きの方にはたまりませんよね。スープも美味しかったですが、モチモチの多加水縮れ麺がかなり好きなタイプです。機会があればぜひ実際のお店でいただいてみたいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 オフィシャルツイッター
http://twitter.com/mensenki

信越麺戦記 Part6 御当地決戦の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.03

佐久バルーンフェスティバル@佐久

GW中に佐久で開催されている「佐久バルーンフェスティバル」に行ってきました。

もう佐久の風物詩となっている熱気球の競技会なのですが、例年多くのお客さんがやってきています。この日も朝早いというのに、駐車場が満車になるくらいの盛況ぶりでした。色とりどりのカラフルな熱気球の競演、見応えがありますよね。5日まで開催されているので、みなさんも出かけてみてはいかがでしょうか?ヘ(^o^)/

佐久バルーンフェスティバル オフィシャルサイト
http://www.saku-balloon.jp/

Img_8607

Img_8592

Img_8608

Img_8613

Img_8618

Img_8621

Img_8623

Img_8635

Img_8646

Img_8655

Img_8666

Img_8672

Img_8587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.02

茨城牧場 長野支場@佐久

少し前に「茨城牧場 長野支場」に桜を見に行ってきました。本数こそ少ないものの、古い大木ばかりで見事な桜の花が咲き誇っていました。毎年来ていますが、本当に綺麗ですね!ヘ(^o^)/

Img_8572

Img_8573

Img_8575

Img_8576

Img_8582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »