« 上田からあげセンター@上田 | トップページ | 【重要】ブログ更新一時中断のお知らせ »

2013.10.08

麺匠 文蔵@佐久

佐久の「麺匠 文蔵」におじゃましました。

Dsc03462

文蔵は、佐久・岩村田の住宅街にお店を構えるラーメン店です。文蔵グループの本店として、オープンしてから8年が経ちました。この日は8周年記念ということで看板メニューの「らぁめん」が一杯500円でいただけました。

この日いただいたのは「らぁめん」(500円(通常は700円))です。

「らぁめん」(500円(通常は700円))
Dsc03463

こちらのメニューは、文蔵本店でも一番基本となる看板メニューです。スープのベースは豚骨で、そこに醤油だれが合わされた豚骨醤油のスープとなっています。文蔵の豚骨は豚骨100%ではなく、鶏なども入っているようです。この日はイベントということで、いつもよりも濃厚に炊き出しているそうです。スープを一口いただくと、豚骨の旨みがしっかりとやってきます。味濃いめ、油多めでオーダーしていますがインパクトもあってとても美味しいです。

トッピングはチャーシューに、ほうれん草、海苔、ネギなどです。チャーシューはトッピングされる前にバーナーで炙られているので、芳ばしく美味しいです。ほうれん草は無くてはならないアイテムですよね。

Dsc03465

麺は太めのストレート麺が使われています。茹で加減の好みは普通でお願いしましたが、しっかりとしたコシと弾力を楽しめます。麺量も160gと多めでガッツリいただけます。

もう何杯食べたか忘れるくらいこれまで食べてきた文蔵のらぁめんですが、いつ食べても安定して美味しいですね~!この安定感こそがうける理由ではないかと思います。これからも文蔵のラーメンを食べ続けようと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 (めんしょう ぶんぞう)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~14:30 17:00~21:00(麺が無くなり次第終了)
駐車場 : お店の前に4台、30m程離れたところに6台
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ (地図
メニュー : らぁめん 700円、文蔵らぁめん 950円、つけそば 750円、味噌らぁめん 750円、真・らぁめん 750円、風魚らぁめん 750円 他
ホームページ : http://bunzoh.com/

|

« 上田からあげセンター@上田 | トップページ | 【重要】ブログ更新一時中断のお知らせ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

いつもまちゃさんのブログ拝見させていただいてます。

最近の文蔵本店のラーメンはどうなんでしょうね?
豚骨は薄めで味の濃さばかりが目立っているような・・・?
正直、バランスが悪いような気がします。
豚骨濃度は明らかに文蔵ブラックの方が濃厚ですね。

僕もまちゃさんと同じように文蔵がオープンした当初からの文蔵ファンですが、最近の本店のラーメンはしょっぱくて正直きついです。

最近オープンした新店も結局二郎系だし・・・(二郎系が嫌いな訳ではないです)
期待してただけに少し残念です。
文蔵グループは日本一を目指してると公言してますが、二郎の真似では日本一になれると思えません。

文蔵のファンなだけに多少厳しい指摘をしましたが、これからも文蔵グループには頑張って欲しいです。

投稿: | 2013.10.31 12:53

名無しさん、こんばんは~
武蔵グループに対して、厳しいご意見ありがとうございます。
好きなお店だからこそ、こういう意見も出てくるんでしょうね。
言われるように、これからもぜひ頑張って欲しいですね。

投稿: まちゃ | 2013.10.31 22:16

お返事ありがとうございます。

まちゃさんの過去のブログの画像をみてみると以前のスープの色と最近のスープの色は明らかに違います。最近の方が醤油っぽい茶濁色が濃いですね。
色々と試行錯誤(進化?)してるみたいなので同じであるはずはないんでしょうけど・・・
豚骨の旨味より醤油が前面に出てるような気がします。

多分、日本一文蔵のラーメンを食べていると思われるまちゃさんの見解はいかがでしょうか?

投稿: | 2013.11.01 12:07

名無しさん、こんばんは~
確かに、昔の方が豚骨が濃かったのは明らかです。
ただ今くらいの方の豚骨の濃度の方が一般うけするんじゃないかと思っています。
ですので、このような進化になっているんでしょうね。

少し前に月曜日に「ネオ文蔵豚骨」といって、オープン当初の豚骨濃度で出したことがありますが、あれは美味しかったです。
ただお聞きしたら、とんでもなく手間とコストがかかったしまうんだそうです。
その辺の兼ね合いもあって、現在に落ち着いたんだろうと考えます。

投稿: まちゃ | 2013.11.01 20:08

お返事ありがとうございます。

なるほどねぇ・・・
文蔵本店のスープは周辺の似たような系統の店と比べても豚骨濃度はやや薄めに感じてたんですよ。
社長の意向なのか?作り手の違いによるものなのか?わからないですけど・・・

自分としては以前の濃厚なスープが復活して欲しいなぁ・・・わがままですかね?自分は文蔵で豚骨醤油の美味さを知ったもので・・・一抹の寂しさがありますね。

ありがとうございました!

投稿: | 2013.11.01 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33371/58345944

この記事へのトラックバック一覧です: 麺匠 文蔵@佐久:

« 上田からあげセンター@上田 | トップページ | 【重要】ブログ更新一時中断のお知らせ »