« ラーメン 梅乃家@富津 | トップページ | 江ざわ@鴨川 »

2011.02.06

房州千倉らーめん 華の蔵@南房総

南房総市の「房州千倉らーめん 華の蔵」におじゃましました。

Dsc08064

華の蔵は、南房総市・千倉の漁師町にお店を構えるラーメン店です。お店のすぐ近くにはひなびた漁港もありますが、土日にもなると多くのお客さんが詰めかける人気店です。南房総地方の魚介を効かせたご当地ラーメンを出すことでも有名です。お店は日本家屋になっており、靴を脱いで大きな広間でラーメンをいただきます。このゆったりとした雰囲気がいいですね。

華の蔵のメニューはこのようになっています。各種ラーメンが用意されています。

Dsc08066

この日は「醤油らーめん」(600円)をいただきました。

「醤油らーめん」(600円)
Dsc08071

メニューがいろいろあって悩んだのですが、メニューの筆頭にあったこちらをいただきました。ベースのスープは鶏ガラや豚ガラの動物系に、地元の「房総節」という魚節を細かく粉砕し抽出した魚介系スープが合わされています。スープを一口飲むと和風な感じがして、魚介の香りがじんわりと感じられます。動物系よりも魚介系の方が強く出ており、優しく癒されるようなスープとなっています。醤油だれも角が無く丸みがあります。

トッピングはシンプルで、チャーシューにメンマ、なると、海苔、お麩などです。チャーシューは柔らかくてとても食べやすいです。なるとが雰囲気を出しています。お麩のトッピングは珍しいですよね。

Dsc08072

麺は中細のウェーブのかかった麺が使われています。黄色い色をしている麺ですが、モチモチの弾力がたまりません。麺量は標準的です。

魚介の効いた上品なラーメンに完全にやられました。ここまで魚介を効かせていると好き嫌いが分かれるかもしれませんが、僕の好みではかなり好きなラーメンです。まるで家に帰ってきたような雰囲気も落ち着きます。南房総に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?ヘ(^o^)/

Dsc08073


【お店データ】
店名 : 房州千倉らーめん 華の蔵 (ぼうしゅうちくららーめん はなのくら)
住所 : 千葉県南房総市千倉町白子2713-12
電話番号 : 0470-44-4075
定休日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 : 11:00~14:30
駐車場 : 10台
アクセス : 千歳駅から県道410号を南下、店案内の看板を左に入り道なりに進む (地図
メニュー : 醤油らーめん 600円、塩らーめん 600円、醤油あぶらめん 750円、特製炙り味噌らーめん 1050円、特製魚介系豚骨つけめん 1050円 他
ホームページ : http://www.chikura-hananokura.com/

人気ブログランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキングへGO!!

|

« ラーメン 梅乃家@富津 | トップページ | 江ざわ@鴨川 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

まちゃさん
こんばんは
華の蔵へも行ったのですかsign03
私の宿題店ばっかりですねlovely
私も千葉県ラーメン巡りをしてみたいです。

投稿: ホークビッチ27 | 2011.02.07 23:50

ホークビッチ27さん、こんばんは~
ご案内してくれた千葉のラーメンマニアの方に連れられて行ってきました。
魚介が香る優しいラーメンに、すっかり癒されました。
海の近くという絶好のロケーションもいいですね~
ぜひうかがってみて下さいね!

投稿: まちゃ | 2011.02.08 20:17

4年ぶりに華の蔵に食べに行きました。本当に懐かしかったです。お客は満員状態で賑わっていたよ。ラーメンを食べたときちょっとがっかりした。こんな味だったけ?
もっとスープはスッキリした味だったはず?、麺のゆであがりもいまひとつ、私の錯覚か?残念・・またしばらくして行ってみよう

投稿: わがまま君 | 2013.07.21 21:32

わがまま君さん、こんばんは~
はじめまして、どうぞよろしくお願いします。

華の蔵に行かれたんですね~
ロケーションも良く、魚介の効いたラーメン本当に美味しいですよね。
これに懲りずに、ぜひまた出かけてみて下さいね!

投稿: まちゃ | 2013.07.22 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33371/50790308

この記事へのトラックバック一覧です: 房州千倉らーめん 華の蔵@南房総:

« ラーメン 梅乃家@富津 | トップページ | 江ざわ@鴨川 »