« 寿司割烹 八風(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵(佐久市) »

2009.10.11

第6回 信州・松本 そば祭り(松本市)

10月10日から12日の3日間、松本市の松本城で「第6回 信州・松本 そば祭り」が開催されています。本日行ってまいりましたので、レポートしたいと思います。

Dsc03739

Dsc03748

このイベントでは、県内外24店舗のおそばがいただけるというおそばのイベントです。おそばの他に、信州を代表するスローフードの実演、販売も行われていました。一大イベントということで、すごい数のお客さんでにぎわっていました。

【北海道雨竜町 竜・りゅう亭】

Dsc03740

一軒目は、北海道の雨竜町というところからやってきた、竜・りゅう亭というお店です。こちらのお店ではにしんそばが有名なんだそうです。

「にしんそば」(600円)
Dsc03742

Dsc03745

Dsc03746

オーダーはもちろん看板メニューのにしんそばです。ほとんどの人がこのにしんそばをオーダーしていました。それにしても大きなにしんですね~ 柔らかく煮付けてあるので、とても食べやすいです。大きいので食べ応え十分です。おそばはコシがあります。太めなので、最後までのびずにいただけるのがうれしいですよね。にしんとの相性もバッチリです。

【信州野麦峠の里 ながわ】
Dsc03750

二軒目は、長野県の奈川から来たおそばをいただきました。こちらでは昔ながらのとうじそばが人気なんだそうです。

「とうじそば」(600円)
Dsc03751

Dsc03753

もちろん一番人気のとうじそばをいただきました。本物と同じように、小さなかごにおそばを入れて、具だくさんのつゆのなかにくぐらせます。つゆは少なめなのですが、キノコがタップリできのこの香りが食欲をそそります。おそばは細めに打たれており、ツルツルの喉越しが最高です。

【出石皿そば】

Dsc03758

三軒目は、関西・兵庫県の出石の名物、皿そばをいただきました。「出石」と書いて「いずし」と読むんだそうです。

「出石皿そば」(800円)
Dsc03762

Dsc03761

こちらのそばは一人前が5つのお皿で盛られてきます。まるでわんこそばのような感覚ですね。おそばはしっかりとしたコシがあり、とても美味しいです。生卵が付いてくるのですが、これを絡めていただくと、これまた一味違ったおそばを堪能できます。

三軒のおそばをいただきましたが、どれも個性的なおそばばかりで、とても美味しくいただきました。信州ラーメン博もそうですが、こういったイベントはいろんなお店のメニューが楽しめるのがいいですね。これから松本のご当地イベントとして定着して欲しいですね~ 明日も開催されているので、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか?ヘ(^o^)/

信州・松本 そば祭り 公式サイト
http://www.sobahaku.jp/

Dsc03747

人気ブログランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキングへGO!!

|

« 寿司割烹 八風(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵(佐久市) »

イベント」カテゴリの記事

そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 信州・松本 そば祭り(松本市):

« 寿司割烹 八風(佐久市) | トップページ | 麺匠 文蔵(佐久市) »