« 安養寺らーめん 限定丼ぶり | トップページ | 山番@小諸 »

2008.12.11

麺匠 文蔵@佐久

僕のお気に入り店「麺匠 文蔵」におじゃましました。

Dsc00805

安養寺らーめんフィーバーに沸いている佐久拉麺会の各店ですが、こちらの文蔵もオリジナルの安養寺らーめんをいただきに、多くのお客さんがやってきています。文蔵ファンとの一人としてうれしい限りです。

この日はお昼の遅い時間帯の訪店だったのですが、まだ限定のオリジナル安養寺らーめんがあるとのことで、早速「超海老タリアン プラチナ安養寺つけ麺」(1000円)をオーダーしました。

「超海老タリアン プラチナ安養寺つけ麺」(1000円)
Dsc00806

佐久拉麺会がい提供しているオリジナル安養寺らーめんの中でも、異色を放っているメニューですが、この日も多くのお客さんがこちらをいただいていました。お店の方にお聞きしたら、初期のバージョンとほとんど変わりがないとのことです。

Dsc00808

つけだれですが、文蔵の豚骨に、安養寺味噌と海老節、トマトが合わされたイタリアンチックなつけだれになっています。味噌と海老節の香りがいいですね~ 麺をつけだれに付けていただくと、トマトの酸味と旨みがじわ~っと感じられます。安養寺味噌の方は、ほんのりと感じるのみで、ガツーンとはきません。でもつけだれを直接飲んでみると、安養寺味噌をしっかり味えます。

つけだれの中には通常のつけそばと同様に、角切りのチャーシューと刻み玉ネギが投入されています。角切りチャーシューの大きさが以前よりも大きくなったように思い、食べ応えがありますね~

Dsc00809

麺はつけそば用の極太麺ではなく、温かいラーメンで使われている中太麺が使われています。モチモチの弾力がいいですね。つけだれとの相性もバッチリです。麺の上にはバジルと粉チーズがふられていて、イタリアンを演出します。上にのっているソースはピクルスでしょうか、酸味と辛味があっていいアクセントになっています。

以前よりも提供数が増えたようで、夜でもこの限定をいただけるようになったようです。それでも土日には早く品切れしてしまいます。イタリアンと安養寺味噌との融合は本当に素晴らしいですね。ぜひみなさんにも召し上がっていただきたい一杯に仕上がっています。ちょっと高めの値段設定ですが、ぜひ文蔵に足を運んでいただいてみて下さいね~!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺匠 文蔵 (めんしょう ぶんぞう)
住所 : 長野県佐久市岩村田1107-3
電話番号 : 0267-67-8688
定休日 : 月曜日
営業時間 : 11:30~14:30 17:00~21:00(麺が無くなり次第終了)
駐車場 : お店の前に4台、30m程離れたところに6台
アクセス : 岩村田駅前交差点より1つ佐久平駅寄りの細い道を入りすぐ (地図
メニュー : らぁめん 700円、文蔵らぁめん 950円、つけそば 800円、味噌らぁめん 800円、真・らぁめん 800円、風魚らぁめん 800円 他
ホームページ : http://bunzoh.com/

人気ブログランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキングへGO!!

|

« 安養寺らーめん 限定丼ぶり | トップページ | 山番@小諸 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔します。
軽井沢でブログをやっているsvetlaと申します。
先日、こちらで紹介されている麺匠文蔵の記事を見ていても立ってもいられなくなり、
カロリーセーブのため
「ラーメン禁止」という戒めを一時お休みして、
行ってしまいました。
今回はどうしてもつけそばが食べたくて行ったので、こちらの安養寺つけ麺はいただきませんでしたが、まちゃさんがご紹介されているとおりの
絶品ラーメンですっかりやみつきになってしまいました。
また是非行ってみたいと思います。

投稿: svetla | 2008.12.12 23:44

svetlaさん、こんにちは~
はじめまして、どうぞよろしくお願いします。

文蔵、やはり無性に食べたくなりましたか~!
ホント美味しいですよね~
僕なんか毎週のように文蔵に通っているので、お腹周りが大変なことに…(笑)
ぜひまた行ってみて下さいね~!

投稿: まちゃ | 2008.12.13 15:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33371/43387368

この記事へのトラックバック一覧です: 麺匠 文蔵@佐久:

« 安養寺らーめん 限定丼ぶり | トップページ | 山番@小諸 »