« 麺匠 文蔵@佐久 | トップページ | 信州・立岩和紙の里@長和 »

2008.11.16

七代目 助屋@佐久

佐久のお気に入り店「七代目 助屋」におじゃましました。

Dsc00534

以前は「らぅめん助屋 佐久店」という店名でしたが、最近になって店名変更したようです。こちらの方が親しみがありますよね。ですので、こちらでもこれからは「七代目 助屋」ということでご紹介したいと思います。

この日は安養寺らーめんフィーバーということで、かなりの混みようで行列までできていました。10分くらい待ってようやく入店できました。こんなに混んだのは、開店以来じゃないでしょうか?

助屋は食券制なのですが、席にもメニューが置かれるようになりました。メニューはこのようになっています。

Dsc00535

Dsc00536

Dsc00537

この日はもちろん11月より提供開始されたご当地ラーメン「安養寺らぅめん」(850円)をいただきました。

「安養寺らぅめん」(850円)
Dsc00540

こちらが助屋の安養寺らーめんです。助屋の店長の金子さんが佐久拉麺会の代表ということもあり、奇をてらわずオーソドックスな味噌ラーメンで勝負してきました。

スープは濃厚な助屋の臭みのない豚骨スープに、安養寺味噌が合わされています。とても上品でオーソドックスですが、意外にもあっさり目に感じられます。安養寺味噌の味噌だれですが、最初は甘みとコクを感じました。何でも信州産のリンゴと玉ネギを加えているんだそうです。これは美味しいですね~ 豚骨スープにもよく合っていると思います。後述する辛挽肉をスープに溶くと、ピリ辛のスープに変化していくのが面白いですね。

トッピングはシンプルで、チャーシューに穂先メンマ、刻みネギ、辛挽肉などです。サービスで半熟煮玉子をトッピングしていただきました。助屋では初めての穂先メンマですが、柔らかくて美味しいですね~ 辛挽肉は助屋の赤らぅめんの物と同一ですが、辛味が増してスープの印象が変わります。

Dsc00541

麺は今までの味噌らぅめんに使われている物と同一の中太麺だと思われます。モチっとしたコシと弾力が素晴らしいですね~ やはり味噌には太麺がよく合います。あっという間に平らげてしまいました~

奇をてらわずオーソドックスな味噌豚骨ですが、とても美味しくいただきました。甘みのある上品な安養寺味噌と臭みのない濃厚な豚骨の組み合わせは、ベストマッチですね。穂先メンマや辛挽肉にも抜かりはないです。多くのお客さんがこの安養寺らぅめんをいただいていましたが、みなさん満足されたと思います。地元のご当地ラーメンとして、ますます進化していって欲しいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 七代目 助屋 (ななだいめ すけや)
住所 : 長野県佐久市中込2991-1
電話番号 : 0267-63-7274
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~14:30(土日祝 ~15:00) 17:30~22:30
駐車場 : 30台
アクセス : 県道138号線沿い 佐久市役所近く (地図
メニュー : 白らぅめん 700円、黒らぅめん 750円、赤らぅめん 750円、つけ麺 750円、安養寺らぅめん 850円、魚介醤油らぅめん 700円 他
ホームページ : http://www.week.co.jp/komachi/gw/itp-pc_gw.php?ip=00903000

人気ブログランキング

人気ブログランキング
人気ブログランキングへGO!!

|

« 麺匠 文蔵@佐久 | トップページ | 信州・立岩和紙の里@長和 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

うーんここでも味玉サービス・・・
兄さん!ついてまいりやす!!

投稿: しんちゃん | 2008.11.17 00:00

しんちゃんさん、こんにちは~
こちらでも思わず半熟煮玉子サービスしてもらいました!
ラッキーでした!(^^)

投稿: まちゃ | 2008.11.17 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33371/43132561

この記事へのトラックバック一覧です: 七代目 助屋@佐久:

« 麺匠 文蔵@佐久 | トップページ | 信州・立岩和紙の里@長和 »