信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章

Mensenki2017
※画像は信越麺戦記実行委員会より提供

ゴールデンウィークに松本で毎年開催されている恒例のラーメンイベント「信越麺戦記」ですが、今年も開催が決定しました。今年で9回目になりますが、その名も「御当地ラーメン 南北争乱の章」ということで、全国各地の有名店が参戦します。

「信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章」

2017年4月21日(金)~5月7日(日)
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

イオン南松本店 東側駐車場

前売券 750円(税込) 当日券 800円(税込)
(ラーメン一杯引き換えチケット)

出店する店舗は以下の通りです。最初のの3日間は信州麺友会によるラーメンが提供され、その後に前半戦と後半戦に分かれ、スペシャルラーメンが提供されます。

■信州麺友会 NEOブランド祭り(4月21日(金)~23日(日))

らぁ麺 しろがね
「とり浜らぁ麺」

自家製手もみ中華そば 繁心
「手もみ中華そば」

二代目 佐蔵
「煮干し中華蕎麦」

朧月夜
「中華そば」

らあめん 寸八
「とじスーラー」

中華そばに恋い焦がれて 依々恋々
「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」

■前半戦(4月24日(月)~30日(日))

元祖辛味噌ラーメン 札幌海老秀(北海道)
「元祖辛味噌ラーメン」

渋谷 我武者羅 TOKYO(東京)
「幻の鯛だし鶏白湯プレミアム」

麺匠 文蔵(長野)
「男の濃熟豚骨醤油」

らーめん潤(新潟)
「燕三条中華そば」

鯛塩そば 灯花(愛媛)
「愛媛宇和島鯛塩そば ~芳潤真鯛だし二段重ね製法~」

北九州 毘侍家(福岡)
「北九州 濃厚美白乳豚らぁめん」

■後半戦(5月1日(月)~7日(日))

東京スタイルみそらーめん ど・みそ(東京)
「濃厚東京スタイル味噌らーめん」

豚骨ラーメン じゃぐら×百麺(東京)
「濃厚炙りチャーシュー味噌豚骨」

極味噌らぅめん 吟屋(長野)
「信州極味噌 肉そば」

鶏と煮干しの中華そば 市松(新潟)
「佐渡前 あご出汁潮らーめん」

ラーメン麦ゅ(京都)
「名古屋コーチン黄金醤油そば」

麺や鳥の鶏次(大阪)
「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

中華そば毘天@佐久

佐久の「中華そば 毘天」におじゃましました。

Img_7273

毘天は、佐久・佐久平の国道141号線沿いにお店を構えるラーメン店です。岩村田の人気店「麺屋 えびす」の姉妹店として昨年の11月にオープンしました。魚介を使ったあっさり中華そばと、博多系豚骨ラーメンの2本立てとなっています。カウンターをメインとしたお店は、オシャレなカフェのような雰囲気となっています。

毘天のメニューはこのようになっています。

Img_7275

この日は「豚骨まぜそば(味噌)」(800円)をいただきました。

「豚骨まぜそば(味噌)」(800円)
Img_7277

中華そばと豚骨ラーメンがメインの毘天ですが、こちらのまぜそばも人気で、いただいているお客さんをよく見かけます。以前は醤油味をいただいたので、今回は味噌味をいただいてみました。豚骨まぜそばには、追い飯が無料で付いてきます。

味噌は濃過ぎることはなく、そんなにしょっぱくはなかったです。味噌のコクと香りが楽しめます。トッピングは角切りチャーシューに辛挽肉、刻み玉ねぎ、モヤシ、ネギなどです。チャーシューはゴロゴロ入っており、ボリュームがあります。辛挽肉のピリッとした辛さがいいアクセントになってます。

Img_7279

麺は太めのストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がたまりません。タレも麺によく絡んできて、とても美味しいです。

Img_7280

最後に追い飯を投入して、具材を余すことなくいただきました。

毘天でも人気のまぜそば、醤油も美味しかったですが味噌もかなり好みでした。次回の訪店も楽しみです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 中華そば 毘天 (ちゅうかそば びてん)
住所 : 長野県佐久市岩村田1456-1
電話番号 : 0267-78-5241
定休日 : 水曜日
営業時間 : 11:00~14:30 17:00~22:00(LO)
駐車場 : 13台
アクセス : 国道141号線沿い シューマート佐久平店隣り (地図
メニュー : 中華そば 750円、塩そば 750円、みそラーメン 750円、とんこつラーメン(白) 700円、豚骨まぜそば(醤油) 800円、つけそば 800円 他



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

麺's BLAND 文蔵BLACK@佐久

佐久の「麺's BLAND 文蔵BLACK」におじゃましました。

Img_7269

文蔵BLACKは、佐久・小田井にお店を構えるラーメン店です。佐久市内に3店舗の人気ラーメン店を展開する文蔵グループの系列店になります。豚骨醤油らーめんをはじめとして、二郎系やあっさり中華そばなど様々なタイプのラーメンをいただけます。お店はカウンター席をメインとして、テーブル席も用意されています。

この日は「豚骨醤油らーめん」(730円)をいただきました。

「豚骨醤油らーめん」(730円)
Img_7270

こちらが文蔵BLACKで一番人気の看板ラーメンになります。長時間炊き出した濃度のある豚骨に、醤油だれが合わされている、王道の豚骨醤油となっています。とろみさえ感じる濃厚なスープを一口いただくと、豚骨がガツンとやってきます。いかにも骨太の豚骨って感じのスープで、個人的にかなり好きです。醤油だれは濃過ぎることなく、ちょうど良いです。

トッピングはチャーシューにメンマ、キャベツ、海苔などです。チャーシューは大きなバラロールチャーシューとなっており、柔らかくて美味しいです。生キャベツは、豚骨醤油によく合いますよね。

Img_7271

麺は中太のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの滑らかな口当たりとモチモチの弾力がたまりません。麺量は200gと多めです。

文蔵BLACKの豚骨醤油らーめんは何度もいただいていますが、いつ食べても安定して美味しいです。佐久で豚骨といったらまず最初に文蔵が思い浮かびますよね。麺匠 文蔵として信越麺戦記にも参戦中ですが、ぜひ頑張って欲しいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺's BLAND 文蔵BLACK (めんずぶらんど ぶんぞうぶらっく)
住所 : 長野県佐久市小田井703
電話番号 : 0267-68-8123
定休日 : 水曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 : 11:30~14:30 17:30~21:30
駐車場 : 15台
アクセス : 佐久ICより車で3分 県道9号線沿い (地図
メニュー : 黒マー油豚骨らーめん 730円、安養寺みそらーめん 780円、豚骨醤油らーめん 730円、中華そば 680円、つけめん 780円、二郎系らーめん 830円 他
ホームページ : http://bunzoh.com/(公式サイト) http://ameblo.jp/bunzoh/(公式ブログ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 自家製手もみ中華そば 繁心 「手もみ中華そば」

Img_7248

僕の地元でもある佐久より「繁心」が参戦してきました。竹幸商店では系列の夢我夢中が信越麺戦記に出たことはありますが、繁心としては初めてです。繁心はお店で提供されているレギュラーメニューを出品しました。

「手もみ中華そば」
Img_7249

スープのベースは、鶏や魚介、貝など、何と15種類もの素材から抽出したスープが使われています。スープを一口いただくと、あっさりながら複雑な味わいが口いっぱいに広がります。醤油だれも控えめで、癒やされるように優しく身体に染みてくるスープです。

トッピングはチャーシューにメンマ、三つ葉などです。チャーシューはしっかりとした歯応えがあり、肉の旨みが十分感じられます。三つ葉がいい仕事しています。

Img_7250

麺は手もみされおり、不規則に縮れた中太麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、ツルツルの口当たりと喉越しが最高です。いや~それにしても美味しい麺ですね!

佐久のお店には何度もうかがっている繁心ですが、イベントでもお店と変わらぬ一杯をいただけ大満足です!これで繁心にも多くのお客さんが来てくれればうれしいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り らぁ麺 しろがね 「とり浜らぁ麺」

Img_7245

松本市の人気ラーメン店「らぁ麺 しろがね」が出店してきました。鶏白湯をメインとしたお店で僕も訪店したことがありますが、こだわりのラーメンがいただけます。今回は信州麺友会 NEOブランド祭りの中で、唯一こってり系のラーメンになります。

「とり浜らぁ麺」
Img_7246

スープのベースは長時間丁寧に抽出した鶏白湯が使われており、雰囲気としては博多系豚骨ラーメンの鶏白湯版といったような感じです。クリーミーなスープを一口いただくと、鶏がガツンと襲ってきます。これだけ旨みがしっかりとありながら、臭みは無く美味しいです。

トッピングは2種類のチャーシュー、ネギなどです。チャーシューはノーマルの豚チャーシューに、サイコロ状の鶏コロチャーシューが使われており、鶏チャーシューが絶品です。好みでゴマと紅ショウガを乗せます。

Img_7247

麺はこれ以上の細麺は無いのではというくらい、超極細のストレート麺が使われています。これだけ細いのにしっかりとしたコシがあり、スープをよく持ち上げてきます。ツルツルと美味しくいただきました。

鶏白湯を得意としているしろがねですが、美味しい鶏白湯をいただくことができました。久々にお店の方にもうかがってみたいです!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 中華そばに恋い焦がれて 依々恋々 「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」

Img_7241

県内外に人気店を何店舗も展開する、塚田兼司さん率いる「ボンドオブハーツ」グループの系列店です。今年2月にオープンしたばかりの新店ですが、早くも人気店となっています。お店のレギュラーラーメンとは異なる、信越麺戦記限定のスペシャルラーメンを出品してきました。

「信越麺戦記限定 ~昭和と平成の雲呑麺~」
Img_7243

スープは鶏ガラがベースで、鶏油多めで並々と盛られています。琥珀色のスープを一口いただくと、鶏の芳潤な旨みと甘みがしっかりと伝わってきます。鶏油が多めですが、しつこさはありません。

トッピングはチャーシューにワンタン、柚子などです。特に美味しかったのはワンタンで、ワンタン増し(150円)込みで3個もトッピングされています。プリプリの食感で、餡もぎっしりでとても美味しいです。

Img_7244

麺はイベントとしては太めのストレート麺が使われています。独特のねっとりしたようなモチモチ感が印象的で美味しいです。

依々恋々は未訪ですが、こちらの信越麺戦記限定のラーメンが素晴らしい一杯だったので、お店のレギュラーラーメンも期待できます。近いうちにお店の方にうかがいたいと思います!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 信州麺友会 NEOブランド祭り 二代目 佐蔵 「煮干し中華蕎麦」

Img_7238

県内に「助屋」や「佐蔵」を展開するグループの、ネクストブランドとなるお店です。豚骨がメインだったのを、ガラッと変えて煮干しをメインとしたラーメンを出品してきました。最近個人的に煮干しが好きなので、いただいてみました。

「煮干し中華蕎麦」
Img_7239

スープは何種類もの煮干しを使ったスープとなっており、醤油だれが合わされています。煮干しがしっかりと効いてきますがやり過ぎ感が無く、バランス良く効いてきます。醤油だれの独特な甘さが印象的です。

トッピングはノーマルでも全部乗せのように豪華です。チャーシューにメンマ、味玉、海苔、ネギなどです。チャーシューは2種類のチャーシューが楽しめます。メンマが太くてコリコリで、食べ応えがあります。

Img_7240

麺は博多系豚骨ラーメンで使われるような、極細のストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、スルスルと気持ち良く入っていきます。

バランスの良い煮干し、美味しかったです。こちらの煮干しですが、助屋や佐蔵のお店で食べられるようになれば、うれしいですね!ヘ(^o^)/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 オフィシャルサイト
http://mensenki.naganoblog.jp/

信越麺戦記 Part9 御当地ラーメン 南北争乱の章 Facebookページ
http://www.facebook.com/shinetsu.mensenki



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

粋麺亭 晴家@小諸

小諸の「粋麺亭 晴家」におじゃましました。

Img_7208

晴家は、小諸・御影の国道141号線沿いにお店を構えるラーメン店です。小諸や佐久、上田に居酒屋とラーメン店を展開する竹幸商店グループの系列店になります。この場所には以前別のラーメン店が入っていましたが、昨年の11月に晴家として新規オープンしました。店内は結構広く、カウンター席にテーブル席、小上がり席があります。

晴家のメニューはこのようになっています。こってりの豚骨ラーメンをメインとして、様々なタイプのラーメンをいただけます。

Img_7209

この日は「タンタン麺」(756円)をいただきました。

「タンタン麺」(756円)
Img_7210

晴家では今まで豚骨の「らーめん」ばかりいただいてきましたが、タンタン麺は初めていただきます。動物系のあっさりスープにゴマを効かせてラー油の辛味をプラスしています。スープを一口いただくと辛味はそれほど強くなく、ピリッとした辛さが心地良いです。ゴマの甘みがじんわりと感じられます。

トッピングは挽肉にモヤシ、ネギなどとシンプルです。挽肉は担々麺に無くてはならないアイテムですよね。モヤシが辛いスープによく合います。

Img_7211

麺は細めのストレート麺が使われています。こちらは自家製麺となっています。茹で加減はちょうど良く、スルスルと入っていく口当たりと喉越しが美味しいです。麺量は標準的に感じました。

他にサイドメニューとして、4月のLINEクーポンを使って「から揚げ(6ヶ)」(604円→0円)をいただきました。

「から揚げ(6ヶ)」(604円→0円)
Img_7212

大きなr鶏から揚げが6個もあります。衣はカリカリお肉はジューシーで柔らかく、とても美味しいです。LINEクーポンを使ったとはいえ、600円以上する鶏から揚げが無料とは、本当に太っ腹ですね!かなり満腹になりました。

シンプルでオーソドックスな担々麺ですが、あっさり&辛さ控えめで美味しかったです。他のメニューも気になるので、ぜひまたうかがおうかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 粋麺亭 晴家 (いきめんてい はれるや)
住所 : 長野県小諸市御影新田2595-5
電話番号 : 0267-26-5120
定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~22:30
駐車場 : 20台
アクセス : 国道141号線沿い セブンイレブン小諸御影店隣り (地図
メニュー : らーめん 734円、王様中華そば 756円、タンタン麺 756円、富士味噌らーめん 810円 他
ホームページ : http://hituketouzoku.com/(公式サイト) https://www.facebook.com/1806201369628473(Facebookページ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

自家製手もみ中華そば 繁心@佐久

佐久の「自家製手もみ中華そば 繁心」におじゃましました。

Img_7196

繁心は、佐久・佐久平近くにお店を構えるラーメン店です。小諸や佐久、上田に居酒屋やラーメン店を展開する竹幸商店グループの系列店になります。竹幸商店の他のラーメン店は豚骨を看板メニューとしていますが、繁心ではこだわりのあっさり中華そばがメインとなっています。カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。

この日は限定の「鶏骨醤油らーめん」(790円)をいただきました。

「鶏骨醤油らーめん」(790円)
Img_7198

こちらの限定ですがお店のメニュー表記にはありませんが、お店のTwitterとFacebookの読者に先行して提供されている限定メニューで、お店のTwitterとFacebookの読者であればどなたでもオーダーか可能です。

鶏骨となっていますが、いわゆる鶏白湯になります。スープを一口いただくと、ドロドロ超濃度というわけではありませんが、鶏の旨みと甘みがしっかりと効いてきます。醤油だれの濃度もちょうど良いです。個人的にはかなり好きなタイプです。

トッピングはチャーシューにほうれん草、キャベツ、海苔などが乗っています。チャーシューは赤身が主体で、しっかりとした歯応えが印象的です。生キャベツがいい箸休めになります。

Img_7200

麺は四角い断面をした太めのストレート麺が使われています。同じ系列のお店で提供されている豚基本の太麺に似ています。茹で加減はちょうど良く、モチモチの弾力がたまりません。スープとの相性も良いです。

他にサイドメニューとして、LINEクーポンを使って「伝説のカレー(小)」(350円→0円)をいただきました。

「伝説のカレー(小)」(350円→0円)
Img_7197

伝説のカレーといったら、中軽井沢の人気店「あってりめん こうじ」の人気サイドメニューとして、おなじみですよね。つぶつぶの挽肉がアクセントになっていて、とても美味しいです。小サイズですが、サイドメニューとしては量も多くて満腹になります。

王道の豚骨醤油ラーメンの鶏白湯バージョンといったような一杯で、とても美味しかったです。レギュラー化は先になりそうですが、ぜひまたいただてみたいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 自家製手もみ中華そば 繁心 (じかせいてもみちゅうかそば しげしん)
住所 : 長野県佐久市塚原488-1
電話番号 : 0267-77-7440
定休日 : 木曜日
営業時間 : 11:30~15:00 17:00~21:00
駐車場 : 15台
アクセス : 県道44号線沿い 諏訪倉庫向かい エッソ隣り (地図
メニュー : 手もみ中華そば 760円、手もみ塩中華そば 780円、安養寺味噌麺 800円 他
ホームページ : http://hituketouzoku.com/(公式サイト) https://www.facebook.com/chukasoba.shigeshin.temomi(Facebookページ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

麺屋 蕪村 上田店@上田

上田の「麺屋 蕪村 上田店」におじゃましました。

Img_7188

Img_7189

蕪村 上田店は、上田・国分に新規オープンしたラーメン店です。長野市に3店舗を展開する人気の蕪村が、上田市にも進出してきました。場所は以前「梅の家」があった場所で、綺麗に改装されています。カウンター席にテーブル席、小上がり席が用意されています。丁寧な接客が印象的です。

蕪村 上田店のメニューはこのようになっています。他の蕪村と同一のメニュー展開です。鶏白湯魚介の「蕪村そば」を看板メニューとして、様々なラーメンをいただけます。信州麺友会準拠の2種類のラーメンもいただけます。

Img_7190

Img_7191

この日は「蕪村そば」(734円)をいただきました。

「蕪村そば」(734円)
Img_7192

メニュー豊富で何をオーダーしようか悩みましたが、久々の蕪村ということで看板メニューのこちらをいただきました。スープのベースは鶏白湯でそこに鰹を中心とした魚介が合わされています。真っ茶色なスープを一口いただくと、意外にも鶏白湯はあっさり目に感じます。クセが無くてとても飲みやすい鶏白湯になっています。そこに鰹がバランス良く効いてきて、とても美味しいです。スープがものすごく熱々なのも特徴です。

トッピングはチャーシューにメンマ、白髪ねぎ、海苔などです。チャーシューはバラロールチャーシューで、柔らかくて美味しいです。白髪ねぎのシャキシャキ感がいいですね。

Img_7193

麺はやや低加水の中細ストレート麺が使われています。茹で加減はちょうど良く、パツパツの弾力が心地良いです。ツルツルと入っていく喉越しも最高です。麺量は標準的に感じました。

あの人気の蕪村が、東信の上田にオープンして本当にうれしい限りです。メニューもいろいろあるので、近いうちに再訪してみようかと思います!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 麺屋 蕪村上田店 (めんや ぶそん うえだてん)
住所 : 長野県上田市国分1-3-75
電話番号 : 不明
定休日 : 水曜日
営業時間 : 11:00~14:30 17:30~21:00
駐車場 : 15台
アクセス : 国道18号線 国分西交差点より西へ200m 上堀交差点近く (地図
メニュー : 蕪村そば 734円、つけそば 842円、あごそば 734円、にぼしそば 734円、塩そば 810円、あさりそば 918円 他



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.19

中華料理 檸檬@上田

上田の「中華料理 檸檬」におじゃましました。

Img_7182

檸檬は、上田・海野町商店街にお店を構える中華料理店です。地元でも人気のある中華料理屋さんで、以前に俳優の大泉洋さんが映画のロケ中に檸檬を訪れ、テレビでも大絶賛だったお店です。その放映を見てずっと来たかったのですが、ようやく訪店する事ができました。お店はこぢんまりしていて、カウンター席にテーブル席が用意されています。

檸檬のメニューはこのようになっています。麺類を中心に一品料理も用意されています。

Img_7178

この日は「什景焼麺(シーチンチャオメン)」(780円)をいただきました。

「什景焼麺(シーチンチャオメン)」(780円)
Img_7179

こちらが大泉洋さんがテレビで絶賛してた、いわゆる「五目あんかけ焼きそば」です。上田市民のソウルフードにもなっていますよね。焼かれた麺の上に野菜などのたっぷりのあんかけがかけられています。このあんが、すごく美味しいです。具材は野菜の他に肉や海老なども乗せられており、物足りなさはありません。からしを酢で溶いてかけていただくと、また一味違った焼きそばになります。

Img_7181

麺は細めの麺で、しっかりと炒められています。カリカリの食感が美味しいです。麺量は普通ですが、男性だとちょっと物足りないかもしれないので、大盛でオーダーすると良いでしょう。

念願の檸檬の五目あんかけ焼きそばをいただきましたが、具材がたっぷりで美味しかったです。他のメニューも気になるので、機会があればぜひまたうかがってみたいです!ヘ(^o^)/


【お店データ】
店名 : 中華料理 檸檬 (ちゅうかりょうり れもん)
住所 : 長野県上田市中央2-12-11
電話番号 : 0268-27-0303
定休日 : 火曜日
営業時間 : 11:30~14:30(LO) 17:30~20:30(LO)
駐車場 : 無し(1500円以上の利用で、海野町P駐車券サービスあり)
アクセス : 海野町商店街 (地図
メニュー : 四川湯麺 700円、蝦仁湯麺 760円、肉絲湯麺 760円、什景焼麺 780円、炒飯 700円 他



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«手打らーめん かじかや@上田